硫化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫化水素
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 7783-06-4
EINECS 231-977-3
RTECS番号 MX1225000
特性
化学式 H2S
モル質量 34.082 g/mol
外観 無色気体
密度 1.363 × 10−3g/cm3, 1.1905(蒸気密度)
融点

-85.5 °C

沸点

-60.7 °C

への溶解度 0.25 /100 cm3 (40 °C)
酸解離定数 pKa 6.89
19 ± 2
双極子モーメント 0.97 D
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -20.63 kJ mol-1
標準モルエントロピー So 205.79 J mol-1K-1
標準定圧モル比熱, Cpo 34.23 J mol-1K-1
危険性
MSDS External MSDS
EU分類 強い可燃性 (F+)
猛毒 (T+)
環境への危険性 (N)
EU Index 016-001-00-4
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
4
0
Rフレーズ R12 R26 R50
Sフレーズ S1/2 S9 S16 S36 S38 S45 S61
発火点 260 °C
爆発限界 4.3 - 46 %
関連する物質
その他の陰イオン
セレン化水素
テルル化水素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
硫化水素や二酸化硫黄を主成分とする火山性ガスを噴出する噴気孔(黒部立山・地獄谷)

硫化水素(りゅうかすいそ、: hydrogen sulfide)は化学式 H2S をもつ硫黄水素無機化合物。無色の気体で、腐卵臭を持つ。空気に対する比重は1.1905である。

特徴[編集]

空気より重く(比重1.1905)、無色、によく溶け弱い酸性を示し、腐った卵に似た特徴的な強い刺激臭(腐卵臭とはそもそも硫化水素が主成分の臭いである)があり、目、皮膚、粘膜を刺激する有毒な気体である。悪臭防止法に基づく特定悪臭物質のひとつ。噴火口硫黄泉などの臭いが「硫黄の臭い」と形容される場合があるが、硫黄は無臭であり、これは硫化水素の臭いをさしている。

人為的な発生源には石油化学工業などがあり、また、下水処理場、ごみ処理場などにおいても、硫黄が嫌気性細菌によって還元され硫化水素が発生する。また、飲食店などの厨房排水で設置される分離槽や溜め枡内で、閉店後水が動かなくなると非常によく発生する。糞、屁にも若干含まれる。

また、自然由来としては、火山ガス温泉などに含まれる。空気よりも重いため火山地帯、温泉の吹き出し口などの窪地にたまりやすい。

可燃性ガスであり引火性がある。爆発限界は4.3 - 46 v/v%。燃焼した場合には硫黄酸化物となる。

硫化水素は好気性生物にとっては有毒であるが、海底火山熱水噴出孔付近に生息する細菌の中には、硫化水素を栄養源にして生息している硫黄酸化細菌もいる。

化学的性質[編集]

硫化水素は共有結合性の水素化合物で、硫黄酸素とが周期表において同じ元素の族第16族)であるためと分子構造がよく似ている。密度は、空気を1とすると1.190であり空気よりも重い。

水溶液(硫化水素酸)では、硫化水素イオン (HS-) と水素イオン (H+) に電離して弱い酸性を示す。

H2S  \rightleftarrows\ HS- + H+
Ka = 1.3 × 10-7 mol/L; pKa = 6.89.

その水溶液はゆっくりと酸素と反応して単体硫黄を生じる。硫化物イオンは固体の状態では知られているが、水溶液の状態では確認されていない(c.f.酸化物)。pH 滴定により硫化水素の2番目の酸解離定数は10-13付近であるとされてきたが、これはアルカリ溶液における硫黄の酸化が原因の誤認であることが現在、明確に分かっている。現在、pKa2 は19 ± 2と見積もられている。

HS-  \rightleftarrows\ S2- + H+

硫化水素は金属イオンを含む水溶液と反応して、金属硫化物の沈殿を生じる。この硫化物の沈殿生成は硫化水素が弱酸であるため水溶液のpHおよび硫化物の溶解度積に著しく依存する。沈殿の色は、金属イオンの分解・検出の重要なポイントとなる。温泉街など硫化水素が発生しやすい場所では、銀、銅は接触によってサビ・腐食が発生するため持ち込まないようにと注意書きも見受けられる。

燃えると二酸化硫黄ができる。


\rm 2H_2S + 3O_2 \longrightarrow 2H_2O + 2SO_2

硫化水素と二酸化硫黄との反応から、単体の硫黄と水が生じる。本反応は硫黄回収装置に応用されている。


\rm 2H_2S + SO_2 \longrightarrow 2H_2O + 3S

製法[編集]

