アメリカ合衆国の交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トラック輸送(ワシントン州東部で)

アメリカ合衆国の交通(あめりかがっしゅうごくのこうつう)は陸路、海路、空路の全方面に渡って発達してきた。鉄道による旅客運輸、大都市での自動車通勤による交通渋滞などの面での弱さもかかえながら、アメリカは世界で最も発達した交通・運輸をもつ国の一つである。

歴史[編集]

アメリカ州の先住民族であるインディアンは多くの道を作っていたが、統一王朝または国家を作ったことはなく、長距離の道は作っていなかった。17世紀に始まるスペインフランス、次いでオランダイギリスなどによる植民地の発達により、徐々に交通が整備されてゆく。

以前の幌馬車 (Pony Express) の時代を経て、最初の大陸横断鉄道が完成したのは1869年で、州間高速道路の建設は連邦補助高速道路法の制定された1956年に開始されている。

全米の交通と運輸はアメリカ合衆国連邦政府運輸省 (DOT) 、各州は州政府の運輸部門が担当している。

道路[編集]

国道一般道路も発達しているが、20世紀第二次世界大戦以降の州間高速道路の整備は目を見張るものがある。こうした道路を利用した大型トラックによる貨物輸送が、米国ではとくに盛んである。

国道[編集]

米国の国道は第一次世界大戦後の1920年代に整備され、現在は東端の国道1号線から米国の心臓部を通り、歌にまでなった「ルート66」(国道66号線)、西端の国道101号線などがある。

州間高速道路[編集]

米国といえば州間高速道路(インターステート・ハイウェイ)といわれるほど、西端の州間高速道路5号線から東端の州間高速道路95号線まで、南は州間高速道路10号線から北の州間高速道路90号線94号線96号線まで、ほとんどが無料で開放されている。また、大都市の環状道路もI200番台、I400番台の州間高速道路として整備されてきた。

鉄道[編集]

市内交通[編集]

市内交通には以下が利用されている。

水路[編集]

水路を利用した水運としては、海運河川運河を使った輸送がある。

海路[編集]

米国は東部を大西洋、南部をメキシコ湾、西部は太平洋にかこまれ、また地続きでないアラスカ州ハワイ州をかかえ、海運は交通・運輸のうち重要な要素である。

河川・運河[編集]

ミシシッピ川オハイオ川ミズーリ川ハドソン川コロンビア川などの大河川をかかえるアメリカ合衆国は、河川上の輸送も発達している。また、大西洋からニューヨーク市ハドソン川を経て五大湖に達するニューヨーク州運河システムエリー運河を含む]もある。

空路[編集]

5つの時間帯を抱えるほどの広い国土の米国では、航空路が発達している。また、世界的な航空機製造会社、航空会社も多い。

パイプライン[編集]

石油天然ガステキサス州カリフォルニア州・その他の州で産出する米国では、これらを輸送するパイプラインも重要で、カリフォルニア・ネヴァダ・パイプライン (CalNev Pipeline) 、トランス・アラスカ・パイプラインなどがある。

軍用交通[編集]

アメリカ軍は上に述べた民間用の交通機関とは別に、陸軍、海軍、空軍、海兵隊軍事基地を持っており、有事の際には大統領命令で民間用の機関も収容できる。、

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]