ウィリアム・ワート (司法長官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ワート
WilliamWirt.png
生年月日 1772年11月8日
出生地 メリーランド植民地ブレイデンスバーグ
没年月日 1834年2月18日(61歳)
死没地 ワシントンD.C.
現職 弁護士, 政治家
所属政党 民主共和党, 反メイソン党
配偶者 ミルドレッド・ギルマー(1799年没)
エリザベス・ワシントン
サイン Appletons' Wirt William signature.jpg

第9代
任期 1817年11月13日 - 1829年3月4日
元首 ジェームズ・モンロー
ジョン・クィンシー・アダムズ
テンプレートを表示

ウィリアム・ワート: William Wirt, 1772年11月8日 - 1834年2月18日)は、アメリカ合衆国政治家

ジェームズ・モンロージョン・クィンシー・アダムズ大統領の下で、1817年から1829年まで約11年半にわたってアメリカ合衆国司法長官を務めた。

生涯[編集]

1772年11月8日、ワートはメリーランド植民地ブレイデンスバーグにおいて誕生した。ワートは家庭教師の下で教育を受け、法律を学んだ。ワートは1792年にバージニア州で弁護士として認可を受け、同州カルペパー郡裁判所で弁護士業を開業した。ワートは弁護士として数年を過ごした後、バージニア州下院事務官となり、続いてバージニア東地区の地方検察官となった。1807年、ワートはトーマス・ジェファーソン大統領からアーロン・バーの反逆裁判の担当検察官を要請された。1816年、ワートはジェームズ・マディスン大統領からバージニア地区の連邦地方検察官に任ぜられた。

1817年11月、ワートはジェームズ・モンロー大統領から第9代アメリカ合衆国司法長官に指名された。ワートは続くジョン・クィンシー・アダムズ政権下でも司法長官を継続し、アダムズ大統領の任期満了となる1829年3月まで約11年半にわたって司法長官を務めた。司法長官退任後、ワートはボルチモアに居住した。

1830年6月、連邦政府がインディアン強制移住法を制定すると、ジョン・ロスを首長とするアメリカ先住民族チェロキーはジョージア州を相手に訴えを起こした(チェロキー対ジョージア州事件)。チェロキーの代表団は連邦上院議員ダニエル・ウェブスターおよびセオドア・フリーリングハイゼンの勧めを受けて、ワートに弁護を依頼した。ワートはこの要請を受け入れ、「チェロキー国はわれわれの憲法や法律が及ばないという意味で異国であり……」と述べ、ジョージア州の権限はチェロキー国内に及ばないと主張した。ワートは最高裁判所に対して、ジョージア州の法律が合衆国憲法、合衆国とチェロキーとの条約、合衆国の外交諸法律に違反するという理由で、ジョージア州のいかなる法律もチェロキー国内において無効であるとする判決を求めた。その結果、最高裁判所はチェロキーの主張する土地所有権を認め、ジョージア州法はチェロキー国内には及ばないとの判断を示した。

チェロキーの裁判後、ワートはワシントンD.C.を離れメリーランド州ボルチモアに戻った。1832年、ワートは反メイソン党からアメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、敗北した。そして1834年2月18日、ワートはワシントンD.C.において死去した。ワートの遺体は議会墓地に埋葬された。

参考文献[編集]

  • Raphael, Ray. Founding Myths: Stories that Hide our Patriotic Past. New Press, 2004.


外部リンク[編集]

司法職
先代:
リチャード・ラッシュ
アメリカ合衆国司法長官
Served under: ジェームズ・モンロー, ジョン・クィンシー・アダムズ

1817年11月13日 - 1829年3月4日
次代:
ジョン・バーリン
党職
先代:
空席
反メイソン党大統領候補
1832年(落選)
次代:
空席