中間選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中間選挙(ちゅうかんせんきょ、midterm election)とは、西暦偶数年の「選挙の日」 (Election Day、後述) に一般投票が行われるアメリカ合衆国の連邦議員その他の公職選挙のうち、4年ごとの大統領選挙と重複しない年に行われるものを指す。大統領職の一期(4年)のうち半期(2年)が経過した時点で行われるため、「中間選挙」と呼ばれる。

概要[編集]

上院議員のうちの3分の1、下院議員全員が改選となる。各の定めによるが、同時に、任期が満了した州知事の選挙、各自治体の公職に関する選挙、欠員が生じている非改選上院議員の補欠選挙なども行われることが通例である。

中間選挙は大統領選挙の年の選挙と同様に、「選挙の日」すなわち「11月第1月曜日の属する週の火曜日」に行われる。通常は11月第1火曜日になるが、当日が11月1日になる場合は11月8日に行われることになる。

中間選挙では政権運営についての批判を受ける大統領の与党が議席を減らすことが多い。近年において大統領の与党が両院で議席を増やした中間選挙は、9・11テロ翌年の2002年のみである。

過去の中間選挙[編集]

1994年中間選挙
民主党クリントン大統領の一期目の任期の途中に行われた中間選挙。下院においては、54議席が民主党から共和党に移り、40年間続いた民主党の下院多数党の地位を奪う結果となった。上院においては、民主党の8議席が共和党に移る結果となっている。
この選挙において共和党が大きく勢力を伸ばしたことにより、以後共和党が議会での多数党となった。この中間選挙以降、クリントン政権はその任期中、上下両院において少数派としての政権運営を行うこととなった。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 44 → 52、民主党 56 → 48
  • 下院 - 共和党 176 → 230、民主党 258 → 204、無所属 1 → 1
1998年中間選挙
勢力の変動
上院 - 共和党 55 → 55、民主党 45 → 45
下院 - 共和党 228 → 223、民主党 206 → 211、無所属 1 → 1
2002年中間選挙
共和党ブッシュ大統領の一期目の任期の途中に行われた中間選挙。共和党が上院で2議席、下院で8議席勢力を伸ばした。
勢力の変動
  • 上院 - 共和党 49 → 51、民主党 50 → 48、無所属 1 → 1
  • 下院 - 共和党 221 → 229、民主党 212 → 204、無所属 2 → 1
2006年中間選挙
共和党ブッシュ大統領の二期目の任期途中である2006年に行われた中間選挙。2006年11月7日に行われた。民主党が、上下両院での多数党に返り咲く結果となった。
  • 上院 - 共和党 55→49, 民主党 43→49, 無所属(民主系) 1→2 (非改選:共和党 40, 民主党 26, 無所属 1)
  • 下院 - 共和党 230→202, 民主党 201→233
  • 州知事 - 共和党 28→22, 民主党 22→28 (非改選:共和党 6, 民主党 8)
フロリダ選出の下院議員1名につき、州政府が共和党候補の当選を認めたことから共和党の議席数に加えてあるが、現在民主党候補が裁判所等で争っている議席がある。
2010年中間選挙

関連項目[編集]