アフガン・ハウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガン・ハウンド
Arabian Hound 001 U.jpg
愛称 アフガン、アフ
原産地 アフガニスタン
特徴
体高 オス 68 - 74cm
メス 63 - 69cm
毛色 全ての色
イヌ (Canis lupus familiaris)

アフガン・ハウンドは、アフガニスタン原産の長毛サイト・ハウンド(視覚型狩猟犬)。

歴史[編集]

紀元前4000年頃シナイ半島に存在していたといわれている。中東の古代犬種であるサルーキーが入ってきて、土着の犬種と交雑したのが始まりだとされている。砂漠の夜の厳しい寒さに耐えるためにコートが発達し、走る際重くならないように軽く変化した。 文献には18世紀に登場し、ガゼル猟の姿が描かれている。母国では山地でウサギガゼルヒョウを単独で狩っていた他、家畜を外敵から守る番犬としても活躍していた。近年アフガニスタンでは内乱が多いため、アフガニスタン内では数が減りつつある。 アフガン・ハウンドは外見が美しいため、ショードッグとしても活躍するようになった。そのためにショードッグとして改良されたものと、元から猟犬・番犬用として用いられてきたものの2つのタイプが存在する。東洋の神秘的な犬として人気があり、ノアの箱船に乗った犬だと伝えられている。

特徴[編集]

体高61センチから73センチ、体重23キロから27キロと大柄な犬種。口吻が長く細面で、腰が高く、全身を絹のような長く美しい被毛が覆う。外見が優美なため、日本でも愛好家が多い。

視界の開けた場所でのシカ猛獣などの大型の獲物の狩猟に特化した犬種で、足裏が広くて肉厚なため、砂漠でもかなり自由に動ける。さまざまな犬種の中でもかなり起源が古く、最も古いタイプの狩猟犬の姿を現在に残す。

広大な砂漠での少数での狩猟を得意とする犬種のため、独立心が非常に旺盛で、意に反した命令をされることを嫌う。そのため、「世界一頭の悪い犬」という不名誉な評価も持つ[1]。 飼育には多くの運動と、しっかりとしたしつけがなければ、初心者には飼育の難しい犬種である。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

  1. ^ スタンレー・コレン 『デキのいい犬、わるい犬—あなたの犬の偏差値は?』 木村博江訳 文藝春秋 1994年(参照:犬のIQランキングでアフガン・ハウンドは最下位