実験室的製法[編集]

多くの場合金属硫化物に酸性水溶液を加えると硫化水素ガスが発生する。


\rm MS + 2H^+  \longrightarrow H_2S + M^{2+}

このことを利用して、中等教育における理科教育では、試験管を用いて微量の硫化鉄(II)希塩酸から硫化水素を製造する実験がしばしば行われている。また、実験室規模での発生では硫化鉄と希硫酸からキップの装置を使って合成する方法もあるが、今日では実験用途では工業的に生産されたガスボンベを利用することが通常である。

毒性の高さから、実験室規模の製法の実施にあたっても、安全性を確保するために十分な換気の確保と理科教員や資格者による監視・管理のもと実施される必要がある。

工業的製法[編集]

工業的な硫化水素の製造法としては,


\rm HOCH_2CH_2NH_2 + H_2S \longleftrightarrow HOCH_2CH_2NH_3^+ + HS^-

\rm CH_4 + 4S \longrightarrow CS_2 + 2H_2S
  • 単体硫黄に水素を添加する熱反応、触媒反応の2段階反応プロセスによって高純度の硫化水素を製造する方法[1][2]

\rm H_2 + S \longrightarrow H_2S

がある。

用途[編集]

チオ有機化合物の合成[編集]

メタンチオールエタンチオールそして、チオグリコール酸など、いくつかの有機硫黄化合物は硫化水素を使って作られる。

硫化アルカリ金属[編集]

アルカリ金属あるいはアルカリ金属水酸化物と反応して、生体高分子の分解に使われる硫化水素ナトリウム硫化ナトリウムのようなアルカリ硫化水素に変換する。クラフト法による皮革脱毛パルプの脱リグニンは両方アルカリ硫化物の影響による。

分析化学[編集]

硫化水素は分析化学において重要な物質で、金属イオン定性分析に使われている。この場合、今日では硫化水素を直接用いるのではなく、チオアセトアミドを使う方法が通常用いられる。チオアセトアミドは、ある種の金属イオンと反応したのち加水分解して金属硫化物を与える。この分析では、重金属(と非金属イオン(例:Pb(II)、Cu(II)、Hg(II)、As(III))は溶液中の硫化水素の影響で沈殿する。沈殿物は酸により再溶解するが硫化物の種類により条件が異なり、たとえば硫化マンガン(II)および硫化亜鉛などは希塩酸でも溶解し、硫化アンチモンおよび硫化スズ(II)などは濃塩酸により溶解する。また硫化銅および硫化銀などは希硝酸により酸化されて溶解するが硫化水銀は希硝酸でも溶解しない。

硫化金属前駆体[編集]

上で示したように多くの金属イオンは硫化水素と反応して対応する硫化物を与えるため、広く利用されている。浮遊選鉱による金属鉱石の浄化では、鉱物粉はよく硫化水素で処理され、分離を促進する。一部の金属はときどき硫化水素によって不動態を作る。水素化脱硫に使われる触媒は硫化水素によって活性化し、また、精製所で使われる金属触媒の作用は硫化水素によって影響を受ける。

その他[編集]

硫化水素はガードラースルフィド法 (Girdler sulfide process) によって、通常の水から重水を分離するのにも使われる。これは硫化水素分子と水分子との間の重水素の分配率の違いを利用したものである[1]

H2O(l) + HDS(g)  \rightleftarrows\ HDO(l) + H2S(g)
K = 1.01

毒性[編集]

毒性は、化学的な反応性の高さによる皮膚粘膜への刺激性とミトコンドリアに所在するシトクロムcオキシダーゼの阻害が挙げられる。

シトクロムcオキシダーゼ阻害作用は非常に急速に発生する。高濃度での暴露を受けた場合には数呼吸で肺の酸素分圧が低下することによる呼吸麻痺を起こし、呼吸中枢が活動できなくなる結果昏倒に至る。この現象は「ノックダウン」とよばれる。皮膚粘膜への刺激性は中長期的な影響となり、気管支炎肺水腫を起こす[2][3]

また硫化水素は独特の臭気があるが嗅覚を麻痺させる作用もあり、高濃度で匂いを感じなくなる。従って濃度が致死量を超えていても嗅覚で知覚できないケースもある。知らずに近づいた登山者やスキー客・温泉客が死亡する例も見受けられる。

鉱工業においてはビルの汚水槽や排水プラント等の下水道施設、化学工業・実験施設において事故が度々発生しており、このような場所での作業では監視・管理が法規制されている[4]。年余にわたる微量の曝露では変異原性が指摘されている[5]

