米墨戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
米墨戦争
Mexican–American War
Battle of Veracruz.jpg
ベラクルス包囲戦
戦争:米墨戦争
年月日1846年4月25日1848年2月2日
場所テキサス州ニューメキシコ州カリフォルニア州メキシコの北、中、東部、メキシコシティ
結果:アメリカ合衆国の勝利、グアダルーペ・イダルゴ条約の締結とメキシコ割譲
交戦勢力
US flag 29 stars.svg アメリカ合衆国 Bandera Histórica de la República Mexicana (1824-1918).svgメキシコ(当時はメキシコ合衆国 (19世紀))
指揮官
ジェームズ・ポーク
ザカリー・テイラー
ウィンフィールド・スコット
スティーブン・W・カーニー
アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ
マリアノ・アリスタ
ペドロ・デ・アンプディア
ホセ・マリア・フローレス
戦力
78,700名 25,000–40,000名
損害
戦死1,733
死者総数13,271名
負傷4,152名

少なくとも9,200名が脱走または亡命[1]

戦死兵士5,000名
文民死者800名
病死については不明[2]
米墨戦争

米墨戦争(べいぼくせんそう、Mexican-American War)は、1846年から1848年の間にアメリカ合衆国メキシコ合衆国 (19世紀)(現メキシコ)(墨西哥)の間で戦われた戦争

アメリカではメキシコ戦争 (Mexican War) として知られている。メキシコでは、アメリカのメキシコ侵略 (North American Invasion of Mexico)、アメリカの対メキシコ戦争 (United States War Against Mexico)、北部の侵略戦争 (War of Northern Aggression) として知られている(なお最後の名称は、アメリカ南部では南北戦争を指すことが多い)。

スペイン語では北米の武力干渉 (Guerra de Intervención Norteamericana) という。日本ではアメリカ・メキシコ戦争とも言われる。

背景[編集]

米墨戦争はテキサスの所属をめぐっての、アメリカとメキシコとの衝突に起因する。

スペインの植民地支配から独立革命を経て独立したメキシコは、第1次メキシコ帝国と共和国の時代を通じて、メキシコ北部の領地一帯を保持していた。しかし16世紀から続くネイティブアメリカンの群発する反乱は継続しており、また1803年ルイジアナ買収によって西部への開拓を開始しやすくなった多くのアメリカ人が、メキシコ領北部に流入していた。しかし、長期戦になった独立革命で弱体化したメキシコには、北方の領地を統治する余裕が人的・金銭的になかった。

テキサス共和国[編集]

アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナによる中央集権体制(メキシコ共和国)は、メキシコ各地での反発を招き、各地で独立の機運が発生した。1836年テキサス共和国がメキシコからの独立を宣言すると、1839年にフランス、1840年にオランダとイギリス、1841年にベルギーがテキサス共和国を承認した。1845年テキサス共和国はアメリカに併合されたが、メキシコ政府はアメリカ合衆国のテキサス併合は勿論、テキサス共和国の独立さえ未承認であった。(ベラスコ条約締結の経緯が不公正なものであるとして認めていなかった。)

アメリカはこの地域での英国の野心を断ち切るために、太平洋岸のカリフォルニアに自国の港を持ちたかった。このためテキサス併合と同じ年、テイラー米大統領はジョン・スライデルを全権とした交渉団を送り、メキシコ領カリフォルニアおよびニューメキシコを購入したいと申し出た。しかし当時メキシコ国内は混乱が続いており、例えば1846年一年間だけで大統領は4回、戦争大臣は6回、財務大臣にいたっては16回の交代が行われ、交渉団を迎え入れたホセ・ホアキン・デ・エレーラ大統領は反逆罪で訴えられ追放されるなど、交渉どころではなかった。また、メキシコ世論も買収申し出に猛反発した。そして、マリアノ・パレーデス・アリリャガ大統領のもと、より国家主義的色合いの強い政府が成立したのを見届け、交渉団は引き揚げた。

勃発[編集]

テキサスを併合したアメリカは、メキシコとの国境をリオグランデ川 (Rio Grande) 以北としていた。一方メキシコは同様にリオグランデ川の北側を流れるヌエセス川 (Nueses River) 以南としており、両国の主張には相違があった。時のアメリカ大統領ジェームズ・ポークは、アメリカの主張するテキサス州の土地を確保するよう軍に命じた。これを受けたザカリー・テイラー将軍の率いる軍隊は、ヌエセス川を南に超えて、メキシコの非難にも関わらずブラウン砦 (Fort Brown) を築いた。1846年4月24日にメキシコの騎兵隊がアメリカの分遣隊を捕らえたことから戦闘状態となった。パロアルト (Palo Alto) およびレサカ・デ・ラ・パルマ (Resaca De La Palma) での国境衝突および戦闘の後に、連邦議会5月13日に宣戦を布告した。南部出身者と民主党がそれを支持した。一方北部出身者とホイッグ党員は一般に、戦争の宣言に反対した。メキシコは5月23日に宣戦を布告した。

