アルプスの少女ハイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルプスの少女ハイジ
Heidi Titel.jpg
著者 ヨハンナ・シュピリ
発行日 1880
ジャンル 児童文学
スイス
言語 ドイツ語
形態 ハードカバーペーパーバック
次作 Heidi Grows Up(1938) 『それからのハイジ』
テンプレートを表示

アルプスの少女ハイジ』(アルプスのしょうじょハイジ、Heidi)は、スイスの作家ヨハンナ・シュピリ(又はスピリ)の児童文学作品である。1880年から1881年に執筆された。原題は『Heidis Lehr- und Wanderjahre』(ハイジの修行時代と遍歴時代)及び『Heidi kann brauchen, was es gelernt hat』(ハイジは習ったことを使うことができる)という。

ドイツの文豪ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』及び続編の『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』からその着想を採られたもので、教養小説(成長小説)としての色彩を持ったものである。キリスト教信仰に基づく描写が多く見られる。作者も属するドイツ語圏スイスの山村が舞台となっており、後半にはゲーテの生地でもあるフランクフルトに舞台が移る。

日本語訳[編集]

日本語訳の版本は過去様々なタイトルで100種類以上出版された。以下はその一部(抄訳も含む)。

映像化作品[編集]

アニメ[編集]

テレビシリーズとしては、ズイヨー映像の作品が有名だが、アニメ作品はほかにもいくつか存在する。以下はその一部である。

実写[編集]

他の作者による「ハイジ」の続編[編集]

ヨハンナ・シュピリ自身は、「アルプスの少女ハイジ」の続編などは執筆していないが、他の作者による続編が公開されている。いずれも公式な作品というわけではなく、作者が異なれば、続編間の関連性も無い。

  • シャルル・トリッテン『それからのハイジ』(各務三郎 訳 ブッキング 2003年8月)
    ハイジは、クララの勧めによってローザンヌの寄宿学校へ入学する。卒業したハイジはアルプスに戻り学校の先生となる。
  • シャルル・トリッテン『ハイジのこどもたち』(各務三郎 訳 ブッキング 2003年8月)
    『それからのハイジ』の続編。ハイジとペーターは結婚してアルムの村で暮らしていた。ローザンヌの寄宿学校時代の親友の妹マルタは、祖母を亡くしたおりに心を閉ざしていた。ハイジはマルタを引き取って育てる。やがて、マルタも次第に心を開いていく。
  • フレッド・ブローガー&マーク・ブローガー『ハイジの青春 アルプスを越えて』(堀内静子 訳 早川書房 1990年8月)
    ("Courage Mountain"として映画化(邦題『チャーリー・シーンのアルプスを越えて』))
    14歳になったハイジは、アルプスを離れ、イタリアの寄宿学校へ行く。しかし、戦争が始まり寄宿学校は軍に接収され、ハイジたちは工場で酷使される。ハイジたちは脱走し、アルプスへと向かう。
  • 石川淳「アルプスの少女」(『おとしばなし集』所収 集英社 1952年11月)
    『戦後短篇小説再発見〈10〉表現の冒険』(講談社文芸文庫 2002年3月)に再録
    戦争が起こり、ペーターは兵士となる。平和が戻ったとき、ペーターとクララは再会しアルムに向かう。

酷似が指摘される作品[編集]

2010年、ドイツの文学研究者ペーター・ビュトナー(Peter Büttner)により、この作品が1830年にドイツの作家、ヘルマン・アーダム・フォン・カンプが発表した作品「アルプス山地の少女アデライーデ(Adelaide - das Mädchen vom Alpengebirge)」に酷似していることが指摘され、本作の下敷きとなった可能性が高いとした。この指摘にはスイスの新聞が「ハイジは盗作だった」と報じるなど波紋を広げた。ビュトナー自身は「私は盗作とは言わない。シェークスピアやゲーテも同じことをやっている」と話している[7][8][9]

脚注[編集]

  1. ^ 「初公開!パイロット・フィルム いま見せる作品に賭けた熱き胸」『アニメージュ』1981年12月号、徳間書店
  2. ^ リスト制作委員会『アニメージュ アニメポケットデータ2000』徳間書店、2000年、p.122
  3. ^ 『アニメポケットデータ2000』p.102
  4. ^ "Heidi" (1974) TV mini-series Internet Movie Database
  5. ^ 増山久明編著 『NHK少年ドラマシリーズのすべて』アスキー、2001年、p.104
  6. ^ Heidi (TV 1993) Internet Movie Database
  7. ^ “「アルプスの少女ハイジ」に盗作?疑惑”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年4月13日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100413-OYT1T00477.htm 2010年4月13日閲覧。 
  8. ^ “ハイジ:盗作だった? 愛称や筋書き、出版50年前の作品酷似 独の研究者指摘”. 毎日.jp (共同通信社). (2010年4月13日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100413dde041040025000c.html 2010年4月14日閲覧。 
  9. ^ “Ur-Heidi aus dem Ruhrpott Ist Johanna Spyris Alpengeschichte geklaut?”. 3sat.online (3sat). (2010年4月7日). http://www.3sat.de/dynamic/sitegen/bin/sitegen.php?tab=2&source=/kulturzeit/themen/143450/index.html 2010年4月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]