パーク・トランメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーク・トランメル
ParkTrammell.jpg
生年月日 1876年4月9日
出生地 アラバマ州メイコン郡
没年月日 1936年5月8日(60歳没)
死没地 ワシントンD.C.
出身校 ヴァンダービルト大学
カンバーランド大学
所属政党 民主党
配偶者 ベアトリス・パジェット・トランメル

フロリダ州知事
任期 1913年1月7日 - 1917年1月2日
テンプレートを表示

パーク・モンロー・トランメル (Park Monroe Trammell, 1876年4月9日 - 1936年5月8日) は、アメリカ合衆国政治家。第21代フロリダ州知事およびフロリダ州選出上院議員(1917年 - 1936年)。

経歴[編集]

トランメルはアラバマ州メイコン郡で生まれる。一家はフロリダ州ポーク郡に移り住み、トランメルは同地で初等教育を受けた。テネシー州ナッシュビルバンダービルト大学で学び、米西戦争時にはタンパ陸軍の補給将校として勤務した。戦後はポーク郡に戻り、レイクランドに居を構える。そこで柑橘類の栽培を行い、新聞社を所有し、弁護士を開業した。

その後政界に進出し、1899年から1903年までレイクランド市長、1902年にはフロリダ州下院議員、1904年から1908年まで州上院議員を務め、1905年には州議会議長も務めた。1909年から1913年まで州検事総長を務め、1913年から1917年まで州知事を務める。1917年には連邦上院議員に選出され、死去まで同職を務めた。1934年にはカール・ヴィンソン下院議員と共にヴィンソン・トランメル法を成立させた。

トランメルは1936年5月8日にワシントンD.C.で死去し、レイクランドのローズローン墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]

公職
先代:
W・H・エリス
フロリダ州検事総長
1909年 - 1913年
次代:
トーマス・F・ウェスト
先代:
アルバート・W・ギルクリスト
フロリダ州知事
1913年1月7日 - 1917年1月2日
次代:
シドニー・J・カッツ
議会
先代:
ネイサン・P・ブライアン
フロリダ州選出上院議員(第1部)
1917年 - 1936年
次代:
スコット・ロフティン