ミシシッピ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシシッピ川
ミシシッピ川
セントルイス市付近
水系 ミシシッピ川
延長 5,971 km
水源の標高 450 m
平均流量 16,200 /s
流域面積 3,250,000 km²
水源 イタスカ湖
河口・合流先 メキシコ湾
流域 アメリカ合衆国(98.5%)
カナダ(1.5%)
※:支流ミズーリ川源流から河口までの数値
テンプレートを表示
ミシシッピ川

ミシシッピ川(Mississippi River)は、北アメリカ大陸を流れる河川の1つである。アメリカ合衆国ミネソタ州を源流とし、メキシコ湾へと注いでいる。全長は3779kmで、これはアメリカ合衆国内においては一番長い川である。かつては長らく世界最長の川と考えられていた。鉄道が敷かれるまでは、水運を担う重要な水路となっていた時期があり、蒸気船が航行する姿はアメリカ発展史における象徴的存在だった。

概略[編集]

主な支流にはモンタナ州を源流とするミズーリ川(アメリカ合衆国最長)やペンシルベニア州を源流とするオハイオ川などがある。ミズーリ川源流からミシシッピ川河口までの長さは5,971kmで、北アメリカ最大の水系をなす。ミズーリ川は治水のために多くのダムが建設されてダム湖により多くの蛇行がなくなり、500km以上も川の長さは短くなっている。その分ミシシッピ川全体の長さも短くなった。河口部にはミシシッピデルタと呼ばれており、鳥趾状三角州という独特な三角州となっていることで知られている。

「ミシシッピ」の名は、オジブワ族インディアン言語で「大きな川」という意味。オハイオ川との合流地点より北を上ミシシッピ、それより南の河口までを下ミシシッピと称している。かつては川に沿った地域はフランス領であったため、セントポールからニューオーリンズまでフランス人の築いた町が多く存在する。

流路[編集]

ヴィックスバーグにおけるミシシッピ川の流量(m³/s)
(1965年から1983年の平均データ)[1].

世界主要河川の比較
アマゾン川 ナイル川 ミシシッピ川 長江 ヴォルガ川 コンゴ川
長さ(km) 7,025 6,671 3,779 6,300 3,700 4,700
流域面積
(100万km²)
7,0 2,9 3,2 1,8 1,3 3,7
平均流量
(1000m³/s.)
209 23 18 32 8 41

ミネソタ州北部のイタスカ州立公園内にあるイタスカ湖に源を発する。ミネアポリス市街地にあるセント・アンソニー滝を経由し南へ流れる。セントルイスでミズーリ川、イリノイ川を合わせ、さらに下流のイリノイ州カイロオハイオ川を、アーカンソー州アーカンザス川をそれぞれ合わせる。下流にはルイジアナ州最大の都市であるニューオーリンズがあり、そこから約160km南東のミシシッピーデルタからメキシコ湾に注ぐ。

水源のイタスカ湖に降った雨が河口に達するまで約90日を要する。

流域の州[編集]

ミシシッピ川水系流域

五大湖周辺の河川を除くと、ミシシッピ川にはロッキー山脈アパラチア山脈の間のほとんどの河川が流れ込んでいる。ミシシッピ川本流はアメリカ合衆国中央部の以下の10州を流れている。

支流[編集]

下流より記載

水害[編集]

ミシシッピ川を舞台とした作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ GRDC - Mississippi Basin