即死濃度に満たない濃度の硫化水素ガスを長時間吸引して死亡した場合、遺体に緑色を帯びた暗紫赤色や緑色を帯びた暗赤褐色の死斑が現れたり、遺体の臓器が灰緑色になったりすることがある。これらは血液に含まれるヘモグロビンに硫化水素が作用し、硫化ヘモグロビンになることによる[6]

即死濃度以上の高濃度硫化水素ガスを吸引して死亡した場合、体内で形成される硫化ヘモグロビンの量が少ないため、死斑や血液の色調は通常の急死の場合とほぼ同じであり、遺体が緑色になるということは無い[7]

救出[編集]

前述の通りの毒性の高さや皮膚粘膜への刺激性や空気より重い性質などから、急性中毒者の不用意な救出は深刻な二次被害をもたらす危険がある。とくに、急性中毒者を助け起こそうとする試みは致命的なものとなる可能性がある。救助活動には空気呼吸器の着装が必須であり、化学防護服の着装が望ましいとされている。発生室内を不用意に換気するのも(空気より重いので拡散が遅く)周囲への二次被害の危険がある。各地の消防においては、簡易型硫化水素除去装置[8]等を配備し、安全濃度に至るまで活性炭に吸着させるなどの処置を執っている。引火性もあるため、救出時には火気への注意が必要である。

治療[編集]

急性中毒の治療は、まず外気に当てて衣服等に含まれる硫化水素を飛ばし、患者には100 %酸素を吸入させる。その際、ジャクソンリースのような再呼吸式の吸入具は有毒ガス呼出の妨げとなるため使用してはならない。

効果は疑わしいながらも解毒剤として示されているのは亜硝酸アミルなどの亜硝酸化合物のみである。硫化水素の毒性はシアン化物と同様のシトクロムcオキシダーゼ阻害作用によるものである。解毒のメカニズムとしては、亜硝酸アミルがヘモグロビンヘム鉄のFe2+を酸化させてFe3+メトヘモグロビンとなり、さらに硫化水素イオンがメトヘモグロビンのFe3+と配位結合することによって、動物ミトコンドリアの酸化型のシトクロムcオキシダーゼのFe3+への硫化水素イオンの配位結合を防いで無毒化される。ただし、硫化水素はシアン化物に比べてメトヘモグロビンへの親和性が低く、亜硝酸アミルによるメトヘモグロビンの生成に時間がかかり、体内での硫化水素の分解時間が短いので効果が少ないとする考えもある[9]

硫化水素は血管壁の亜酸化窒素合成を阻害することが毒性の発現経路の一つであるためだが、曝露後数分以内に投与しなければ著効が期待できない。

最初の数時間を乗り切った重症患者は、後に急性肺傷害を発病する危険性が高い。このため気管挿管人工呼吸器管理が必要となるが、これらの処置を行う医療従事者は2次汚染を防ぐための万全の対策を以て臨んでいる[10]

濃度対危険度[編集]

濃度(単位:ppm 作用
1,000 - 2,000 (0.1 - 0.2 %) ほぼ即死
600 約1時間で致命的中毒
200 - 300 約1時間で急性中毒
100 - 200 症状:嗅覚麻痺
50 - 100 症状:気道刺激、結膜炎
5 日本産業衛生学会における許容濃度
1 労働安全衛生法における作業環境管理濃度
0.41 不快臭
0.02 - 0.2 悪臭防止法に基づく大気濃度規制値
0.00041 臭いの閾値

社会問題[編集]

2007年頃より硫化水素を発生させ自殺する事件が度々起こっており、2008年3月頃からは特に急増している。警察庁によると硫化水素による自殺者は2007年に通年で27件29人だったことに対し、2008年1月から5月の5か月間で489件517人にまで急増、11月には1000人を超えていると報告された[11][12]

なお、2009年11月17日に政府がまとめた自殺対策白書では、硫化水素ガス自殺において、自殺者数の増加と新聞やテレビなどマスメディアでの露出は比例したと結論付けており、メディアの無秩序な報道が自殺増加の原因と考えられている[13]

