トム・ソーヤーの冒険 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界名作劇場
通番 題名 放映期間
第5作 赤毛のアン 1979年1月
~1979年12月
第6作 トム・ソーヤーの冒険 1980年1月
~1980年12月
第7作 家族ロビンソン漂流記
ふしぎな島のフローネ
1981年1月
~1981年12月

トム・ソーヤーの冒険』(トム・ソーヤーのぼうけん)は、フジテレビ系列の「世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は1980年1月6日から同年12月28日で全49話。

概要[編集]

原作はマーク・トウェイン同名小説The Adventures of Tom Sawyer)。

過去にNHKでは、内容が差別的などの理由により第43話-第45話は自主的に放送を自粛していた。BS名作アニメ劇場で放送された際にカットされてしまった。しかし現在ではNHKでもカットされていない。

2010年5月26日よりBS名作アニメ劇場で放送された映像は、HDリマスター版で放送されている為、画面対比が16:9のワイド放送に編集されて放送されている。(日本アニメーションはハイビジョン化する際には必ず画面対比を4:3のスタンダード放送から16:9のワイド放送に映像を編集している)

「赤毛のアン」第46話-第49話の次回予告で放送されたトム・ソーヤーの冒険の番組宣伝映像では、ナレーション富山敬が勤めている。

あらすじ[編集]

時代は19世紀半ばのアメリカミシシッピー川沿いの田舎町「セントピーターズバーグ」に住む少年トム・ソーヤーは、いたずらが大好きな男の子。親友のハックや仲間たちと森で野ブタを捕まえたり、川で海賊ごっこをしたり、気球に乗ったりと、毎日ワクワクするような冒険を繰り広げている。ある日、トムとハックは深夜の墓場で恐ろしいならず者のインジャン・ジョーが殺人を犯すのを目撃してしまう。インジャン・ジョーは無実のマフ・ポッターに罪を着せようとするが、二人はマフを救うため勇気を出して裁判所で真実を告げる。しかし、インジャン・ジョーは二人の証言のさなか裁判所から逃げ出してしまい、行方知れずとなってしまう。その後、幽霊屋敷に宝探しに出かけた二人は、インジャン・ジョーが莫大な財宝を運び出すところを目撃する。夏休みの終わり、洞窟探検に出かけたトムは、ベッキー・サッチャーと二人で道に迷ってしまい、洞窟に隠れていたインジャン・ジョーに捕まってしまうが、二人を探しにきた保安官に助けられる。そして、インジャン・ジョーが隠していた財宝をハックと二人で発見し、大金持ちになる。しかし、二人は相変わらずいたずらばかり繰り返し、今日も先生に怒られ、お尻を鞭で叩かれるのだった。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

トマス「トマ」ソーヤー
声 - 野沢雅子
主人公。両親を早くに亡くし、伯母のポリーに引き取られ、実の子同然に育てられてきた。性格は元気でやんちゃであり、また悪戯が好きで勉強は大嫌い。学校が終わると、暗くなるまで帰らないこともしばしば。いつもポリーやメアリーに手を焼かせているが、学校では人気者。
ハックルベリー「ハック」フィン
声 - 青木和代
トムの親友。母親を早くに亡くし、酒飲みの父親(声 - 上田敏也)の元を逃げ出して森の木の上に小屋を建てて、学校にも行かず気ままに暮らしている。街の大人からは「宿無しのハック」と呼ばれ嫌われているが、子供達はそんなハックの暮らしにあこがれている。
レベッカ「ベッキー」サッチャー
声 - 潘恵子
セントルイスから引っ越してきた地方判事の娘。トムの憧れの少女で、彼女の気を引こうとトムは苦労する。やがて二人は仲良くなり、"婚約"をするが、トムがクラスメイトのエミー・ローレンスとも"婚約"していたことを知り、激怒して長期間絶交する。将来の夢は女優になること。高所恐怖症。

トムの家族[編集]

