トゥデイ (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥデイ
Today
ジャンル 報道
トーク
製作者 Sylvester L. Weaver, Jr.
主題曲作者 ジョン・ウィリアムズ
アメリカ合衆国
言語 英語
製作
製作総指揮 ジム・ベル
製作場所 NBCスタジオ
ニューヨーク
放送時間 240分(4時間)
放送
放送局 NBC
映像 480i (16:9 SDTV),
1080i (HDTV)
音声 ドルビーデジタル 5.1
放送期間 1952年1月14日 – 放送中
年表
関連番組 Early Today
外部リンク
ウェブサイト

トゥデイ』(Today)は、1952年1月14日からアメリカNBCで放送されている朝の情報・ニュース番組である。NBCニュース制作。『The Today Show』という俗称でも知られる。

概要[編集]

アメリカで最初の朝の情報ニュース番組として始まった。同じくNBCの『ミート・ザ・プレス』、『CBSイブニングニュース』、『Music and the Spoken Word 』、『ホールマーク・ホール・オブ・フェイム』に続き、アメリカで5番目の長寿番組。歴代アンカーには初代のデーブ・ギャロウェーをはじめ、ジョン・チャンセラーヒュー・ダウンズバーバラ・ウォルターズトム・ブロコウジェーン・ポーリーブライアント・ガンベルケイティ・クーリックなどが名を連ねている。また、海外の朝のニュース番組の手本となっており、日本では『NTVニュース(朝)』や『モーニングショー』が始まった。

番組はニューヨークロックフェラーセンターからの生放送。1994年からはスタジオに隣接した広場から「コンサート・シリーズ」を開くなど、公開番組の要素も大きい。また、世界の極地から同時生中継を行う「Ends of the Earth」シリーズやNBCが放映権を持つオリンピックの開催都市に特設スタジオを置いて連日生放送を行うなど、国内外からの中継を積極的に行っている。過去にはヨーロッパ大陸(パリ)から初めて生放送を行なったことで、アメリカのテレビ史にも足跡を残している。

元々は平日の2時間番組であったが、1987年、日曜にも放送されるようになり(1時間)、1992年、土曜にも2時間放送されるようになった。2000年、平日版は3時間になり、2007年には4時間になった。1980年代にABCの『グッド・モーニング・アメリカ』に追い抜かれるまで事実上競合番組は存在しなかった。1995年12月11日、ニールセン視聴率で再度巻き返し、852週連続その地位を保持した。2002年、『TVガイド』の50 Greatest TV Shows of All Time で第17位となった。

経緯[編集]

1952年1月14日、NBCの副会長であったシルヴェスター・ウィーヴァーの発案により放送が開始された。1953年から1955年の間、彼はNBCの会長となり、その頃『トゥデイ』の深夜版となる『ザ・トゥナイト・ショー』の放送が開始された。当初題名は『The Rise and Shine Revue 』となる予定であった[1]

初代司会者デイヴ・ギャロウェイの頃、『トゥデイ』はこのジャンルで初の番組であった。番組では全米のニュース、事件関係者へのインタビュー、ライフスタイルの紹介、面白ニュースや宣伝(初期の頃、チンパンジーJ・フレッド・マグズが番組のマスコットを務めていた)やローカル局のニュースなどが織り交ぜられていた。この番組より、ABCの『グッド・モーニング・アメリカ』、CBSの『ジ・アーリー・ショー』など同様の番組が作られるようになった。また、海外の朝のニュース番組の手本となっており、イギリスBBCの『Breakfast Time 』、TV-am の『Good Morning Britain 』、カナダCTVの『Canada AM 』、オーストラリアセブン・ネットワークの『Sunrise 』、日本では『NTVニュース(朝)』や『モーニングショー』が始まった。

番組開始当初、東部標準時中部標準時のエリアでのみ生中継で、毎朝3時間放送されていたがそれぞれで視聴できるのは2時間のみであった。1958年から遅延送出システムにより標準時が違うエリアでも同じ放送が視聴できるようになった。司会者デイヴ・ギャロウェイの健康問題により、1958年夏から生放送が中止になり、前日午後に収録され編集された録画番組が放送されるようになった。多方面からの批判を受け、1961年7月、司会がギャロウェイからジョン・チャンセラーに交代された[2]

長年アラスカハワイヴァージン諸島を除く全域で午前7時から9時までの2時間番組として放送してきたが、2000年10月2日、3時間番組に拡大され、2007年9月10日、4時間番組にさらに拡大された。マサチューセッツ州ボストンWHDH-TV などいくつかのローカル局では3時間目と4時間目の放送は録画放送となった。

最初の3時間の放送では各時間の25分と55分から5分間、ローカル局のニュースが挿入され、その間NBCで放送される内容はローカルでは見ることができない。

一般的に東部標準時では生放送となるが、その他のエリアでは午前7時からの録画放送となる。ニュース速報が入った場合は東海岸版が生放送され、速報が終われば西海岸の録画放送に戻る。番組視聴者は太平洋標準時であることおよび録画放送されることに留意する。番組放送時間帯に特別報道番組が入った場合、『トゥデイ』のアンカーが番組を進行する。

平日版[編集]

平日は朝7時から4時間の生放送(2007年9月から、それまでは3時間であった)。視聴者数では1995年12月から10年以上もの間トップに立ち続けている。2000年から放送時間が3時間となり、2007年からは10時台にも拡大して4時間の放送となった。最後の10時台の司会としてキャシー・リー・ギルフォード(20年以上トーク番組の司会をしていたベテラン)が起用された。

時差のあるアメリカではあるが、平日版は放送時間が統一されており、東部標準時の地域では生放送。それ以外の地域では録画放送となる。放送時間が4時間とライバルより長いのは、この番組がいかに人気が高く、CBSABCに比べソープ・オペラが少ないかを示している。

番組の顔として1990年から15年間アンカーを務めていたケイティ・クーリックが、『CBSイブニングニュース』へ移籍するために2006年5月31日の放送をもって降板。後任にはABCのトーク番組『ザ・ビュー』やシンジケーション版『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』の司会を務めたメレディス・ヴィエイラが起用された。ヴィエイラが登場する9月までは週末版アンカーのキャンベル・ブラウンらが代役として出演。なお、9時台は主にアン・カリーアル・ローカーが担当した。

アンカー[編集]

ウィークエンド・トゥデイ[編集]

土曜版は1992年8月1日、日曜版は1987年9月20日に放送開始。

アンカー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Weiner, Ed; Editors of TV Guide (1992). The TV Guide TV Book: 40 Years of the All-Time Greatest Television Facts, Fads, Hits, and History. New York: Harper Collins. p. 173. ISBN 0-06-096914-8. 
  2. ^ Shepard, Richard F. (1961年6月30日). “Stevenson Plans ABC Series”. New York Times: p. 55 

外部リンク[編集]