マーガレット・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・テイラー
Margaret Taylor
生誕 1788年9月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州カルヴァート郡
死没 1852年8月14日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州パスカグーラ
職業 ファーストレディ
配偶者 ザカリー・テイラー

マーガレット・スミス・テイラーMargaret Mackall Smith "Peggy" Taylor1788年9月21日 - 1852年8月14日)は、第12代アメリカ合衆国大統領夫人(ファーストレディ)。

生い立ち[編集]

Peggy Taylor.png

マーガレットは1788年9月21日、メリーランド州カルヴァート郡で父ウォルター・スミスと母アン・マッコール=スミスとの間に生まれた。幼少期は上品で裕福な環境の中で育った。

1809年ケンタッキー州にいた姉を訪ねた際に、ザカリー・テイラー中尉を紹介される。翌1810年6月21日、21歳のマーガレットは25歳のザカリーと結婚した。結婚式は姉の住まいの近くであるケンタッキー州ルイビルで行われた。二人の結婚生活は幸せなものだったとされている。熱心な米国聖公会の教徒であったマーガレットは、軍人である夫のために定期的に祈りを捧げていた。マーガレットは、「夫が戦いから無事に戻るならば、社会的な楽しみを放棄する」と神に約束し、実際に世間からやや離れて過ごすようになっている。

子供[編集]

マーガレットはザカリーとの間に多くの子を授かったが、著名な者として、息子のリチャード・テイラーがいる。

ファーストレディー[編集]

ザカリーが政治的にキャリアを積んでいく中で、マーガレットは彼が大統領になるという結末を恐れ、文字通り彼が挫折することを願っていた。マーガレットがファーストレディになる頃、駐屯地を飛び回る夫への同行や、子供たちの誕生といった出来事が彼らにダメージを与えた。病気がちであったため、マーガレットはホワイトハウスの2階に留まり続け、いわゆるフォーストレディとしての非政治的行事への参加は、もっぱら娘のメアリー・エリザベス・テイラーがその役を担っていた。

晩年[編集]

1850年にザカリーが大統領就任直後に亡くなると、マーガレットの健康状態も急速に悪化した。夫の死から2年後の1852年8月14日、ミシシッピ州パスカグーラでこの世を去った。遺体はケンタッキー州ルイビルにあるザカリーの墓の隣に埋葬された。

関連項目[編集]

先代:
サラ・ポーク
アメリカのファーストレディ
1849年 - 1850年
次代:
アビゲイル・フィルモア