イリアナ・ロス・レイティネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリアナ・ロス=レイティネン

イリアナ・ロス=レイティネン英語: Ileana Ros-Lehtinen1952年7月15日 - )は、アメリカ合衆国政治家フロリダ州18区選出の米国下院議員で、現在は下院外交委員長。所属は共和党宗教監督派キューバ首都ハバナ出身。

生い立ち・政策[編集]

1952年キューバに生まれる。最初に名付けられた名はイリアナ・ロス・アダトである。母親はユダヤ教徒である。法律家でベトナム帰還兵でもある夫との結婚後、現在のロス=レイティネンを名乗る。イリアナが7歳の時に一家はフィデル・カストロ政権の圧政を逃れ、アメリカ合衆国フロリダ州移住した。カストロ政権打倒・民主化実現は議員としてのライフワークでもある。また、カストロ暗殺を呼びかけたことも過去にある。

長じて、フロリダ国際大学に進む。その後、フロリダ州下院議員、同州上院議員を経て、1988年に連邦下院議員選に出馬。現在、10期目をつとめる。政策は社会政策においては、地盤であるフロリダ州南部はリベラル色が色濃いため民主党に近く同性婚容認論者でもある。

外交・安全保障政策においてはキューバのような圧政国家に対しては強硬でイラク戦争にも賛成票を投じた。また、日本に対しては、2007年中国韓国の主張する「慰安婦=性奴隷説」に基づく、アメリカ合衆国下院121号決議を下院外交委員会・筆頭理事として強硬に推し進めた。

ただ、その後バランスをとるためか、対テロ戦争で米国・英国と共同歩調をとってきたことに対する「対日感謝決議」を提出・成立させている。また、同年11月には訪米した拉致被害者家族会や拉致議連の平沼赳夫衆議院議員と面会。拉致問題の解決が成されない限り、北朝鮮テロ支援国家指定解除に反対する意向を示し、指定解除に反対する法案提出に言及した。2008年アメリカ合衆国大統領選挙においては、ジョン・マケイン上院議員を支持しており、予備選の際は票の取りまとめも行った。

親イスラエル派であり、パレスチナ自治政府UNRWAに対するアメリカ政府の支援を停止するよう求めている。また、オバマ政権がイスラエルに対してヨルダン川西岸のユダヤ人入植地を凍結するよう求めたことに対しても批判している。レバノンに対する軍事援助についても、「レバノン軍ヒズブッラーの境界線が明確では無い」「レバノン政府はシリアイランの手下」などとして、反対する立場を明確にしている。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

下院・公式サイト

選挙キャンペーン・サイト