1864年アメリカ合衆国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大統領当選者
エイブラハム・リンカーン
選挙結果の図。図中の数字は各州に割り当てられた選挙人の数。青色はリンカーンが獲得した州、赤色はマクレランが獲得した州を示す。

1864年アメリカ合衆国大統領選挙(1864ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election of 1864)は、エイブラハム・リンカーンが地滑り的勝利を収めた選挙であった。リンカーンは共和党員であったが、タカ派民主党と選挙協力を組んだ。この協力は国民統一党英語版という形を取った。

リンカーンの対立候補は、民主党ジョージ・マクレラン急進派共和党ジョン・C・フレモントであった。マクレランは「平和の候補者」であったが、個人的には党の綱領を信じていなかった。フレモントは郵政長官モンゴメリー・ブレアをその役職から追い出す政治的な仲立ちをした後、1864年9月に選挙運動を止めてしまった。

1864年の大統領選挙は南北戦争がまだ終わっていない時に行われ、アメリカ連合国に加入した州はどこも参加しなかった。

国中の共和党員は1864年の夏時点で苛立っていた。この頃、南軍はマンスフィールドの戦いクレーターの戦いで勝利を収めていた。さらにこの戦争は多くの代償を払い続けていた。長く果てしのない戦争に対して、民主党の主張する「和平交渉」がより望ましいものと見られるようになっていた。しかし、当時の民主党は党員集会で内部の厳しい軋轢を経験していた。最終的にウィリアム・シャーマンが情け容赦なくアトランタに進軍し、ユリシーズ・グラントは南軍のリー将軍をその首都リッチモンドの外郭に押し込めていた。北軍が勝つことは間違いなく終戦が近付いていることが明らかになってきた。

リンカーンと副大統領候補のアンドリュー・ジョンソンの組は「流れの途中で馬を変えるな」をスローガンにして進んだ。共和党は名前を「統一」に変えて、タカ派民主党に訴えた。新しい名前は選挙後に消えた。しかし、ジョンソンが共和党員となることは無かった。

共和党すなわち統一党は、民主党をできるだけ悪く表現することに全力を注いだ。マクレランの平和主義的綱領を冷やかし、民主党を不実なマムシと非難した。11月8日、リンカーンは一般投票で40万票以上の差を付け、選挙人の獲得数でも多数となった。幾つかの州では兵士として従軍している市民が戦場で投票すること認めたが、これはアメリカの歴史でも初めてのことだった。北軍の兵士の70%以上がリンカーンを選んだ。

候補者の指名[編集]

国民統一党[編集]

エイブラハム・リンカーンが共和党の候補者に指名された。共和党は1864年の選挙に限り国民統一党と名前を変えたので、一時的ではあるが存在しなくなっていた。しかし、リンカーンの指名は全会一致ではなく、リンカーンに不満な反対者22名は候補者でもなかったユリシーズ・グラントに投票した。統一の旗の下でタカ派民主党と協力していく機会と見た党員集会は、テネシー州知事のアンドリュー・ジョンソンを副大統領候補に指名した。副大統領候補は他にも現職のハンニバル・ハムリン、元ニューヨーク州選出上院議員ダニエル・ディキンソン、ブキャナンの内閣の閣僚ジョセフ・ホルトおよびベンジャミン・バトラー将軍がいた。ハムリン以外はタカ派民主党員であった。

国民統一党のポスター。1864年

民主党[編集]

民主党の候補者

民主党はタカ派と反戦マムシ派に大きく別れていた。妥協の産物として戦争遂行派のジョージ・マクレランが反戦綱領と共に指名された。マクレランが投票で他の3候補を破り、副大統領候補にはジョージ・ペンドルトンが平和綱領で指名された。しかし、マクレランは個人的にはこの綱領を拒否していた[1]

一般選挙[編集]

この選挙は戦争中に行われたが、1812年米英戦争の時以来のことだった。北軍がジョージア州バージニア州で勝利し、続いてフレモントが急進派共和党の候補から辞退したことで、マクレランの勝利の可能性は消えていった。

国政選挙の行方は大統領選挙の前数ヶ月の州別の選挙で現れていた。オレゴン州(6月5日)、バーモント州(9月6日)、メイン州(9月11日)、オハイオ州ペンシルベニア州(10月10日)およびウエストバージニア州(10月26日)の6州では国民統一党が圧倒的な勝利を収めた。これら6州から国民統一党はアメリカ合衆国下院に44名を送り、対抗する民主党は10名に過ぎなかった。純増は18議席だった。リンカーン再選のお膳立ては出来ていた。

結果[編集]

この選挙では24州のみが参加し、アメリカ連合国に加盟していた11州は加わらなかった。ネバダ州、ウエストバージニア州およびカンザス州が州に昇格して初めて参加した。戦後の処理を行っていたテネシー州とルイジアナ州は選挙人を選出したが、アメリカ合衆国議会はその投票を算入しなかった。

大統領候補 副大統領候補 政党 選挙人投票 (EV) 一般投票 (PV)
エイブラハム・リンカーン
イリノイ州 (当選)
アンドリュー・ジョンソン
テネシー州
国民統一党英語版 212 2,218,388 55.0%
ジョージ・マクレラン
ニュージャージー州
ジョージ・ペンドルトン
オハイオ州
民主党 21 1,812,807 45.0%
その他     0 692 0.0%
合計     233 4,031,887 100.0

(注a) アメリカ連合国に加盟した州は参加していない
(注b) ネバダ州の選挙人のうち1人は投票しなかった
(注c) アンドリュー・ジョンソンは民主党員であった。また1869年以後民主党に復した。

脚注[編集]

  1. ^ George B. McClellan”. Ohio History Central. 2007年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Harold M. Dudley. "The Election of 1864," Mississippi Valley Historical Review, Vol. 18, No. 4 (Mar., 1932) , pp. 500-518 full text in JSTOR
  • David E. Long. Jewel of Liberty: Abraham Lincoln's Re-election and the End of Slavery (1994)
  • Merrill, Louis Taylor. "General Benjamin F. Butler in the Presidential Campaign of 1864." Mississippi Valley Historical Review 33 (March 1947): 537-70 full text in JSTOR
  • Nelson, Larry E. Bullets, Ballots, and Rhetoric: Confederate Policy for the United States Presidential Contest of 1864 University of Alabama Press, 1980.
  • Nevins, Allan. Ordeal of the Union: The War for the Union vol 8 (1971)
  • Randall, James G. and Richard N. Current. Lincoln the President: Last Full Measure. Vol. 4 of Lincoln the President. 1955.
  • Vorenberg, Michael. "'The Deformed Child': Slavery and the Election of 1864" Civil War History 2001 47(3): 240-257. ISSN 0009-8078 full text in JSTOR
  • Jack Waugh Reelecting Lincoln: The Battle for the 1864 Presidency (1998), a popular study
  • White, Jonathan W. "Canvassing the Troops: the Federal Government and the Soldiers' Right to Vote" Civil War History 2004 50(3): 291-317. ISSN 0009-8078
  • 一般選挙に関する出典:David Leip、[1][2](2005年7月27日)
  • 選挙人選挙に関する出典:Electoral College Box Scores 1789?1996Official website of the National Archives(2005年7月31日)

外部リンク[編集]