鳥山石燕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河童(かっぱ) 川太郎ともいふ
画図百鬼夜行』の内、一図「河童」
池の茂みから現れ出でた河童を描く。

鳥山 石燕(とりやま せきえん、正徳2年(1712年[1]) - 天明8年8月23日1788年9月22日))は、江戸時代後期の画家浮世絵師妖怪画を多く描いた。

生涯[編集]

正徳2年(1712年)頃に誕生。は佐野(さの)、は豊房(とよふさ)。は詳らかでない。船月堂、零陵洞、玉樹軒、月窓と号す。

狩野派門人として狩野周信(かのう ちかのぶ。cf.)及び玉燕に付いてを学び、また、俳諧師東流斎燕志に師事した。

安永5年(1776年)に著した『画図百鬼夜行』により、妖怪絵師としての地位を確かなものとすると、同年、続けて『今昔画図続百鬼』を刊行。さらに安永10年(1780年)には『今昔百鬼拾遺』を、天明4年(1784年)には『百器徒然袋』を世に出した(これら4作品は全て3部構成である)。主に鬼子母神に奉納された「大森彦七」のような額絵や、『石燕画譜』のような版本が著名であるが、錦絵や一枚絵の絵師ではなかった。しかし、フキボカシの技法を案出、俳人としても広く活動した。また、弟子も多く喜多川歌麿恋川春町栄松斎長喜といった絵師や黄表紙作者を育てた。

天明8年(1788年)、死去。墓所は台東区元浅草の光明寺。法名は画照院月窓石燕居士。

石燕の描く妖怪画は、恐怖心よりもむしろ微笑みや奇妙さを誘う作風が特徴。石燕の画業は後世にも多くの影響を与えており、石燕の手による妖怪をモチーフにして創作活動を行う者もいる。現代日本人の妖怪のイメージは漫画家水木しげるの画に拠るところが大きいが、その画も石燕の作品に取材したものが少なくなく、日本人の思い描く妖怪の原型は石燕の著作に端を発するといっても過言ではない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生年は正徳4年(1714年)ともいわれる。

外部リンク[編集]