いわさきちひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いわさきちひろ
生誕 1918年12月15日
日本福井県武生市
死没 1974年8月8日(満55歳没)
職業 画家絵本作家
配偶者 松本善明
テンプレートを表示

いわさきちひろ(本名松本知弘(まつもと・ちひろ、旧姓岩崎)1918年12月15日 - 1974年8月8日、女性)は、こどもの水彩画に代表される福井県武生市(現在の越前市)生まれの日本画家絵本作家である。左利き。 つねに「子どもの幸せと平和」をテーマとした[1]

初期作品には、岩崎ちひろ岩崎千尋イワサキチヒロ名義で発表されたものが存在する。夫は日本共産党国会議員松本善明。孫は絵本作家の松本春野

人物[編集]

終戦まで[編集]

1918年、雪の降る師走の朝にちひろは三姉妹の長女として生まれた。岩崎家は当時としては非常に恵まれた家庭であり、ラジオ蓄音機オルガンなどのモダンな品々があった。父・正勝はカメラも所有しており、当時の写真が数多く残っている。こども向けの本も多くあったが、それらはちひろの気に入るものではなかった。ある時隣の家で絵雑誌「コドモノクニ」を見かけ、当時人気のあった岡本帰一武井武雄初山滋らの絵に強く心を惹かれた。ちひろは幼少から絵を描くのが得意で、小学校の学芸会ではたびたび席画(舞台上で即興で絵を描くこと)を行うほどだった。

ちひろの入学した東京府立第六高等女学校(現在の東京都立三田高等学校)は、生徒の個性を重んじ、試験もなく、成績表も希望者に配布されるのみだったという。ここでもちひろは絵がうまいと評判だった。その一方で運動神経にも優れ、スキー水泳登山などをこなした。距離を選択することのできる適応遠足では最長のコースを歩くのが常だった。

女学校二年(14歳)の三学期、母・文江はちひろの絵の才能をみとめ、岡田三郎助の門をたたいた。ちひろはそこでデッサン油絵を学び、朱葉会の展覧会で入賞を果たした。ちひろは女学校を卒業したのち、岡田の教えていた美術学校に進むことを望んだが、両親の反対にあって第六高女補習科に進んだ。18歳になるとコロンビア洋裁学院に入学し、その一方で小田周洋に師事して藤原行成流のを習い始めた。ここでもちひろはその才能を発揮し、小田の代理として教えることもあったという。

1939年(20歳)4月、三人姉妹の長女だったちひろは両親の薦めを断り切れずに婿養子を迎えることになった。相手の青年はちひろに好意をもっていたものの、ちひろのほうではどうしても好きになれなず形だけの結婚であった。6月にはいやいやながら夫の勤務地である満州大連に渡ったが、翌年、夫の拳銃自殺という不幸な結果により帰国することになった。ちひろは二度と結婚するまいと心に決める。帰国したちひろは中谷泰に師事し、再び油絵を学び始めた。再度習い始めた書の師、小田周洋は絵ではむりでも書であれば自立できると励まされて書家をめざした。

1944年(25歳)には女子開拓団に同行して再び満州・勃利に渡るが、戦況悪化のため同年帰国した。翌年には5月25日の空襲東京中野の家を焼かれ、母の実家である長野県松本市に疎開し、ここで終戦を迎えた。ちひろはこの時初めて戦争の実態を知り、自分の無知を痛感する。終戦の翌日から約一か月間の間にここで書かれた日記『草穂』が現在も残っている。「国破れて山河有り」(杜甫)と記されたスケッチから始まるこの日記には、こうした戦争に対する苦悩に加え、数々のスケッチや自画像武者小路実篤の小説『幸福者』からの抜粋や、「いまは熱病のよう」とまで書かれた宮沢賢治への思いなどが綴られている。

善明との出会いと画家活動[編集]

1946年(27歳)1月、宮沢賢治ヒューマニズム思想に強い共感を抱いていたちひろは、戦前、戦中期から一貫して戦争反対を貫いてきた日本共産党の演説に深く感銘し、勉強会に参加したのち入党した。5月には党宣伝部の芸術学校(後の日本美術会付属日本民主主義美術研究所、通称「民美」)で学ぶため、両親に相談することなく上京した。

