テネシー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャタヌーガのジョン・ロス・ブリッジ(John Ross Bridge)
テネシー川流域

テネシー川(テネシーがわ、: Tennessee River)は、アメリカ合衆国中東部、アパラチア山脈を流れるで、オハイオ川最大の支流である。全長1,045km。流域面積は約10.6万km2で、7州にまたがる。

流路[編集]

テネシー州東部のノックスビルの東でホルストン川フレンチ・ブロード川が合流してテネシー川となり、南西方向に流れてアラバマ州北部に達し、西にながれたのち北に向かってふたたびテネシー州に入り、ケンタッキー州パデューカ(Paducah)付近でオハイオ川に合流する。

利水[編集]

この川はかつて洪水が頻繁に発生し、また水深の差も大きく河川交通には適していなかったが、1933年以来TVA(テネシー川流域開発公社)計画によって洪水防止、水力発電水運工業用水などの目的で、30か所をこえるダムを建設し、開発を進めていった。主要なダム湖にはアラバマ州のガンタースビル湖フィーラー湖、テネシー、ケンタッキー両州にまたがるケンタッキー湖(Kentucky Lake)がある。

関連項目[編集]