那須岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
那須岳
Mt.Chausu&Mt.Asahi.jpg
所在地 栃木県那須郡那須町
栃木県那須塩原市
福島県西白河郡西郷村
位置 北緯37度07分29.3秒
東経139度57分47.3秒
座標: 北緯37度07分29.3秒 東経139度57分47.3秒
上位山系 那須連山
最高峰 三本槍岳 (1917m)
種類 成層火山
那須岳の位置
テンプレートを表示

那須岳(なすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある茶臼岳の別称、または同県那須塩原市、那須郡那須町、福島県西白河郡西郷村にまたがるの総称である。

栃木県は『那須岳とは茶臼岳の別称』としているほか、日本百名山の著者である深田久弥は書中に『那須岳とは那須五岳の中枢を成す茶臼岳朝日岳および三本槍岳のこと』と記している。

本項には那須連山の一部を成す茶臼岳、朝日岳、三本槍岳、さらには那須五岳那須連山についても記す。

概要[編集]

那須岳は、関東地方の北限、那須火山帯の南端に位置し、広い裾野を持つ成層火山で、噴火口は主峰茶臼岳の山頂部にあり、現在も蒸気と火山ガスを盛んに噴出している。朝日岳と三本槍岳はすでに噴火活動を終えている。標高が最も高い地点は三本槍岳(1,917m)で主峰茶臼岳の山頂より2m高い。茶臼岳と三本槍岳は山頂部が丸く、鋭鋒は朝日岳のみである。

那須岳の主な峰(那須五岳)[編集]

  • 茶臼岳栃木県那須郡那須町
    • 標高1,915m。噴気あり。山頂部は非常に広く、噴火口に近い区域は硫黄の臭気が漂う。山頂部に緑は殆ど無い。
  • 朝日岳(栃木県那須郡那須町)
    • 標高1,896m。最も峻険な山体を有する鋭鋒。山頂部狭い。山体は岩場やガレ場が多い。山頂部に緑は殆ど無い。
  • 三本槍岳栃木県那須塩原市福島県西白河郡西郷村
    • 標高1,917m。那須岳の最高峰。低木など緑も見られる。三本槍岳という勇壮な名称を冠するが、実際には山頂部は丸く狭い。
  • 南月山(みなみがつさん)
    • 標高1,776m。
  • 黒尾谷(くろおや)岳
    • 標高1,589m。

火山活動史[編集]

本項では那須岳を中核とする那須火山群について記す。

那須火山群は約60万年前から活動が始まり、まず始めに北側にある甲子旭岳が60万年前から噴火した。次はそのやや南側にある三本槍岳が40万年~25万年前に噴火し、20万年前から5万年前までさらに南側の朝日岳と南月山が活動した。これらの火山は流動性の少ない安山岩質溶岩以外に、流動性の良い玄武岩質溶岩も噴出し、現在見られる広大な裾野を形成した。現在噴気活動をしている茶臼山は3万年前から活動しているが、この山は流動性の少ない安山岩のみを噴出しているため、こんもりと盛り上がった溶岩ドームになった。有史後の噴火は爆発型で泥流を生じやすく、1408年から1410年の活動では茶臼岳溶岩ドームが形成されると共に、噴出し降下した溶岩による火砕流が発生し、犠牲者180余名を出したとの記録が残る。以降は小規模な水蒸気爆発や地震群発を繰り返している。

現在、那須岳の活発な火山活動は、周辺にたくさんの温泉を噴出させている。有毒な火山ガスを出して近づく生き物を死に至らしめる場所もあり、とくに殺生石は有名で、周辺は公園化しており、駐車場も整備されている。ただし、殺生石の周りは危険につき立ち入り禁止である。

登山[編集]

マイカーの場合、国道4号または東北自動車道那須インターチェンジ利用で栃木県道17号那須高原線(旧ボルケーノハイウェイ)に入り、那須高原大丸温泉、そして那須ロープウェイの那須山麓駅を目指す。殺生石、弁天温泉、大丸温泉を通過してさらに登ると那須山麓駅に着く。

茶臼岳を目指す場合、那須ロープウェイを利用すると、終点の那須山頂駅が茶臼岳頂上のすぐ下にあり茶臼岳山頂まで短時間で到達できる。このため軽装のまま茶臼岳を目指す観光客も少なくなく、中にはサンダル履きや日傘を差しての散策者も見られるが、足元には火山礫の大小の岩石が多く歩き難い上、(2002年以降の新装ゴンドラは強風対策の制振装置が搭載されたとはいえ)強風など天候の急変でロープウェイが運休となることも考えられ、下りは歩いて帰る事態も想定してロープウェイ利用時であっても歩き易い運動靴を履き適切な飲食物を持参するのが望ましい。

那須山麓駅から栃木県道17号那須高原線(旧ボルケーノハイウェイ)をさらに上ると広い駐車場を有した那須岳登山口『峠の茶屋』(標高1,462m)に着く。東野バス路線バス那須塩原駅黒磯駅 - 那須山麓駅間)利用の場合は那須山麓駅から徒歩で20分前後で到達できる。マイカーはこれより先には進めない。この駐車場から那須岳に続く登山道は、最初広葉樹が生え木製の階段と土、ところどころに岩の段差などがある道であるが、やがて岩と小石の道となり木々も少なくなって見晴らしが良くなる。坂もさほど急ではなく岩には要所要所にペインティングがあるので初心者や子供連れでも問題なく登れる。ただし大小岩石の道が続くので落石させないように注意して歩く必要はある。登山道の北側は急な谷であり、その向かい側には朝日岳の鋭鋒が見える。登り続けると茶臼岳から下りて来て朝日岳方面に向かう尾根道に合流し、『峰の茶屋』(標高1,678m)に着く。峰の茶屋は茶臼岳、朝日岳方面、三斗小屋温泉方面の各登山道の分岐点でもある。

茶臼岳に向かうには、大小の岩石上を行く登山道を一気に頂上まで登って行く。ここも坂は急ということも無く、またルート上の岩に適切にペインティングがあり分かり易く、初心者や家族連れ向けの登山道である。茶臼岳の頂上は非常に広く、時期によっては噴煙を吹き火口近くは硫黄の臭いが強い。

朝日岳に向かうには、峰の茶屋から道標に従って直進し、剣ヶ峰の肩をトラバースし途中鎖につかまって岩肌を直登し、朝日岳の肩に到達したら尾根上の分岐を南側に向かう。頂上は垂直に切り立った高い岩壁の上にあり狭い。木々は無く眺望は非常に良い。

三本槍岳に向かうには、朝日岳の肩の尾根の分岐を北に進む。比較的なだらかな道を歩き、熊見曽根の分岐を巻いて清水平(小湿地)を経ると三本槍岳の頂上に着く。この登山道はところどころが土と小低木の生える道で、朝日岳や茶臼岳の荒々しい山肌とは対照的である。清水平には高山植物も生える。

高山植物[編集]

那須岳は2000mに満たない山であるが、涼冷かつ保水性は低いが日照がよい砂地土壌のため高山植物が豊富。尾根筋にはハイマツが茂り秋にはリンドウの紫が目を引く。少し下るとあちこちにアズマシャクナゲの群落があり、那須温泉郷の周辺は各種のツツジが咲く。

参考画像[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]