シドニー「シッド」ソーヤー
声 - 白川澄子
トムの3つ下の弟。トムとは正反対の優等生で真面目な性格。しかし年齢に似合わず要領がよく小ずるいところがあり、世渡り上手。黒髪の刈り上げ頭で、眼鏡をかけている。
ポリー・ソーヤー
声 - 遠藤晴
ソーヤー兄弟(トムとシッド)の伯母。姓は不明。妹の没後、彼らを引き取って育てている。トムのいたずらの最大の被害者であり、トムには散々手を焼いている。
メアリー・ソーヤー
声 - 小沢かおる
ポリーの娘でトムやシッドの従姉。2人からは「メアリー姉さん」と呼ばれており、実の姉弟のような関係。しっかりもので優しい性格。看護師を目指しており、ミッチェル先生を手伝うこともある。村一番の美人であるらしい。
ジム・ホリス
声 - 西川幾雄
ポリーの家の黒人奴隷。ポリーからは親切にされており、過酷な労働を強いられているわけではないため、使用人に近い。トムたちとも仲が良く、「坊ちゃん」とかわいがっている。
ピーター
ポリー家で飼われている猫。夜中にハックが(猫の声真似で)トムを呼び出すときに釣られて出てくる。

学校[編集]

ベンジャミン「ベン」ロジャース
声 - 東美江峰あつ子
トムの友人の1人。雑貨屋の息子。少し肥満気味。
ジョセフ「ジョー」ハーパー
声 - 井上和彦
トムの友人の1人。
ジェフリー「ジェッフ」サッチャー
声 - 中谷ゆみ
トムのクラスメイト。ベッキーの従兄弟。トムやジョー達とは異なって優等生風の少年。それ故にトムとはあまり馬が合わないのだが、ある一件ではトムに快く協力した。
アルフレッド・テンプル
声 - 菅谷政子
トムのクラスメイト。セントルイスからやってきた転校生で裕福な身の上でインテリ風。基本的にトムとは馬が合わない一人だが、ある一件ではやはりトムに快く協力した。
チャーリー・ドナヒュー
声 - 松岡洋子
トムのクラスメイト。かなり陰湿な性格であり、トムとは険悪。しかし、そんな彼でもある一件においてはトムに協力した。
エミー・ローレンス
声 - 黒須薫
トムのクラスメイト。ベッキーの前のトムの彼女(婚約風の儀式は行った)。家はパン屋。
ドビンズ先生
声 - 永井一郎
トムの先生。短気で児童からの人望は薄い。体罰用の鞭を持っており、トムがよくこれで叩かれる。医者になる為、教師の仕事をしながら試験の勉強を続けている。何かあると、すぐ自習にし自分の勉強をする。実はカツラ。ある一件の後、教職を去る事に。
ナタリー・ローズ先生
声 - 江川菜子
ドビンズ先生の後任。彼とは対照的に優しい感じの人だがやはり本人も鞭を持っており、怠け者には厳しい先生でもある。最終回に登場しトムとハックに鞭10回ずつの罰を与えるシーンで番組は完結。最終回タイトルはこのシーンを示唆したもの。

その他[編集]