東京では人民新聞社の記者として働き、また丸木俊に師事してデッサンを学んだ。この頃から数々の絵の仕事を手がけるようになり、紙芝居『お母さんの話』(1949年)をきっかけに画家として自立する決心をした。

画家としての多忙な日々を送っていたちひろだが、1949年(30歳)の夏、党支部会議で演説する青年松本善明と出会う。彼らは党員として顔を合わせるうちに好意を抱くようになり、ある時ちひろが言った何気ない言葉から、二人は結婚する決心をした。翌1950年1月21日レーニンの命日を選び、彼らは二人きりのつつましい結婚式を挙げた。ちひろは31歳、善明は23歳であった。

結婚にあたって二人が交わした誓約書が残っている。そこには、日本共産党員としての熱い情熱と、お互いの立場、特に画家として生きようとするちひろの立場を尊重しようとする姿勢とが記されている。

1950年、善明はちひろと相談の上で弁護士を目指し、ちひろは絵を描いて生活を支えた。1951年4月、ちひろは長男・松本猛を出産するが狭い借間で赤ん坊を抱えて画家の仕事を続けることは困難であった。6月、二人はやむを得ず信州松川村に開拓農民として移住していたちひろの両親のもとに猛を預けることにした。ちひろは猛に会いたさに片道10時間近くかけて信州に通った。猛を預けてからも、当然ながら猛に与えるはずの乳は毎日張る。初めのうちは自ら絞って捨てていたが、実際に赤ん坊に与えなければ出なくなってしまうのではないか、猛に会って授乳する時に充分出なくなってしまうのではないか、と懸念したちひろは、当時近所に住んでいた子どもが生まれたばかりの夫婦に頼み、授乳させて貰ったという(その乳飲み子は三宅裕司)。

善明は、1951年に司法試験に合格し、1952年4月に司法修習生となる。ちょうどそのころ、練馬区下石神井の妹・世史子一家の隣に家を建て、ようやく親子そろった生活を送ることができるようになった。善明は1954年4月に弁護士の仕事を始めて自由法曹団に入り、弁護士として近江絹糸争議メーデー事件松川事件等にかかわり、ちひろは夫を背後から支えた。

善明によれば、まだ司法修習生だった1954年、自宅に泥棒が入って私信を盗まれたり、執拗な尾行を受けたり、お手伝いとして住み込みで働いていた若い女性が外出中に誘拐され、ちひろの家族のことを事細かに聞かれたが隙を見て逃げ出したと語る出来事などがあり、一連の出来事を陰湿なスパイ事件であったがちひろは沈着冷静に対処していたと回顧している[2][3]

1963年、善明は日本共産党から衆議院議員(東京4区)に立候補し落選したものの、1967年に初当選。ちひろは画家、1児の母、老親の世話、大所帯の主婦としての活動と並行して国会議員の妻として忙しい日を送ることになる[4]

童画家活動[編集]

1940年代から50年代にかけてのちひろは油彩画も多く手がけており、仕事は広告ポスター雑誌、教科書のカット表紙絵などが主だった。1952年ごろに始まるヒゲタ醤油の広告の絵は、ほとんど制約をつけずちひろに自由に筆をふるわせてくれる貴重な仕事で、1954年には朝日広告準グランプリを受賞。ヒゲタの挿絵はちひろが童画家として著名になってからもおよそ20年間つづいた[5]。1956年、福音館書店の月刊絵本シリーズこどものとも12号で小林純一の詩に挿絵をつけて『ひとりでできるよ』を制作。これが初めての絵本となった。こどものともでは同じく小林の文で『みんなでしようよ』も。

