ロザリン・カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロザリン・カーター
Rose Carter, official color photo, 1977.jpg
生年月日 1927年8月18日(86歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州プレーンズ
所属政党 民主党
親族 エドガー・スミス 、フランシス・アレッサ「アリー」マレー(両親)
配偶者 ジミー・カーター

任期 1977年1月20日 - 1981年1月20日
テンプレートを表示

エレノア・ロザリン・スミス・カーターEleanor Rosalynn Smith Carter, 1927年8月18日 - )は、アメリカ合衆国大統領ジミー・カーターファーストレディ

生い立ち[編集]

17歳頃に撮影された写真
1977年1月20日。夫の大統領就任当日に娘のエイミー
1978年1月17日。「アメリカ精神衛生調査委員会」の公聴会の議長を務める
1979年1月29日。鄧小平夫人の卓琳と並んで歩く

エレノア・ロザリン・スミスはジョージア州プレーンズで、自動車整備工および農家を営むエドガー・スミス (1896 - 1940) と婦人服の仕立て屋であるフランシス・アレッサ「アリー」マレー (1904 - 1997) の間の四人の子どもの一番目として1927年8月18日午前7時00分に生まれた。

13歳の時に父親が白血病で死去し、彼女は兄弟を育てるために母親の洋裁を手伝った。プレーンズ高校を卒業生総代として卒業し、ジョージア・サウスウェスタン大学に入学した。

結婚と家族[編集]

ジミー・カーターとロザリンは以前に知り合っていたが、カーターがアナポリス海軍兵学校在学時の1945年に交際を始めた。二人は1946年7月7日にプレーンズで結婚した。

彼らは四人の子供をもうけた。ジョン・ウィリアム「ジャック」 (1947 - ) 、ジェームズ・アール3世「チップ」 (1950 - ) 、ジェフリー・ドネル (1952 - ) およびエイミー・リン (1967 - ) 。ジョン、ジェームズ、ジェフリーの三人はカーターが軍務で転属を繰り返したため、ジョージアから離れた各地で生まれた。

1953年にカーターが海軍を退役した後、彼女は家業のピーナッツ栽培と倉庫業を手伝い、1962年にカーターがジョージア州議会議員に選出されると、政界で活発に夫を助けた。

カーターがジョージア州知事に就任すると、ロザリンはファーストレディとして、精神疾患情緒障害者へのサービスを改善するよう知事配下の委員会メンバーに任命された。委員会は多数の改善点を知事に示し、その多くが承認され法制化された。さらにロザリンはアトランタにあるジョージア地域病院でのボランティアに5年間従事し、また知的障害児のためのジョージア州スペシャルオリンピックスの名誉議長も務めた。

1975年1月に知事の任期が終了するとカーターは妻子と共にプレーンズに戻った。彼は大統領選出馬の計画を既に発表しており、ロザリンは再び選挙戦の遊説に戻り、夫の代わりに41州で単独遊説を行った。

ロザリンは全米各地を演説に回っていた数ヶ月の間にも表彰を受けた。メンタル・ヘルス国立協会の役員に選出。男女平等憲法修正案に対する彼女の活発な支援へに対して全米女性機構より表彰。また、彼ボランティア・サービス南西協会からボランティア・オブ・ザ・イヤー賞を表彰。

ファーストレディとして[編集]

1977年1月、大統領就任式でカーター夫妻は手に手を取ってペンシルベニア通りを歩いた。見せびらかすことなく、彼女はピクニック・ランチを用意し、式には6年来の服を着ていた。

ロザリン・カーターは南部人の愛らしさと粘り強い働きからホワイトハウスの記者団から「鋼のモクレン」とあだ名された。彼女が夫の最も親しいアドバイザーかつ腹心だったことは公然の事実であり、彼女は多くの閣僚会議に参加した。実際、彼女はホワイトハウスの自らのオフィスに書類カバンを持ち込んだ最初のファーストレディであった。

ホワイトハウスで暮らした期間に彼女は多くの組織から称えられ、多くの賞を受賞した。彼女はメンタル・ヘルス大統領委員会の名誉議長職を務め、メンタル・ヘルス・システム法の成立に貢献した。さらに、国立メンタル・ヘルス協会によって「Volunteer of the Decade」と表彰された。

1980年の大統領選挙戦中に彼女は再び夫の代理として活発に遊説した。選挙対策事務所長は選挙の前の週末、夫妻に最新の世論調査の結果が激戦でありロナルド・レーガン陣営が優勢であると伝え、敗北の見込みを示した。彼女は苦悶して屈み込んだ。

後年[編集]

プレーンズへ戻ってからロザリンはアメリカ心理学会の会長による表彰、南部バプテスト連盟のキリスト教生命委員会からキリスト教社会倫理のリーダーシップにおける奉仕に対する特別賞を受け取った。1983年8月、ガネット社の重役に選任され、1984年4月にはハビタット・フォー・ヒューマニティー団体のアドバイザー委員会のメンバーに就任する。彼女の自叙伝『First Lady from Plains』は1984年5月に出版された。その同じ月、アメリカ精神医学会の名誉会員となる。さらに国立メンタル・ヘルス協会の名誉委員でもある。

2001年に彼女は全米女性の名誉の殿堂に加わった。現在はグローバルな人権活動家であり、カーター・センターの副会長である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ベティ・フォード
アメリカのファーストレディ
1977年 - 1981年
次代:
ナンシー・レーガン