殺生石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺生石(栃木県那須町
鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「殺生石」
『那須野原殺生石之図』(月岡芳年新形三十六怪撰』)

殺生石(せっしょうせき)は、栃木県那須町那須湯本温泉付近にある溶岩

付近一帯には硫化水素亜硫酸ガスなどの有毒ガスがたえず噴出しており、「鳥獣がこれに近づけばその命を奪う、殺生の石」として古くから知られている。

現在は観光名所となっており、観光客も多く訪れる。ただし、ガスの排出量が多い場合は立ち入りが規制される。

伝説[編集]

鳥羽上皇が寵愛した伝説の女性、玉藻前白面金毛九尾の狐の化身)が正体をあらわし、数万の軍勢によって殺害され、石となったという逸話がある。その後、至徳2年(1385年)に玄翁和尚によって打ち砕かれ、そのかけらが全国3ヶ所の高田と呼ばれる地に飛散したという。

玄翁によって砕かれた殺生石が飛来したと伝えられる地は多くある。一般に美作国高田(現岡山県真庭市勝山)、越後国高田(現新潟県上越市)、安芸国高田(現広島県安芸高田市)、または、豊後国高田(現大分県豊後高田市)と言われている。また、飛騨に散った破片が牛蒡種に、四国に飛来したものが犬神になり、上野国(現・群馬県)に飛来したものがオサキになったともいう[1]

岡山県真庭市勝山には、玄翁の開山による化生寺境内に、殺生石の石塚が存在している。また、これも玄翁の開山とされている、福島県白河市表郷中寺、常在院境内にも、殺生石の破片と言われる石が祀られており、玄翁の座像と、殺生石の縁起を描いた絵巻「紙本著色源翁和尚行状縁起」が伝えられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京極夏彦多田克己編 『妖怪画本 狂歌百物語』 国書刊行会、2008年、298頁。ISBN 978-4-3360-5055-7

関連作品[編集]

関連項目[編集]