この頃ちひろの絵には少女趣味だ、かわいらしすぎる、もっとリアルな民衆の子どもの姿を描くべきなどの批判があり、ちひろ自身もそのことに悩んでいた。1963年(44歳)、雑誌「子どものしあわせ」の表紙絵を担当することになったことがその後の作品に大きく影響を与える。「子どもを題材にしていればどのように描いてもいい」という依頼に、ちひろはこれまでの迷いを捨て、自分の感性に素直に描いていく決意をした。1962年の作品『子ども』を最後に油彩画をやめ、以降はもっぱら水彩画に専念することにした。1964年、日本共産党の内紛でちひろ夫婦と交流の深かった丸木夫妻が党を除名されたころを境に、丸木俊の影響から抜け出し、独自の画風を追い始める。「子どものしあわせ」はちひろにとって実験の場でもあり、そこで培った技法は絵本などの作品にも多く取り入れられている。当初は二色もしくは三色刷りだったが、1969年にカラー印刷になると、ちひろの代表作となるものがこの雑誌で多く描かれるようになった。この仕事は1974年に55歳で亡くなるまで続けられ、ちひろのライフワークともいえるものであった。

ちひろはハンス・クリスチャン・アンデルセンに深い思い入れをもっており、画家として自立するきっかけとなった紙芝居『お母さんの話』をはじめ、当初から多くの作品を手がけていた。1963年(44歳)6月に世界婦人会議の日本代表団として渡ったソビエト連邦では異国の風景を数多くスケッチし、アンデルセンへの思いを新たにした。さらに1966年(47歳)、アンデルセンの生まれ育ったオーデンセを訪れたいとの思いを募らせていたちひろは、「美術家のヨーロッパ気まま旅行」に母・文江とともに参加し、その念願を果たした。この時ちひろはアンデルセンの生家を訪れ、ヨーロッパ各地で大量のスケッチを残した。二度の海外旅行で得た経験は同年に出版された『絵のない絵本』に生かされた。

1966年、赤羽末吉の誘いでまだ開発の進んでいなかった黒姫高原に土地を購入し山荘を建てて、毎年訪れてはここのアトリエで絵本の制作を行うようになる[6]

当時の日本では、絵本というものはが主体であり、はあくまで従、文章あってのものにすぎないと考えられていた。至光社武市八十雄欧米絵本作家からそうした苦言を受け、ちひろに声をかけた。二人はこうして新しい絵本、「絵で展開する絵本」の制作に取り組んだ。そして1968年『あめのひのおるすばん』が出版されると、それ以降ほぼ毎年のように新しい絵本を制作した。中でも1972年の『ことりのくるひ』はボローニャ国際児童図書展でグラフィック賞を受賞した。

また当時、挿絵画家の絵は美術作品としてほとんど認められず、絵本の原画も美術館での展示などは考えられない時代であった[7]。挿絵画家の著作権は顧みられず、作品は出版社が「買い切り」という形で自由にすることが一般であったが、ちひろは教科書執筆画家連盟、日本児童出版美術家連盟にかかわり自分の絵だけでなく、絵本画家の著作権を守るための活動を積極的に展開した[8][9]

ちひろは「子どもの幸せと平和」を願い、原爆やベトナム戦争の中で傷つき死んでいった子どもたちに心を寄せていた。1967年『わたしがちいさかったときに』は稲庭桂子の勧めで、作文集『原爆の子』(岩波書店版 長田新編)と詩集『原子雲の下より』(青木書店版)から抜粋した文にちひろが絵を描いて出版されたもの[10]1972年童画ぐるーぷ車の展覧会に「こども」と題した3枚のタブローを出品。これがきっかけとなって制作された、ベトナム戦争の中での子どもたちを描いた1973年の『戦火のなかの子どもたち』がちひろ最後の絵本となった。 1973年秋、肝臓癌が見つかる。1974年8月8日原発性肝臓癌のため死去。

没後[編集]

ちひろの没後も、ちひろの挿絵は様々な場面で用いられた。そのひとつに1981年の窓ぎわのトットちゃん黒柳徹子著、講談社)がある。

夫の善明と一人息子の猛はちひろの足跡を残すために、1977年9月、下石神井の自宅跡地にちひろの個人美術館としていわさきちひろ絵本美術館を開館。1980年には、岩崎書店より『いわさきちひろ作品集』全7巻が出版された。上笙一郎によれば、個人美術館開設と個人全集刊行は「日本の童画家として初めてのこと」であった[11]。 やがて、ちひろ美術館はちひろの作品の収集展示という個人美術館の枠を超え、「絵本の美術の一ジャンルとして正当に評価し、絵本原画の散逸を防いで、後世に残していくこと[12]」に目的をひろげて活動を展開。絵本原画を残す活動に共鳴する作家らの協力もあって、作品の収集が進み下石神井のちひろ美術館は手狭になっていった。1997年4月、長野県北安曇郡松川村に広い公園を併設した安曇野ちひろ美術館が開館する。

