強制収容所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、: concentration camp: Konzentrationslager: концентрационный лагерь)とは、戦争時における国内の敵性外国人や、反政府主義者など、その時の政府が敵対視する者などを治安の維持のため強制的に財産などを没収の上に収容するための施設のことである。

歴史[編集]

アフリカーナー強制収容所に収容された少女。写真撮影後に死亡。(1900年前後、南アフリカ)
第二次ボーア戦争(1899年-1902年)中のイギリス政府によるアフリカーナー強制収容所(現在の南アフリカ)。
沖縄における収容所

1899年から1902年までにかけての第二次ボーア戦争時に、イギリスアフリカーナー女性子供を強制収容し、近代世界初の強制収容所が完成した[1]。第二次ボーア戦争に於けるアフリカーナーの死者34,000人の内、女性と子供の多くは強制収容所の中で死亡しており[1]イギリス軍による強制収容や焦土作戦には国際的非難がなされ、大英帝国の威信は揺らいだ。

世界史の中で、最も組織的に強制収容所を建設・運営した国はソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)である。ソ連国内にはラーゲリと呼ばれる強制収容所が、ロシア革命直後からソ連崩壊直前まで多数存在した(1986年ゴルバチョフの指令によって廃止)。レーニンが反政府派の収容のために発明し、それをスターリンが大いに利用した。ラーゲリには、反革命派と見做された政治犯第二次世界大戦時の戦争捕虜、あるいは敵対的とされた民族(フィンランド人ポーランド人ドイツ人朝鮮人バルト三国人、ウクライナ人モルダビア人ユダヤ人テュルク系民族など)、敵階級クラーク資本家貴族など)に属する人々を収容し強制労働に従事させた。

ソ連における収容所は1920年代から第二次世界大戦をはさんで1940年代まで拡大し続け、1950年代はじめに最大規模に達し、ソヴィエト経済で中心的役割を演じるようになっていた。収容所は全国で少なくとも500箇所近くに存在していた。収容所に収容された人の数は数百万人から数千万人説まであり、全労働力人口の一割以上を占めたともいわれる。収容所の組織的運用によりソ連は近代において、事実上の奴隷制を公的に有する唯一の国家になった(ラーゲリの記事も参照のこと)。スターリン時代の1926年には刑法58条、通称「反革命罪」が制定され、これ以降多くの共産党員、民間人、外国人がこの罪状により強制収容所へ連行された。過酷な労働により多くの囚人が刑期を終えることなく死亡したとされている。スターリン死後、後継者のベリヤは自由化キャンペーンにより収容所の規模を縮小し、囚人を解放するなどしたため、条件は幾分緩和されたものとなった。

第二次大戦中の強制収容所といえば、一般にはナチス・ドイツによる強制収容所(Konzentrationslager、略称: KZ)が有名である。この時の主な被収容者はユダヤ人や障害者、同性愛者、政治犯であり、最終的にはホロコーストジェノサイド)を目的としていたとされる。政治犯対象の強制収容所のみ例外で、ここはガス室ではなく、泥炭地での過酷な強制労働が中心だった。ドイツ国内、それもオランダ国境に近い東フリースランド地方に設置された。他の収容所はほとんどがドイツ国外にあった。多くはドイツの敗戦により解放されたがドイツ国内のブーヘンヴァルト強制収容所のみ囚人らの武装蜂起によって解放されている。

しかし、その他の国々でもこうしたものは存在し、第二次世界大戦中のアメリカ合衆国、アメリカ合衆国の影響下にあった国々やカナダオーストラリアなどのイギリス連邦の国々でも日系人の強制収容が行われ多数の日本人・日系人が、強制収容所に入れられ、戦後アメリカ政府など、収容を行った政府が謝罪し補償の対象になっている他、日本でもスタルヒンが敵性外国人として収容された例、沖縄戦終結直後に県民達がアメリカ軍によって収容された例がある。

先住民族少数民族が強制収容所に送られる例もある。オーストラリアでは、白人との混血も含むアボリジニの児童が親元から引き離され、牢獄のような劣悪な強制収容所に送り込まれた[2]アメリカ合衆国では、インディアンたちが当局によって強制収容所に送り込まれた[3]。強制移住も行われ、インディアンが送られた先はインディアン保護区と呼ばれたが、インディアンにとっては強制収容所そのものだった[4]チベット亡命政権によると、中華人民共和国ではチベット人が刑務所や強制収容所に収監され、重労働が課されており、収容者の7割が死亡しているとされる[5]

また、軍事国家の傾向が強い国家において言論を弾圧した結果として政治犯が収容される刑務所対テロ戦争において「逮捕した容疑者」を収監する施設が収容所と呼ばれることもある。現在あるものとしては北朝鮮の強制収容所アメリカ南方軍グァンタナモ基地キューバ)内刑務所、アフガニスタン駐留軍のバグラム空軍基地内刑務所がアムネスティ・インターナショナルによって「収容所」と判定された。2005年11月には、CIA対テロ戦争で拘束した「容疑者」を、東ヨーロッパのいくつかの国にある旧ソ連時代の政治犯収容所、また2006年には「テロリスト若しくはその関係者と接触した可能性のある人物」をシリアの秘密収容施設に法的根拠なく収監・拘束していたことが発覚する。アメリカ合衆国上院軍事委員会の報告書によると朝鮮戦争時代に中国共産党軍の収容所で受けた拷問を参考にさせていたという。

強制収容には、彼らにスパイ活動や破壊活動をさせないということと、不必要に彼らが迫害暴力の犠牲にならないようにという二重の意味があるといわれる[誰によって?]が、これまであった強制収容所のありようから考えればそれが後者の意義から設けられたことはほとんどないに等しい。

ソ連における強制収容所[編集]

ナチス・ドイツにおける強制収容所[編集]

ブーヘンヴァルト強制収容所(1945年、ドイツ)

中華人民共和国における強制収容所[編集]

北朝鮮における強制収容所[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]