ジョン・ロジャース
声 - 緒方賢一
ベン(ベンジャミン・ロジャース)の父親。
ミッチェル先生
声 - 二見忠男
村の医者で大酒飲み。村に新しくロビンソンという若く腕利きの医者が来た為、殆ど患者が来なくなってしまうが、ポリーおばさんだけは信頼している。ミッチェル先生が最終回で読んでいる新聞記事のフロント・ページはジョン・レノンの射殺を報じる記事である(1980年12月9日付け)。
マフ・ポッター
声 - 峰恵研
村に住むおじさん。気の良い性格。いつも酒を飲んで酔っ払っているので大人からは嫌われているが、トムとハックとは仲が良い。おじいさんは海賊で、莫大な宝を村に隠したらしい。
インジャン・ジョー
声 - 蟹江栄司内海賢二(第38話より)
村に住むならず者。大人も子供も村中の人間が彼を恐れている。過去に人を殺したことがあるらしい。
リゼット・ジャン
声 - 三輪勝恵(第26話 - 第30話)
村にやってきた旅芝居一座 二代目デビット・ガリック一座の子役。子供向けに上演される昼の部の芝居「さすらいの少女リゼット」では主役を演じる。大人びた美少女で、ハックやシッドは熱を上げる。自分と似た境遇のハックと心を通わせる。
ハックの父
声 - 上田敏也
初登場は30話。ハックの父親で自分の仕事を手伝わせる為にセントピーターズバーグにハックを迎えにきたが結局見つけられず諦めて帰っていった。
コリンズ保安官
声 - 鈴木泰明
セントピーターズバーグの保安官として働いている。
パット
声 - 古川登志夫
セントピーターズバーグのコリンズ保安官の下で保安官助手として働いている。
ロビンソン
声 - 筈見順
セントピーターズバーグの村に新しくやって来た腕利きの医者。
サリー・サイラス
声 - 川路夏子
ポリーおばさんの亡くなった御主人のお姉さん。アーカンソー州で農場を経営している。
ベニー・サイラス
声 - 松尾佳子
サリーおばさんの娘。

スタッフ[編集]

  • 製作 - 本橋浩一
  • キャラクターデザイン - 関修一
  • 色指定・仕上検査 - 宇野薫
  • 場面設定・レイアウト - 坂巻貞彦
  • 美術監督 - 阿部泰三郎
  • 美術助手 - 松平聡
  • 背景 - スタジオアクア・スタジオSF・小林プロダクション
  • 彩色 - スタジオロビン・アートワークショップ
  • 撮影監督 - 黒木敬七
  • 撮影 - トランスアーツ
  • 音楽 - 服部克久
  • 録音監督 - 浦上靖夫
  • 編集 - 瀬山武司
  • プロデューサー - 松土隆二
  • 演出助手 - 鈴木孝義・馬場健一・腰繁男・稲見邦宏
  • 演出(監督) - 斎藤博
  • 制作 - 日本アニメーション・フジテレビ

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「誰よりも遠くへ」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - 日下まろん

エンディングテーマ[編集]

「ぼくのミシシッピー」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - 日下まろん

※作品舞台がニューオーリンズに近いため、オープニングテーマや挿入音楽はジャズの影響を受けたものが多い(ルイ・アームストロングの「ハロー、ドーリー!」のメロディが取り入れられたものもある)。また、オープニングテーマ・エンディングテーマは挿入歌としても使われることが多かった。

挿入歌[編集]

「地獄のジョー」
作詞 - 御所まさと / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - 若子内悦郎
「恋するベッキー」
作詞 - 田中のぶ / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - 潘恵子
「行こうぜ兄弟!」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - 日下まろん
「ぐうたらマン・ハック」
作詞 - 田中のぶ / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - 日下まろん

