ローラ・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローラ・ブッシュ

ローラ・レーン・ウェルチ・ブッシュLaura Lane Welch Bush, 1946年11月4日 - )は、第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュの妻である。

生い立ち[編集]

ローラ・レーン・ウェルチ(Laura Lane Welch)はテキサス州ミッドランドハロルド・ブルース・ウェルチ(Harold Bruce Welch,1912年 - 1995年)とジェンナ・ルイーズ・ホーキンズ1919年 - )の一人娘として生まれる。彼女の家庭は、当時のテキサスの大部分の家庭がそうであったように、保守的な民主党員であった。彼女は、未来の夫であるジョージ・W・ブッシュと同じ中学に通い(当時はジョージのことは知らなかった)、トミー・フランクス(Tommy Franks)と同じ高校(Robert E. Lee High School)に通った。

自動車事故[編集]

ローラは17歳になった2日後の1963年11月6日に、級友のジュディ・ダイクと自らのシボレー・セダンを運転していた。午後8時を過ぎた頃、国道349号線とテキサス州農道868号線(現在は4車線の国道)の交差点に通りかかった。彼女は一時停止標識を無視し級友のシボレー・コーヴェアー・セダンに追突する。ローラとダイクは軽傷で済んだが、追突された元ボーイフレンドのマイケル・ダットン・ダグラス(Michael Dutton Douglas)は衝撃で車外に放り出され、ミッドランド・メモリアル病院に搬送されたが、頸椎の骨折により死亡した。未成年であったローラは刑事罰を受けなかった。2000年5月に2ページからなる警察の事故報告書が公開されたが、彼女は今日まで事故について語っていない。

教員生活[編集]

ブッシュ一家 ケネバンクポート、1990年

彼女はダラス南メソジスト大学に入学する。大学ではカッパ・アルファ・シータのメンバーであった。1968年に理学士の学位を得て大学を卒業し、1969年までダラス独立学区のロングフェロー小学校で学校教師を務める。続いてヒューストンのヒューストン独立学区にあるジョン・F・ケネディ小学校で1972年まで教鞭を執った。

その後彼女は、テキサス大学オースティン校から1973年に図書館学修士号を得る。彼女はヒューストン公立図書館で1974年まで勤務した後、オースティンに戻り、オースティン独立学区にあるドーソン小学校の図書館員として1977年まで勤務した。

結婚と家族[編集]

ローラ・ウェルチは1977年、友人宅のバーベキュー・パーティでジョージ・W・ブッシュに出会う。三ヶ月の交際の後、11月5日にミッドランドの第一統一メソジスト教会でブッシュと結婚する。同教会は彼女が洗礼を施された教会であった。[1]

1981年に彼女は双子の娘、ジェンナバーバラを出産する。彼女らの名はそれぞれの母親から受け継いだものである。彼女らは2000年に高校を、2004年に別々の大学を卒業した。

その他・備考[編集]

アメリカのトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』に出演するローラ夫人

アメリカの人気テレビドラマ『デスパレートな妻たち』のファンであることを公言している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ヒラリー・クリントン
アメリカのファーストレディ
2001年 - 2009年
次代:
ミシェル・オバマ