ヒスパニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒスパニック英語: Hispanic)とはスペイン人スペイン語またはスペイン文化に関連のある事を示す形容詞または名詞である。

定義[編集]

ヒスパニックの語源ラテン語Hispanicusでこれはイベリア半島の地域を示すHispaniaから派生したものである。現在のスペインのほかポルトガルも含める場合がある。確認されている最古の使用例は1584年のものである[1]

アメリカ合衆国ではヒスパニック(西: Hispanic and Latino Americans)はメキシコキューバプエルトリコなどのラテンアメリカ出自の人を指し、ヒスパニック系アメリカ人またはラテン系アメリカ人と表示される。米国(米語)におけるこの用法は1972年から広まってきた[2]

新大陸のスペイン旧植民地ではヒスパニックに相当するスペイン語: Hispanoはスペイン本国に関連したものを示す[3]

ヒスパニックの定義の古代からの変遷および地域差については英語版が詳しい。

アメリカ合衆国における定義[編集]

ヒスパニック系アメリカ人
Hispanic American
america_ferarraMark IndelicatoColumbabushFrancesca LeJohn LeguizamoDemi LovatoFranklin Ramón Chang-DíazCameronDiazWilmer Valderrama
代表的なヒスパニック
アメリカ・フェレーラマーク・インデリカートコルンバ・ブッシュフランチェスカ・レイジョン・レグイザモデミ・ロヴァートフランクリン・チャン=ディアスキャメロン・ディアスウィルマー・バルデラマ
総人口

54,27,8400人(18.5%)[4]

居住地域
アメリカ合衆国
ニューメキシコ州カリフォルニア州テキサス州アリゾナ州ネバダ州フロリダ州コロラド州ニューヨーク州ニュージャージー州イリノイ州[5]
言語
アメリカ英語メキシコ・スペイン語キューバー・スペイン語カリブ・スペイン語アンデス・スペイン語リオプラテンセ・スペイン語ハイチ語フランス語クレオール言語)、ブラジルポルトガル語
宗教
ほとんどがカトリック、一部はプロテスタント
関連する民族

スペイン系アメリカ人ポルトガル系アメリカ人メキシコ系アメリカ人キューバー系アメリカ人ブラジル系アメリカ人ペルー系アメリカ人チリ系アメリカ人アルゼンチン系アメリカ人ラテン系アメリカ人プエルトリコメスティーソムラート


ヒスパニックは必ずしも移民の子孫ばかりではない。彼らの先祖には、テキサス併合米墨戦争によってアメリカ合衆国領に組み入れられた旧メキシコ領の住民も含まれ、現在のヒスパニックは多くがメキシコ系である。

またラテンアメリカには多くのスペイン以外からの移民もおり、例えばフランス系のメキシコ人やドイツ系のアルゼンチン人はヒスパニック系には該当しない為米国の国勢調査ではヒスパニック系およびラテンアメリカ(地域を示す)と定義している[6]

アイデンティティの概念[編集]

ヒスパニックは人種概念だと誤解されることがあるが実際にはそうではなく、人種(≒身体的形質)的には白人黒人インディオが様々な割合で混じり合った人たちからなる。ヒスパニックとは、自分あるいは先祖がスペイン語圏ラテンアメリカ出身であるかどうかという出自の意識、換言すれば「自分をヒスパニックと思うかどうか」というアイデンティティの概念である。アメリカ国勢調査でも、人種とは別の範疇としてヒスパニックか否かという項目が立てられている。

人口[編集]

近年は増加傾向にあり2010年のアメリカの国勢調査によると、5000万人超のヒスパニックが在住している。ヒスパニックはアメリカの人口の16.3%を占め、アメリカ黒人を抜いて米国最大のマイノリティとなっている。

さらに近年では、毎回の国勢調査で行われる「先祖の出身地」の自己申告では中南米(ヒスパニック含む)が断然の多数を占めるようになり、減少傾向にあるドイツ、アフリカ大陸(黒人)、アイルランド、イングランドがこれに相次いでいる。

またヒスパニックは高い出生率と移民を背景に、将来的には白人を抜いてマジョリティになることも予測されている[7]少子化#各国における少子化の状況アメリカ合衆国の項も参照。

彼らはその数の多さから、政治の分野においても無視できない存在となり、近年の大統領選挙においてもヒスパニック有権者の動向が注目されることが多い。商業的なニーズにおいても重点される傾向もある。

ヒスパニックが特に多く住む州としては、フロリダ州(主にマイアミなど)とニューメキシコ州カリフォルニア州テキサス州アリゾナ州などが挙げられる。ラテンアメリカの中進国からアメリカへ留学する者も多く、スペイン語が普及しつつある影響で、そのまま移住する傾向がある。また近年はベネズエラからは政治的な理由で、高学歴者が移民する傾向がある。

出身地域[編集]

ヒスパニック総人口のうち、全体の64%がメキシコ系である。次いでカリブ海諸島及び沿岸諸国が約25%に達し、この両方で9割を占める。また中南米だけではなく、スペインからの直接の移民もヒスパニックに含まれる。下表はアメリカの国勢調査による。


