妲己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紂王と妲己(右)

妲己(だっき、ピン音:Dájǐ)は、王朝末期(紀元前11世紀ごろ)の帝辛(紂王)の。帝辛に寵愛され、末喜などと共に悪女の代名詞的存在として扱われる。

略歴[編集]

基本となる『史記』「殷本紀」[1]では、帝辛に寵愛され、妲己のいうことなら、帝辛は何でも聞いたという。師涓に新淫の声・北鄙の舞・靡靡の楽を作らせた。賦税を厚くして鹿台に銭をたくわえ、鉅橋に粟を満たし、狗馬・奇物を収めて宮室いっぱいにした。沙丘の苑台を拡張して、野獣蜚鳥をその中に置いた。鬼神をあなどり、沙丘に大勢の者を集めて楽しみ戯れた。酒をそそいで池とし、肉を掛けて林とし(酒池肉林)、男女を裸にして互いに追いかけさせ、長夜の飲をなした。

その後、妲己はによって攻められた際に武王により殺されたとされる。また『国語』では、帝辛が有蘇氏を討った際に有蘇氏が献上したのが妲己であり、己が姓、妲はであるとしている。この頃女性は字を先に、姓を後に書く風習があった。妲己を字と見なすのは後世の誤解である。

列女伝』巻7孽嬖傳 殷紂妲己[2]では、炮烙の法を見て妲己が笑ったとされている。比干が「先王の典法をおさめずに、婦人の言を用いていれば、禍のいたる日も近いでしょう」と諫めた。すると、妲己は「聖人の心臓に七つの穴があるとわたしは聞いています」と答え、比干の心臓を取り出させて観賞した。紂王が自殺すると、妲己は武王によって首を斬られ、小白旗に掛けられた。「紂を亡ぼす者はこの女なり」と評論された。

漢書』外戚列伝の顔師古注には、「弁辞をよく好み、姦を究めること盛んにした。その言を帝辛が用いて民を苦しめた」とある。

現代中国の妲己像[編集]

現代中国で妲己の名は悪女とともに、魅惑的な女性の代名詞でもある。また彼女は紂の寵愛を得るために数種類の桃の花から花弁を取り、これを絞って汁を固めた燕脂と呼ばれる化粧を発明して頬へ塗っていたといわれている(紅粉)。

ここから妲己が単に男を狂わせた妖女と言うだけではなく、男の愛情に応える健気な女心を読み取る者も多い(燕脂というのは紅藍花紅草の一種だともいわれている)。

また、中国では妲己を題材にした時代物ドラマや劇場映画が現在も多数製作されている。

妲己に関する伝説[編集]

全相平話[編集]

全相平話』の一節「武王伐紂平話」の中で妲己が妖狐伝説と結び付けられ、妲己はキツネのなりかわりとされた。「千字文」の「周が殷の湯を伐った」に対する注で、殷の紂王(紀元前11世紀頃)を誘惑して国を傾けた妲己(だっき)は九尾狐であると指摘。明代の「封神演義」が妲己を九尾狐の精としているのは、この説をもとにしている

封神演義[編集]

封神演義』では、千年狐狸精(せんねんこりせい)として登場し、殷周革命を実現させるために使わされたという。そして、冀州侯蘇護の娘、蘇妲己(そ だっき)の魂を奪って妲己になりすまし、紂王を堕落させて殷を滅ぼした。

また、胡喜媚王貴人という2人の架空の女性は、彼女と同じく紂王の寵姫とされている。胡喜媚が九頭雉鶏精(きゅうとうちけいせい)、王貴人が玉石琵琶精(いしびわせい)と、玉石琵琶妖怪が化けた者として紹介されている。

日本の妲己像[編集]

葛飾北斎画『北斎漫画』より「殷の妲己」。九尾の狐が化けた姿として描かれている。

たま藻のまへ[編集]

日本においては、玉藻前伝説と結び付けられ、妲己も白面金毛九尾の狐が化けたものとして紹介されている。

また、悪女のイメージから河竹黙阿弥の『妲己のお百』で知られる吉原の遊女、毒婦のお百が生まれた。 お百は、京都九条通の賤家の生まれ。美貌の持ち主で、14歳で祇園中村屋の遊女となり、鴻池善右衛門に身請けされた。江戸役者津打友蔵と姦通し、江戸に下り、友蔵の死後新吉原の尾張屋清十郎の女房となり、佐竹家の臣である那河忠左衛門の妾となり、秋田騒動に関係し名を「りつ」と改めた。那河が秋田騒動の中川采女で、那河は宝暦7年6月処刑されたが、お百は奉公人であるとしておとがめなく、間もなく江戸に出て、高間騒動高間磯右衛門の妾となったという。その間男性を殺害すること5たびにわたり、宝暦年間の退廃期を代表するとされる。

三国悪狐伝(三国妖婦伝)[編集]

三国悪狐伝』(三国妖婦伝)は、妲己、華陽婦人褒姒玉藻前へと姿を変えて悪事をはたらいた「千年九尾狐狸精」を描いた作品である。中国、古代インド、日本と三国をまたにかけ、三千年にわたって転生を繰り返しながら男を惑わす美女となり、国を滅亡させようとした。

関連項目[編集]

  • - 父が封じられていた。

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference 司馬遷. 史記/卷003. - ウィキソース. 
  2. ^ Wikisource reference 劉向. 列女傳/卷7#.E6.AE.B7.E7.B4.82.E5.A6.B2.E5.B7.B1. - ウィキソース. 

外部リンク[編集]