アドレー・E・スティーブンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドレー・E・スティーブンソン
Adlai Ewing Stevenson I.
Adlai Ewing Stevenson I head-on-shoulders.jpg

アメリカ合衆国
23代副大統領
任期 1893年3月4日1897年3月3日

出生 1835年10月23日
ケンタッキー州クリスチャン郡
死去 1914年6月14日
イリノイ州シカゴ
政党 民主党

アドレー・ユーイング・スティーブンソン一世(Adlai Ewing Stevenson I, 1835年10月23日 - 1914年6月14日)は、イリノイ州選出下院議員およびアメリカ合衆国第23代副大統領

人物[編集]

スティーブンソンはケンタッキー州クリスチャン郡で生まれて、1852年にイリノイ州ブルーミントンへ両親と共に転居した。彼はブルーミントンのイリノイ・ウェズリャン大学およびケンタッキー州ダンビルのセンター・カレッジに入学した。1858年に法曹界入りしイリノイ州ウッドフォード郡メタモラで弁護士業を始めた。彼は1864年の大統領選で民主党の選挙人だった。彼は1865年から1868年まで地方検事を務め、第44議会 (1875年3月4日 - 1877年3月3日) へ民主党下院議員に選出された。1876年に落選したが、第46議会 (1879年3月4日 - 1881年3月3日) に再選された。1880年に再選に失敗した。彼は最初の郵政長官 (1885年 - 1889年)を務め、続いて1892年にグロバー・クリーブランド大統領候補の副大統領候補者となり、副大統領職を1893年3月4日から1897年3月3日まで務めた。彼は1900年の大統領選でも民主党副大統領候補、また1908年のイリノイ州知事選候補だったがいずれも落選した。

アドレー・E・スティーブンソン一世は公の政治的活動から引退し、ブルーミントンで暮らした。彼はイリノイ州シカゴで死去し、ブルーミントン墓地に埋葬された。

スティーブンソンの息子、ルイス・G・スティーブンソンはイリノイ州長官 (1914年 - 1917年) を務めた。スティーブンソンの孫アドレー・ユーイング・スティーブンソン二世は民主党の大統領候補だった。彼の曾孫アドレー・ユーイング・スティーブンソン三世はイリノイ州選出上院議員。もう一人の孫は俳優マクリーン・スティーブンソン。

外部リンク[編集]