ヒスパニックの出身地域(2007年)
(出生国でなく自己のアイデンティティによる)[8]
ヒスパニックグループ 人口 %
メキシコの旗 メキシコ 29,189,334 64.3
プエルトリコの旗 プエルトリコ 4,114,701 9.1
キューバの旗 キューバ 1,608,835 3.5
エルサルバドルの旗 エルサルバドル 1,473,482 3.2
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 1,198,849 2.6
グアテマラの旗 グアテマラ 859,815 1.9
コロンビアの旗 コロンビア 797,195 1.8
ホンジュラスの旗 ホンデュラス 527,154 1.2
エクアドルの旗 エクアドル 523,108 1.2
ペルーの旗 ペルー 470,519 1.0
スペインの旗 スペイン 353,008 0.8
ニカラグアの旗 ニカラグア 306,438 0.7
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 194,511 0.4
ベネズエラの旗 ベネズエラ 174,976 0.4
パナマの旗 パナマ 138,203 0.3
コスタリカの旗 コスタリカ 115,960 0.3
チリの旗 チリ 111,461 0.2
ボリビアの旗 ボリビア 82,434 0.2
ウルグアイの旗 ウルグアイ 48,234 0.1
パラグアイの旗 パラグアイ 20,432 0.04
その他の中央アメリカ諸国 111,513 0.2
その他の南アメリカ諸国 77,898 0.2
その他 2,880,536 6.3
合計 45,378,596 100

言語[編集]

スペイン語か英語どちらか解さない人、またはバイリンガルと、言語面の背景も多様である。もっとも、元々はスペイン語しか解さない人でも、北アメリカに移住し生活していくため、英語を習得する人は多い。

特に、ヒスパニックの割合の高いカリフォルニア州フロリダ州などでは、社会生活を営むための英語を十分に駆使できないヒスパニックのために、スペイン語による授業、公共施設の表示、説明書などの社会インフラ整備が進められており、スペイン語が英語に次ぐ第二言語になりつつある[9]。また、中学・高校などの外国語教育でスペイン語を選択するアメリカ人も多い。以前は、英語が十分に駆使できないという理由から差別を受けてきたヒスパニックもいるが、最近ではスペイン語表示が選択できるウェブサイトを用意している企業もあり、スペイン語の歌詞が含まれるポピュラー音楽もヒットチャートを賑わしている。

ラティーノ[編集]

ヒスパニックと同じように使われる言葉に「ラティーノ」(Latino / Latina)があるが、ヒスパニックが文字通り「スペイン語圏出身者」を指すのに対し、ラティーノはスペイン語圏に限らずラテンアメリカ全域の出身者を指す。たとえばハイチ(フランス語圏)やブラジル(ポルトガル語圏)出身者は、ラティーノではあってもヒスパニックではない。また、ヒスパニックとラティーノの単語が同時に使われる場合、ヒスパニックはアメリカ合衆国と国境を接するメキシコの出身者のみを指す事が多い。

呼称[編集]

アメリカ合衆国は1995年に、人種・民族の自称についての国勢調査を行っている。これは彼ら自身を白人黒人、ヒスパニック、インディアン、アラスカ先住民(インディアン、エスキモーアレウト)であると特定した人々、あるいは混血に対して、それぞれの人種・民族グループの呼称で、定まった呼び名を好まない人や、特に選ぶものがなかった人も含めて、好きな呼称はどれか選んでもらったものである。ヒスパニックの場合、一番好まれている呼称は「ヒスパニック」だった[10]

  1. 「ヒスパニック」                   57.88%
  2. 「スペイン由来(Of Spanish origin)」      12.34%
  3. 「ラティーノ(Latino)」               11.74%
  4. 「その他の呼称」                  7.85%
  5. 「無回答」                      10.18%

脚注[編集]

  1. ^ en:Merriam-Webster Hispanic
  2. ^ en:Online Etymology Dictionary Hispanic
  3. ^ リンク切れのen:Hispanicの前書より。
  4. ^ 2011年アメリカ国勢調査による人口統計学より。
  5. ^ ヒスパニックの人口分布(2006年)Fact Sheet 2006 American Community Survey”. United States Census Bureau. 2008年6月24日閲覧。
  6. ^ Standards for the Classification of Federal Data on Race and Ethnicity
  7. ^ アメリカ合衆国のヒスパニック人口は2050年までに1億3,300万人に上ると予測されている。これは、2010年 - 2050年の間に増加する米人口のほぼ3分の2を占める確率となる([1]および[2]より)。
  8. ^ Detailed Hispanic Origin: 2007 (PDF)”. Pew Research Center. 2009年4月13日閲覧。
  9. ^ もっとも、アメリカ合衆国では国家の公用語を法律で定めているわけではなく、州レベルで行っている。英語#アメリカ合衆国の英語事情も参照。
  10. ^ Bureau of Labor Statistics, U.S. Census Bureau Survey, May 1995.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 北米総領事便り1999年7月2000年3月(島内憲・在マイアミ日本総領事のレポート)
※この5,6年間、ヒスパニックについては大きく変貌した可能性がある。