鶴の恩返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鶴の恩返し(つるのおんがえし)は、日本の民話。動物報恩譚の一つ。

概要[編集]

一般に「翁が罠にかかったを助け、その鶴が人間の女性に姿を変えて翁とその妻にを返す」という筋立てが知られているが、類似する話は日本全国で報告されており、文献・伝承によって細部で差違が見られる。

  • 鶴を助けた人物が翁ではなく若者である。
  • その若者と人間に化けた鶴が世帯を持つ異類婚姻譚である。この類型は「鶴女房」として知られる。
  • 老夫婦ではなくて、老爺の一人暮らしであった。
  • 鶴は買ってきた糸でなく、自分の羽毛で機を織り、そのせいで日に日に痩せ細る娘を見かね、怪訝に思った翁が、機織りの部屋を覗く

一説には唐代のものとされる「鶴氅裒(かくしょうほう)」の寓話が原型であるという[1]

古今東西に広く見られる「見るなのタブー」をモティーフとした物語の一つでもある。

物語[編集]

昔々、ある所に老夫婦が住んでいた。ある冬の雪の日、老爺が町に薪を売りに出かけると、罠にかかった一羽の鶴を見つける。かわいそうに思った彼は、鶴を罠から逃がしてやった。激しく雪が降り積もるその夜、美しい娘が夫婦の家へやってきた。親に死に別れ、会った事もない親類を頼って行く途中、道に迷ったので一晩泊めて欲しいと言う娘を、夫婦は快く家に入れてやる。次の日も、また次の日も雪はなかなか止まず、娘は老夫婦の家に留まっていた。その間、娘は甲斐甲斐しく夫婦の世話をし、彼らを大そう喜ばせた。ある日娘が、顔も知らない親戚の所へ行くより、いっそあなた方の娘にして下さい、と言う。老夫婦は喜んで承知した。

その後も孝行して老夫婦を助けていた娘が、ある日「布を織りたいので糸を買ってきて欲しい」と頼むので老爺が糸を買って来ると、娘は「絶対に中を覗かないで下さい」と夫婦に言い渡して部屋にこもり、三日三晩不眠不休で布を一反織り終わった。「これを売って、また糸を買ってきて下さい」と彼女が夫婦に託した布は大変美しく、たちまち町で評判となり、高く売れた。老爺が新しく買ってきた糸で、娘は2枚目の布を織り、それはいっそう見事な出来栄えで、更に高い値段で売れ、老夫婦は裕福になった。

しかし、娘が3枚目の布を織るためにまた部屋にこもると、初めのうちは辛抱して約束を守っていた老夫婦だが、娘はどうやってあんな美しい布を織っているのだろうと、老妻の方がついに好奇心に勝てず覗いてしまった。娘の姿があるはずのそこには、一羽の鶴がいた。鶴は自分の羽毛を抜いて糸の間に織り込み、きらびやかな布を作っていたのである。もう羽毛の大部分が抜かれて、鶴は哀れな姿になっている。驚いている夫婦の前に機織りを終えた娘が来て、自分が老爺に助けてもらった鶴だと告白し、このまま老夫婦の娘でいるつもりだったが、正体を見られたので去らねばならないと言うと、鶴の姿になり、別れを惜しむ老夫婦に見送られ空へと帰っていった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 横井見明源翁和尚殺生石』pp.18-23「孝子と鶴(鶴氅裒物語)」を参照。