アメリカ合衆国大統領のペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この項目は、任期中に飼っていたアメリカ合衆国大統領及びその家族のペットの一覧である[1]

ホワイトハウスの犬の歴史[編集]

1944年、フランクリン・ルーズベルトは4期目の選挙に出馬していたのだが、アリューシャン列島を訪れたときにペットのファラスコティッシュ・テリア)をうっかり置いてきてしまったという噂が流れていた。ルーズベルトは自分の犬を救うため船を送り返して捜索したと伝えられているが、そのために多くの税金を費やしたとからかわれ、非難された。ルーズベルトはスピーチで、「あなた方が私や妻、私の家族を批判するのはかまわない。しかし、私の小さな犬を批判してどうなるのか。そういうかかった費用がどうこうという意見に、スコッチ・テリアの小さな魂はまさに激怒している」と語った[2]。報じられた内容によれば、「ファラ・スピーチ」と呼ばれたこのスピーチは、彼の選挙に大きな影響を与えた。

夫がローラ・ブッシュに贈った、スコッチ・テリアのミス・ビーブリー。

リチャード・ニクソンは、1952年の副大統領立候補中(大統領はドワイト・D・アイゼンハワー)に、裏金を隠したとして非難された。それをうけて彼は、テレビで飼い犬の名に因んだ「チェッカーズ・スピーチ」を行った。ニクソンは不正資金を否定したが「贈り物として本当に受けとり、返すつもりのないものが一つある」と語った[2]。それが彼の娘に贈られた白黒のコッカー・スパニエルだった。一時は候補者から外れることも危ぶまれていたが、このスピーチによってニクソンの支持者は増え、マミー・アイゼンハワーも「とっても暖かい人」だからと候補としてとどめることを薦めたといわれている[3][4]

ペットは別の大統領選挙でも重要な役割を果たしている。ハーバート・フーヴァーは、彼のキャンペーン中に、ジャーマン・シェパード・ドッグのキング・タットを飼い、キャンペーン中に彼と新しい犬の写真が米国中で出回った。

一方では、多数の人が、リンドン・ジョンソンのイメージは、ペットのために損なわれたと信じている。彼は、2匹のHimHerというビーグル犬の耳を引っ張っている写真を撮影された。これは国民の怒りを買い、動物愛好家は反対を唱えた。しかし一方では、このことが騒動になること自体が理解できない人々もおり、元大統領・ハリー・S・トルーマンなどは、「一体全体批評家はなぜ苦情を言うのか。猟犬はこのように扱うものだ」と語った[2]。このスキャンダルは、大統領職に影響がなかったかもしれないが、大統領のイメージが変化した。

大統領のペット一覧[編集]

大統領 ペット
ジョージ・ワシントン
ジョン・アダムズ
  • ジュノ、マーク、サタン – [5]
  • クレオパトラ –
トーマス・ジェファーソン
ジェームズ・マディソン
ジェームズ・モンロー
ジョン・クインシー・アダムズ
アンドリュー・ジャクソン
  • ポル – オウム (誓うことを教えられた)
  • 闘鶏
  • ボリビア、エミリー、レディー・ナッシュビル、サム・パチェス、トラクストン –
マーティン・ヴァン・ビューレン
  • 少しの間、2頭のトラの子を飼った
ウィリアム・ヘンリー・ハリソン
ジョン・テイラー
ジェームズ・K・ポーク
ザカリー・テイラー
  • オールド・ワイティー –
ミラード・フィルモア
  • メイソン、ディクソン – ポニー
フランクリン・ピアース
  • 東洋の小型犬7匹
  • 日本からの2羽の鳥
ジェームズ・ブキャナン
エイブラハム・リンカーン
  • ナンシー、ナンコ – ヤギ
  • ジャック – 七面鳥
  • ファイド – [5]
  • ジップ – [5]
  • ウサギ
アンドリュー・ジョンソン
  • 寝室で白ネズミを見つけている
ユリシーズ・S・グラント
ラザフォード・B・ヘイズ
ジェームズ・ガーフィールド
  • キット –
  • ヴェト –
チェスター・A・アーサー
  • 3頭の馬
グロバー・クリーブランド
ベンジャミン・ハリソン
ウィリアム・マッキンリー
セオドア・ルーズベルト
ウィリアム・タフト
ウッドロウ・ウィルソン
ウォレン・ハーディング
カルビン・クーリッジ
ハーバート・フーヴァー
ハーバート・フーヴァーとキング・タット
フランクリン・ルーズベルト
ハリー・S・トルーマン
ドワイト・D・アイゼンハワー
ジョン・F・ケネディ
ケネディ家と犬たち
リンドン・B・ジョンソン
リチャード・ニクソン
ホワイトハウスの窓から外を眺めるヴィッキー、パシャ、キング・ティマホー
ジェラルド・フォード
ジェラルド・フォードの娘であるスーザン・フォードと、その家族の猫であるシャムネコのシャン。(1974年撮影)
ジミー・カーター
ロナルド・レーガン
ジョージ・H・W・ブッシュ
ビル・クリントン
ジョージ・W・ブッシュ
バラク・オバマ

