ジェブ・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・エリス・ブッシュ
John Ellis Bush
Gov Jeb Bush.jpg
ブッシュの公式肖像写真
生年月日 1953年2月11日(61歳)
出生地 テキサス州ミッドランド
出身校 テキサス大学オースティン校
前職 テキサス商業銀行従業員
所属政党 共和党
親族 プレスコット・ブッシュ祖父
ジョージ・H・W・ブッシュ
ジョージ・W・ブッシュ
ジョージ・P・ブッシュ長男
配偶者 コルンバ・ブッシュ
サイン Jeb Bush Signature.svg

任期 1999年1月5日 - 2007年1月2日
テンプレートを表示

ジョン・エリス・ブッシュ(John Ellis "Jeb" Bush、 1953年2月11日 - )は、アメリカ合衆国政治家。元フロリダ州知事(第43代)。アメリカ新世紀プロジェクト会員。

父は第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュ、兄は第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュ

概要[編集]

フロリダ州でのアースデイのイベントにて

1953年テキサス州ミッドランドに生まれる。フィリップス・アカデミーテキサス大学オースティン校を卒業。テキサス大学ではラテンアメリカ学を専攻した。大学卒業後、テキサス商業銀行に入行。1980年フロリダ州へ移り住む。

1994年、フロリダ州知事選挙に出馬するが、落選。1998年に再出馬し、当選を果たす。翌1999年、州知事に就任。

2000年アメリカ合衆国大統領選挙において、フロリダ州における票の再集計を民主党候補のアル・ゴアが求めて訴訟を起こし、州の最高裁はゴアの要求を認めたが、連邦最高裁がこれを却下した。連邦最高裁の決定により、兄ジョージ・W・ブッシュの当選が確定。

2002年、フロリダ州知事再選。2007年に退任するまで、終始高水準の支持率を維持した。

2010年アメリカ上院議会議員選挙フロリダ州からの出馬が取り沙汰されたが、2009年1月に不出馬を表明した。

2012年アメリカ合衆国大統領選挙において、マイノリティの支持で劣勢に立たされたミット・ロムニーが現職バラク・オバマに敗れたことから、3連敗を回避し2016年アメリカ合衆国大統領選挙で政権奪還が至上命令の共和党では、知名度・実績に加え、夫人がヒスパニックでマイノリティの支持が期待できるジェブの待望論が挙がっている。[1] 
但し、同じ元大統領の身内で比較すると、夫婦揃って高い人気を誇るヒラリー・クリントン前国務長官と比較すると、兄の不人気が未だに影響があるジェブはこの払拭が課題である。
また、移民に対する穏健なスタンスが保守化を強める共和党で支持を広げられるか疑問がある点、年齢こそクリントン前長官より6歳若いものの2016年の時点で公職から10年のブランクが生ずる点、それに伴い若手の政治家が台頭している点などが問題として挙げられる。特に若手の台頭として、同じフロリダからマルコ・ルビオ連邦上院議員がいるため、この調整は不可欠となろう。

年譜[編集]

人物[編集]

外部リンク[編集]


  1. ^ 気の早い2016年のアメリカ大統領選挙の話 http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012111200013.html


公職
先代:
ケネス・マッケイ・ジュニア
フロリダ州知事
1999年1月5日 - 2007年1月2日
次代:
チャーリー・クリスト
党職
先代:
ボブ・マルティネス
フロリダ州知事共和党候補者
1994(落選),1998・2002(当選)
次代:
チャーリー・クリスト