ジェンナ・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自身の結婚式にて

ジェナ・ウェルチ・ブッシュJenna Welch Bush, 1981年11月25日 - )は、第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュと、その妻ローラ・ブッシュの次女。暗号名はトウィンクル。

経歴[編集]

1981年11月25日、テキサス州ダラスで、姉バーバラとの二卵性双生児として誕生した。ジェナは、母方の曾祖母のジェナ・ホーキンスから名づけられた。ジェナは、2000年テキサス大学オースティン校に入学し、(母ローラも会員だったことから)カッパ・アルファ・テータの特別会員となった。2005年からはワシントンの小学校で教鞭を執り、その後は国連児童基金(ユニセフ)のインターンとして中南米・カリブ海地域での勤務を経験した。2009年からNBCテレビのニュース番組「トゥデー」の特派員となることが分かった。

ジェナ・ブッシュ(中央)

犯罪歴[編集]

ジェナは、在学中の2001年4月29日に、未成年でありながらアルコール飲料を所持し、C級軽罪を犯した。また、ジェナは、在学中の2001年5月29日に、アルコール飲料を購入するために偽のIDを使用し、再びC級軽罪を犯した。ジェナは、二つの軽罪に関して、異議を申し立てなかった。

2004年大統領就任式のブッシュ家、最前列右のブロンド女性がジェナ

メディアとの関わり[編集]

ジェナは、父に、2000年の大統領選挙に出馬しないよう頼んだ。曰く、「お願いよ、パパ。大統領選になんか出馬しないで!私たちの生活をメチャクチャにしないで!(Oh, I just wish you wouldn't run. It's going to change our life!)」。しかし、ジェナは、2003年翌年の父の大統領選への支援を決意した。ジェナは、その年、姉ともに、幾つかのメディアに出演し、父の大統領選についてのスピーチをした。また、ジェナは、姉と交互に、父の選挙活動に随行し、幾つかの接戦している州を巡った。さらに、ジェナは、姉とともに、ヴォーグ誌の7ページものインタビューと写真撮影を受けた。 また、メディアは、ブッシュの対立候補のジョン・ケリーの娘のアレクサンドラヴァネッサの選挙運動も広範囲に取り上げ、「娘たちの戦い"battle of the daughters"」として、人々の関心を煽る要素にした。また、ジェナは、この選挙期間中、セントルイスでカメラマンに対し挑発的に舌を出す(所謂アッカンベー行為)をし、問題となった。

結婚式に臨むヘンリーとブッシュ家。右から二番目がジェンナ

ヘンリー・ヘイガーとの結婚[編集]

2007年8月15日、ジェナは、2004年の大統領選挙で出会ってから交際していたヘンリー・ヘイガーと婚約した。二人の関係が公になったのは、2005年11月ホワイトハウスでのチャールズ王太子カミラ夫人との晩餐に二人が臨席したときだった。ヘイガーは、ジェナとの婚約をブッシュ大統領に認められた後、メイン州アーカディア国立公園キャディラックマウンテンでジェナにプロポーズした。結婚式は,2008年5月10日にテキサス州クロフォードにある大統領所有の牧場で行われた。

外部リンク[編集]