この際、救助しようとした人間が巻き込まれたり、階下の住民が巻き添えとなった事例も報告されている。2008年3月にはTBSが硫化水素を発生させる方法やその他自殺のためのノウハウを情報番組内で紹介している[14]。高い確実性のある自殺の具体的手法がインターネット上に多数流通していることを受け、京都府警察プロバイダにこれらの情報の削除を要求する事態にまで発展した。その後、警察庁は各都道府県警察本部に対し、硫化水素ガスの自殺目的での製造を教示する情報について、「情報自体から、違法行為を直接的かつ明示的に請負・仲介・誘引する情報」としてプロバイダ等に有害情報として削除等の措置を依頼することを求める通達を出した[15]。同通達別添によれば、インターネット・ホットラインセンターに対しても、業務委託仕様書上の位置付けとして同様の扱いを求めたとしている。

なお一部で「硫化水素で自殺すると綺麗に死ぬ」という趣旨の記述が散見されるが[16][17]、実際には一般に入手できる材料を用いて高濃度の硫化水素ガスを発生させることは困難であるため[16]、致死量を吸い込む前に上記の通りの呼吸器系への傷害による痛みや麻痺による窒息を発症し、何時間も苦しんでから死亡する場合が多いとも言われる[16][17]。また前述のように硫化水素で中毒死した遺体には緑色の死斑も発生することや[16]、一般的に窒息死では死後の筋弛緩による死後排便・死後排尿が発生しうることもあり[18]、綺麗に死ねるとは言い難い[16][17]

また一部ではその毒性から、無差別テロに悪用されるのではないかという指摘もある(実際、2008年5月7日に硫化水素を使用しての強盗事件[19]10月14日には殺人未遂事件[20]も発生している)。

2008年より硫化水素が発生した際の救出訓練を行う場所も多くなった。京阪宇治バス京田辺営業所では2008年6月にバス車内で硫化水素が発生した際の避難および救出の訓練を実施した。この訓練はNHKのニュースでも放送された。

また、石膏ボードの廃棄費用による不法廃棄問題で、汚染された地域から硫化水素が発生しており、行政は処理に追われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  2. ^ 硫化水素
  3. ^ 環境科学辞典 東京化学同人 ISBN 4-8079-0255-5 等による。呼吸麻痺については極端に酸素濃度が低い気体(高純度の窒素・ヘリウム・二酸化炭素等)を吸った場合にも同様の現象が発生するとされる
  4. ^ 愛知県半田市の下水道清掃作業で硫化水素中毒 救助のための二次災害で多数の死亡者 労務情報安全センター
  5. ^ Attene-Ramos MS, Wagner ED, Plewa MJ, Gaskins HR. "Evidence that hydrogen sulfide is a genotoxic agent." Mol Cancer Res. 2006 Jan;4(1):9-14. PMID 16446402
  6. ^ 永野耐造・若杉長英 『現代の法医学 改定第3 版』 金原出版、1995年、159頁。
  7. ^ 甲南大学法科大学院 隣接科目 (1年次配当) 2008年度のレポート問題
  8. ^ 簡易型硫化水素ガス除去装置を製作 大阪市消防局
  9. ^ http://www.j-poison-ic.or.jp/kagaku/gedokuzai/Nitrite.pdf 日本中毒情報センター
  10. ^ TOXNET
  11. ^ 硫化水素自殺、5カ月で517人=今年急増、最多は20代-警察庁時事通信 2008年6月19日
  12. ^ 硫化水素自殺1000人超す=1~11月、高水準続く-警察庁時事通信 2008年12月11日
  13. ^ “自殺予防で政府白書、大量飲酒の対応必要”. 日刊スポーツ. (2009年11月17日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20091117-566790.html 
  14. ^ TBS「みのもんたの朝ズバッ!」 2008年3月18日
  15. ^ 警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課長 (2008年4月30日). “警察庁丁情対発第33号 硫化水素ガスの製造を誘引する情報の取扱いについて”. 警察庁. 2008年6月9日閲覧。
  16. ^ a b c d e 楽に死ねる方法など無い!硫化水素自殺の闇”. QLifeSQUARE. QLife (2008年4月24日). 2011年6月12日閲覧。
  17. ^ a b c 松尾美紀 (2008年6月13日). “「死の連鎖」を断ち切るための特別イベント開催。『ストップ!硫化水素自殺』の模様をライブ配信”. Techinsight Japan. メディアプロダクツジャパン. 2011年6月12日閲覧。
  18. ^ 鶴見済 『完全自殺マニュアル太田出版1993年7月7日ISBN 4-87233-126-3
  19. ^ 消費者金融に硫化水素強盗 大阪・難波 産経新聞 2008年5月7日
  20. ^ asahi.com(朝日新聞社):金銭トラブルから硫化水素で殺害企てる? 広島・廿日市 - 社会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]