アメリカの宣戦布告後、アメリカ軍ロサンゼルスを含むカリフォルニアのいくつかの都市を占領した。モンテレーの戦い1846年の9月に起こった。1847年2月22日ブエナ・ビスタの戦いでテイラー将軍がアントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ将軍配下のメキシコ軍を破り、アルタ・カリフォルニアとニューメキシコの占領を確実なものにした。ウィンフィールド・スコット将軍配下のアメリカ軍は、海上からベラクルス(大西洋岸)を攻略、引き続きセロゴルド(メキシコ中部)と進撃し、メキシコの中心部チャプルテペック城(メキシコシティ)も攻め落とした。(進撃は3月9日に始められた)

終結[編集]

1847年1月13日に調印されたカフエンガ条約で、カリフォルニアでの戦いを終了した(カリフォルニア征服)。1848年2月2日に調印されたグアダルーペ・イダルゴ条約は戦争を終結させて、アメリカにカリフォルニア、ネバダユタと、アリゾナニューメキシコワイオミングコロラドの大半にテキサスと同様の管理権を与えた。アメリカはこれに対し18,250,000ドル(現金15,000,000ドルと債務放棄3,250,000ドル)を支払った。

このメキシコ割譲により、メキシコは国土の 1/3 を失った。これによる国民の不満もあり、1864年8月22日には政権が交代し、また中央集権国家のメキシコ合衆国 (19世紀)に戻った。不毛の砂漠地帯だったこれらの土地ではあったが、その一年後(1849年)カリフォルニア州サクラメントゴールドラッシュが起こり、さらにずいぶん後の20世紀前半には、テキサス州に無尽蔵といわれた油田が発見されて石油ブームが起こることになる。

戦闘員[編集]

アメリカ軍はこの戦争で約13,000名の死者を出したが、このうち戦死したのは約1,700名で、その他のほとんどは黄熱などの疾病による犠牲者であった。なお、メキシコ軍の死傷者は25,000名程と見られている。

この戦争は、米墨両国の銃火器の差が顕著で、それが戦闘の帰趨に大きな影響をもたらしたと言われている。アメリカ軍が最新の国産ライフル銃を使用したのに対して、メキシコ軍はナポレオン戦争で使用された一世代前のイギリス製小銃を装備していた。

この戦争で特筆すべき点のひとつとして聖パトリック大隊(サン・パトリシオス)の存在がある。メキシコを支持してアメリカ軍籍を放棄した約500名の元アメリカ兵によって構成され、その多くはアイルランド生まれ(アイルランド系移民)であった。この元アメリカ兵たちの多くはチュルブスコの戦いの結果、アメリカ軍に降伏し捕虜となったが、スコット将軍は彼等を脱走兵として処断、メキシコシティ陥落時に一斉処刑した。この事件については歴史家の間でも意見の対立が有る。すなわち、彼等聖パトリック大隊員を捕虜だったとする意見と、逆に反逆者あるいは脱走兵だったと主張する意見が対立している。前者を採った場合、スコット将軍の処刑は捕虜虐殺となり、重大な戦争犯罪にあたる。一方、後者を採用した場合、将軍の行為は正当で違法性は無いものとなる。なお、メキシコにおいて聖パトリック大隊は英雄であり、各地に多くの記念碑がある。

また、スティーブン・W・カーニー将軍とカリフォルニアへの行軍を共にしたモルモン大隊は、ソルトレイクシティモルモン教徒で構成された、アメリカ軍の歴史の中で唯一の「宗教の」部隊として知られる。彼らはユタ州へのモルモン教徒の移住を助けるために組織された。

アメリカ退役軍人協会からのデータによれば、米墨戦争に従軍した最後の生き残りオーエン・トマス・エドガー (Owen Thomas Edgar) は、1929年9月3日に98歳で死去した。

関連作品[編集]

ボードゲーム[編集]

  • Richard H.Berg 【Rough & Ready】,Strategy & Tactics No.212,Decision Games
  • Halls of MONTEZUMA,GMT Games

脚注[編集]

  1. ^ Ex. Doc. 36, 30th Cong., 1 Sess., "Report of the Secretary of War ... pp. 6-7
  2. ^ http://users.erols.com/mwhite28/wars19c.htm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]