スピロ・アグニュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピロ・アグニュー
Spiro Agnew
Spiro Agnew.jpg
生年月日 1918年11月9日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア
没年月日 1996年9月17日(77歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州バーリン
出身校 ジョンズ・ホプキンズ大学
ボルチモア大学ロー・スクール
所属政党 共和党
称号 青銅星章
配偶者 ジュディ・アグニュー
サイン Spiro T Agnew Signature.svg

任期 1969年1月20日 - 1973年10月10日
元首 リチャード・ニクソン

任期 1967年1月25日 - 1969年1月7日

任期 1962年 - 1966年
テンプレートを表示

スピロ・セオドア・アグニュー英語: Spiro Theodore Agnew, Spiro Anagnostopoulos, 1918年11月9日 - 1996年9月17日)は、アメリカ合衆国政治家ボルチモア郡長メリーランド州知事、第39代副大統領を歴任。

生い立ちおよび初期の経歴[編集]

メリーランド州ボルチモアで生まれる。父親のセオドア・スピロス・アグニューはギリシャ移民で[1][2]、母親のマーガレット(カーター)エカーズはバージニア州出身であった。母親のエカーズは未亡人であり、2人の連れ子を伴ってアグニューの父親と再婚した[3]

アグニューはボルチモアのフォレストパーク・シニア高校に通い、1937年ジョンズ・ホプキンズ大学に入学した。大学では化学を3年間学び、その後アメリカ陸軍に入隊、第二次世界大戦ではヨーロッパ戦線に従軍した。彼はフランスおよびドイツでの功績で青銅星章を受章している。

ヨーロッパに向けて出発する前に、アグニューは保険会社に勤務していたエリノア・ジュドファインド1942年5月27日に結婚した。2人はパメラ、ジェームズ・ランド、スーザン、キンバリーの4人の子供をもうけた。

復員したアグニューはボルチモア大学ロー・スクールで法律を学んだ。夜間に勉学に勤しみ、昼は食料品店の店員や、保険勧誘員として働いた。1947年に学位を受け、弁護士を開業するため郊外に移り住む。1949年6月、メリーランド州司法試験に合格、法廷弁護士の資格を得る。その後ボルチモア郡郡長を経て、1967年からメリーランド州知事を1期務める。

副大統領[編集]

1969年よりリチャード・ニクソン政権下で副大統領を務めた。高い実務能力が評価され2期目も副大統領を務めたが、再選直後からのウォーターゲート事件の捜査と並んで、州知事時代の収賄容疑でジョージ・ビール連邦地方検事(ボルチモア)から立件されてしまう。最初のうちは私に対して彼是非難があるが、事実無根だ。仮に起訴されたとしても、私は辞めない!("I am innocent of the charges against me. I will not resign if indicted!")と強気に出ていたが、ウォーターゲート事件の捜査をめぐって土曜日の夜の虐殺が起きるなど汚職容疑への風当たりが強まるのに逆らい様がなく、1973年10月10日に副大統領職を辞任。その後法曹資格を失った。

なお後任の副大統領はニクソンによって、共和党下院院内総務だったジェラルド・フォードが指名され、11月27日に上院で承認12月6日に下院で承認されて正式に就任した。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Senate - Art & History - Spiro T Agnew, 39th Vice President
  2. ^ Spiro T. Agnew - Encyclopedia Britannica (accessed 2007-10-13)
  3. ^ "Agnew, Spiro" New World Encyclopedia Aug. 22, 2007

外部リンク[編集]

公職
先代:
ヒューバート・ハンフリー
アメリカ合衆国副大統領
1969年1月20日 - 1973年10月10日
空位
次代の在位者
ジェラルド・フォード
先代:
J・ミラード・トウズ
メリーランド州知事
1967年1月27日 - 1969年1月9日
次代:
マーヴィン・マンデル
先代:
クリスチャン・H・カール
ボルチモア郡郡長
1962 - 1966
次代:
デイル・アンダーソン
党職
先代:
ウィリアム・E・ミラー
共和党副大統領候補
1968, 1972
次代:
ボブ・ドール
先代:
フランク・スモール・ジュニア
メリーランド州知事
共和党候補

1966
次代:
スタンリー・ブレア