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 作画監督
第1話 1980年
1月6日
トムとハックとブタ騒動 加藤盟 竹田のびる こさこ吉重
第2話 1月13日 ごきげんなペンキ塗り 清瀬武 こさこ吉重
関修一
後上義隆
第3話 1月20日 トム一目ぼれをする 神山征二郎 こさこ吉重
第4話 1月27日 サムじいさんのおまじない
第5話 2月3日 恋は異なもの味なもの 腰繁男 高野登
第6話 2月10日 ハックの家づくり 竹田のびる こさこ吉重
第7話 2月17日 ライバル登場 富田義朗 馬場健一
第8話 2月24日 あこがれの蒸気船 磯見忠彦 鈴木孝義 高野登
第9話 3月2日 ポリーおばさんの子供たち 宮崎晃 横田和善 こさこ吉重
桜井美知代
第10話 3月9日 村の嫌われ者 腰繁男 こさこ吉重
後上義隆
第11話 3月16日 海賊の宝 馬場健一 こさこ吉重
第12話 3月23日 ベッキー・サッチャー怒る 鈴木孝義 高野登
第13話 3月30日 海賊になるんだ 横田和善 こさこ吉重
第14話 4月6日 海賊には学校はない 腰繁男 桜井美知代
後上義隆
第15話 4月13日 冒険・冒険また冒険 横田和善 こさこ吉重
第16話 4月20日 トム・ソーヤーの葬式 馬場健一 高野登
第17話 4月27日 運の悪い日 竹田のびる 杉野昭夫
第18話 5月4日 痛い仲直り 鈴木孝義 こさこ吉重
第19話 5月11日 蛙の戦い 横田和善 桜井美知代
後上義隆
第20話 5月18日 ドビンズ先生の秘密 腰繁男 こさこ吉重
第21話 5月25日 夏休みの始まり 鈴木孝義 高野登
第22話 6月1日 病気にならない薬 竹田のびる 後上義隆
第23話 6月15日 ナマズ釣りの日 横田和善 こさこ吉重
第24話 6月22日 ネクタイをしたハック 太田省吾
宮崎晃
腰繁男 こさこ吉重
桜井美知代
第25話 6月29日 意地っぱり野郎 宮崎晃 竹田のびる 高野登
第26話 7月6日 子役のリゼット 太田省吾
宮崎晃
馬場健一 こさこ吉重
第27話 7月20日 お芝居の始まるまで 鈴木孝義 桜井美知代
第28話 7月27日 リゼットを助けろ! 横田和善 こさこ吉重
第29話 8月3日 突然のさようなら 腰繁男 高野登
第30話 8月10日 ハックの父親 宮崎晃 馬場健一 こさこ吉重
第31話 8月17日 数を数えろ 太田省吾
宮崎晃
鈴木孝義 桜井美知代
第32話 8月24日 黄金を見つけた! 宮崎晃 腰繁男 こさこ吉重
第33話 9月7日 自由に向かって逃げろ 太田省吾
宮崎晃
横田和善 高野登
第34話 9月14日 天から降ってきた男 宮崎晃 竹田のびる こさこ吉重
第35話 9月21日 空を飛びたい 鈴木孝義 後上義隆
第36話 9月28日 気球を直そう 横田和善 こさこ吉重
桜井美知代
第37話 10月5日 空からの眺め 竹田のびる 高野登
第38話 10月12日 おそろしい出来事 腰繁男 こさこ吉重
第39話 10月19日 良心の痛み 鈴木孝義 後上義隆
第40話 10月26日 マフ・ポッターの裁判 横田和善 こさこ吉重
桜井美知代
第41話 11月2日 インジャン・ジョーの行方 竹田のびる 高野登
第42話 11月9日 楽しい船の旅 腰繁男 こさこ吉重
第43話 11月16日 白い馬を見た 鈴木孝義 後上義隆
第44話 11月23日 稲妻をつかまえろ 竹田のびる こさこ吉重
桜井美知代
第45話 11月30日 さらば白馬よ 腰繁男 高野登
第46話 12月7日 化物屋敷で 横田和善 こさこ吉重
第47話 12月14日 マクドウガルの洞窟 鈴木孝義 後上義隆
第48話 12月21日 インジャン・ジョーの最後 竹田のびる こさこ吉重
第49話 12月28日 格好のわるい終りかた

映像ソフト化 [編集]

  • 本編のDVDは1999年8月25日~同年11月25日発売。全12巻。
    • 2011年3月25日に全話一括収録された「トム・ソーヤーの冒険 DVDメモリアルボックス」が発売された。

関連項目[編集]

  • Mobage - 2011年09月よりフィーチャフォン版「Mobage」で『トム・ソーヤーの冒険 インジャン・ジョーの逆襲』を提供した。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 世界名作劇場
前番組 番組名 次番組
赤毛のアン
(1979年1月7日 - 12月30日)
トム・ソーヤーの冒険
(1980年1月6日 - 12月28日)