年譜[編集]

主要作品一覧[編集]

絵本(絵)[編集]

絵本(絵・文)[編集]

童話等挿絵[編集]

紙芝居[編集]

  • 1949年 おかあさんのはなし 稲庭桂子・文 教育紙芝居研究所
  • 1954年 雪の女王 稲庭桂子・文 童心社
  • 1956年 のみのかわでつくった王さまの長ぐつ 高橋五山・文 童心社
  • 1958年 お月さまいくつ 稲庭桂子・文 童心社
  • 1960年 人魚ひめ 稲庭桂子・文 童心社

作品集[編集]

  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 1 素描の世界』 岩崎書店
  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 2 ソビエトの旅・日本の旅-スケッチ集 1』 岩崎書店
  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 3 ヨーロッパの旅・ハワイの旅-スケッチ集 2』 岩崎書店
  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 4 にじいろの童画集-初期童画集』 岩崎書店
  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 5 むらさきいろの童画集-中期童画集』 岩崎書店
  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 6 ぎんいろの童画集-晩期童画集』 岩崎書店
  • 1980年 『いわさきちひろ作品集 7 詩・エッセイ・日記ほか』 岩崎書店

受賞歴[編集]

童画ぐるーぷ車[編集]

童画ぐるーぷ車いわさきちひろが参加していた児童画の同人集団。1964年結成。メンバーはちひろのほか、安泰遠藤てるよ久米宏一滝平二郎東本つね箕田源二郎ら。毎年、展覧会を開いていた[13]

脚注[編集]

  1. ^ 松本善明『ちひろー絵に秘められたもの』新日本出版社 2007年 166頁
  2. ^ 松本善明・文、いわさきちひろ・絵『二人で歩んだ日々ー思い出のちひろ』新日本出版社 1988年
  3. ^ 松本善明『ちひろー絵に秘められたもの』新日本出版社 2007年
  4. ^ 松本善明『ちひろー絵に秘められたもの』新日本出版社 2007年
  5. ^ 別冊太陽 51頁
  6. ^ 松本猛「黒姫山荘」『ちひろのアトリエ』新日本出版社 2004年
  7. ^ 別冊太陽「ちひろ美術館コレクション ちひろと世界の絵本画家たち』講談社 2000年
  8. ^ ちひろ美術館監修 別冊太陽「いわさきちひろ 子どもの心を見つめた画家」2007年4月 50頁
  9. ^ 松本善明『ちひろー絵に秘められたもの』新日本出版社 2007年 141頁
  10. ^ 『愛の絵筆』214頁
  11. ^ 『日本の童画家たち』137頁
  12. ^ 『僕が安曇野ちひろ美術館をつくったわけ』146頁
  13. ^ 『愛の絵筆』220頁

参考文献[編集]

  • いわさきちひろ『ラブレター』講談社 2004年
  • ちひろ美術館監修『いわさきちひろ:子どもの心を見つめた画家(別冊太陽)』平凡社2007年ISBN 978-4-582-94505-8)。
  • 松本善明・文、いわさきちひろ・絵『二人で歩んだ日々ー思い出のちひろ』新日本出版社 1988年
  • 松本猛・文、いわさきちひろ・絵『ちひろのアトリエ』新日本出版社 2004年
  • 松本善明『ちひろー絵に秘められたもの』新日本出版社 2007年
  • 松本猛『僕が安曇野ちひろ美術館をつくったわけ』講談社 2002年
  • 松本由理子『いわさきちひろの願ったこと』岩波ブックレットNo.374 岩波書店 1995年
  • 安曇野ちひろ美術館編 松本猛監修『ゆかりの地を訪ねる旅 ちひろの信州(改訂版)』郷土出版社 2005年
  • 滝いく子『ちひろ 愛の絵筆 いわさき ちひろの生涯』労働旬報社 1983年
  • 上笙一郎『日本の童画家たち』くもん出版 1994年 のち平凡社ライブラリー
  • 小西正保『絵本と画家との出会い』日本エディタースクール 1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]