ケンタッキーの我が家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケンタッキーの我が家(英:My Old Kentucky Home)はスティーブン・フォスターの作詞・作曲による歌曲で、アメリカ合衆国ケンタッキー州州歌として採用されている。

概要[編集]

ケンタッキーの我が家は、1852年スティーブン・フォスター(Stephen Foster)によって作詞・作曲され、1853年に出版された。1928年3月19日には公式州歌としてケンタッキー州議会により採用される。 州北部の町バーズタウンにあるフォスターの従兄弟で法律家のジョン・ローアンの家が、この「我が家」のモデルといわれる。しかし、フォスターがその時期に彼の家を訪ねたという証拠がなく、これを疑問視する声もある。「ケンタッキー」の名称の採用は「故郷の人々(スワニー河)」と同様に語呂の良さで選んだのではないかとする説もある。オリジナルの歌詞では奴隷プランテーションの描写を含んでいたため、1986年に歌詞の一節が州議会によって変更された。1852年には、黒人奴隷問題に大きな影響を与えた「アンクル・トムの小屋(Uncle Tom’s Cabin)」が出版されており、作曲の動機になったのではないかとの説も有力である。

この曲は、ケンタッキーダービーの際に毎年伝統的に、ルイビル大学マーチングバンドの演奏に合わせて歌われる。1982年からはスティーブンフォスターハンデキャップという競馬の競走が行われている。

歌詞[編集]

原詞[編集]

The sun shines bright in the old Kentucky home,
Tis summer, the people* are gay;
The corn-top's ripe and the meadow's in the bloom
While the birds make music all the day.

The young folks roll on the little cabin floor
All merry, all happy and bright;
By'n by hard times comes a knocking at the door
Then my old Kentucky home, Good-night!

Weep no more my lady. Oh! Weep no more today!
We will sing one song for my old Kentucky home
For the old Kentucky home, far away.

* 元の歌詞では「darkies」

訳詞[編集]

懐かしいケンタッキーの家は日差しで明るく輝いている
夏の日、人々は皆、楽しそうにしている
トウモロコシの穂先は熟して、牧草地には花が咲いている
鳥達は一日中音楽を奏で
子供達は小屋の床を楽しそうに転げ回る
全ては幸福で輝いていた
やがて厳しい時代が来てドアを叩く
懐かしいケンタッキーの我が家、おやすみなさい!
これ以上泣かないで、私のお嬢さん
おお、今日はもうそれ以上泣かないで
私たちは懐かしいケンタッキーの我が家の為に歌を一曲歌う
遠くへ行ってしまった懐かしいケンタッキーの我が家の為に

日本語版[編集]

著作権保護のため、本項には記載しないが、日本語版も存在する。この日本語版は、緒園凉子が作詞し、藤山一郎が歌ったことがある(1954年の「第5回NHK紅白歌合戦」でも歌われた)。(津川主一が作詞したものも存在する。)

関連項目[編集]

外部[編集]