関連項目[編集]

注釈[編集]

  • 大統領のペットを、『ファースト・レディー』にあやかって『ファースト・ドッグ』『ファースト・キャット』などと呼ぶ場合がある。

出典[編集]

  1. ^ Presidential Pet Museum”. Presidential Pet Museum. 2011年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c Presidential pets of the past”. K-state.edu (1952年9月23日). 2011年6月16日閲覧。
  3. ^ DVM: The Newsmagazine of Veterinary Medicine; Oct2008, Vol. 39 Issue 10, p22-22, 2/3p
  4. ^ Ethan Trex. “mental_floss Blog » The Bizarre History of White House Pets”. Mentalfloss.com. 2011年6月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai Choron, 20.
  6. ^ Wolf, Alissa. “First Pets: A History of Critters in the White House”. About.com. 2012年10月2日閲覧。
  7. ^ The Handy Science Answer Book. Visible Ink Press. (2011). http://books.google.com/books?id=z2jlRq_0gOMC&lpg=PA516&ots=fyXDEP2suS&dq=quincy%20adams%20alligator&pg=PA516#v=onepage&q&f=false. 
  8. ^ U.S. Presidents: Truth and Rumors By Sean Price, Sean Stewart Price. Coughlan Publishing, 2010, Page 14: Accessed Via Google Books Search April 27, 2011. Quote under Presidential Pets:"Benjamin Harrison let a pair of pet opossums run around."
  9. ^ a b Stephen Bauer, At Ease in the White House: Social Life as Seen by a Presidential Military Aide, Taylor Trade Publications, 2004. ISBN 1-58979-079-0. pp 224.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab Sandra Choron, Planet Dog: A Doglopedia, Houghton Mifflin Harcourt, 2005, ISBN 0-618-51752-9. pp 21.
  11. ^ Amy Ruth, Herbert Hoover, Twenty-First Century Books, 2004, ISBN 0-8225-0821-4. pp 64.
  12. ^ Wayne Bryant Eldridge, Tom Kerr The Best Pet Name Book Ever!, Barron's Educational Series, 2003, ISBN 0-7641-2499-4. pp 29.
  13. ^ President Truman's Dog, Feller”. Highland-ohio.com (1948年1月12日). 2011年6月16日閲覧。
  14. ^ Sally Bedell Smith, Grace And Power, Random House, Inc., 2006, ISBN 0-345-48497-5, pp 219.
  15. ^ a b c d e Pets – John F. Kennedy Presidential Library and Museum”. Jfklibrary.org (1961年12月3日). 2011年6月16日閲覧。
  16. ^ Smith, 125.
  17. ^ J. Randy Taraborrelli, Jackie, Ethel, Joan: The Women of Camelot, Warner Books, 2000, ISBN 0-446-60912-9. pp 14.
  18. ^ Smith, 293, 489.
  19. ^ a b c d Lyndon B. Johnson Library and Museum President Johnson's Dogs
  20. ^ a b c d Bryant, Traphes, with Frances Spatz Leighton, Dog Days at the White House: The Outrageous Memoirs of the Presidential Kennel Keeper, New York: Macmillan Publishing, 1975. ISBN 0-671-80533-9
  21. ^ Lyndon B. Johnson's Pet Info”. Exoticdogs.com. 2011年6月16日閲覧。
  22. ^ a b c GMU Library[リンク切れ]
  23. ^ Bauer, 8.
  24. ^ Ford Presidential Library and Museum, Ford Family White House and Pets
  25. ^ Grits in the White House, Chicago Tribune
  26. ^ Presidential Pooch - Grits, the Impeached First Dog | Bully Sticks”. Bullysticksinfo.com (2008年11月21日). 2011年6月16日閲覧。
  27. ^ x name. “Famous Pets”. Famouspets.freebase.com. 2011年6月16日閲覧。
  28. ^ Ronald Reagan Presidential Library”. Reagan.utexas.edu. 2011年6月16日閲覧。
  29. ^ a b c d e Stanley Coren, Why Does My Dog Act That Way?, Simon and Schuster, 2007, ISBN 0-7432-7707-4. pp 6.
  30. ^ a b c d e f Stanley Coren, Why We Love the Dogs We Do: How to Find the Dog That Matches Your Personality, Simon and Schuster, 2000, ISBN 0-684-85502-X. pp. 5.
  31. ^ Coren, Why Does my Dog..., 7.
  32. ^ George H. W. Bush, All the Best, George Bush Simon and Schuster, 2000, pp 595, correspondence from September 10, 1996, ISBN 0-7432-0048-9, ISBN 978-0-7432-0048-6

外部リンク[編集]