フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランケンシュタインの怪獣
サンダ対ガイラ
War of the Gargantuas
監督 本多猪四郎 (本編)
円谷英二 (特撮)
脚本 馬淵薫
本多猪四郎
製作 田中友幸
角田健一郎
出演者 ラス・タンブリン
佐原健二
水野久美
伊藤久哉
田島義文
田崎潤
中村伸郎
音楽 伊福部昭
撮影 小泉一 (本編)
有川貞昌 (特撮)
富岡素敬 (特撮)
編集 藤井良平
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年7月31日
上映時間 88分。
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語
前作 フランケンシュタイン対地底怪獣
テンプレートを表示

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(フランケンシュタインのかいじゅう サンダたいガイラ)は、東宝と米国・ベネディクト・プロが製作し、1966年(昭和41年)7月31日に封切り公開した日米合作の特撮映画総天然色東宝スコープ。上映時間は88分。同時上映は『ジャングル大帝』と『つるのおんがえし(人形劇)』。

概要[編集]

スチュワート博士とアケミの投宿したホテルの外観には、「大手町パレスホテル」が使われた

設定などは異なるが、前年に公開された怪獣映画『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965年、本多猪四郎監督)の姉妹編である。本来は『フランケンシュタイン対地底怪獣』の続編として企画されていたが、本多監督の「映画は1本1本独立したものが良い」という考えから、シナリオ決定稿の段階で独立した作品となった。[1]

作品の根底には日本古来の神話『海彦山彦』が敷かれ、「細胞分裂によって分身した“父と子でもなく、兄弟でもない”二体のフランケンシュタイン(いわばクローン)の争いが描かれた。

脚本ではサンダとガイラの名は決まっておらず、それぞれ「山フランケンシュタイン」「海フランケンシュタイン」と表記されている[2]。脚本名も、第一稿では『フランケンシュタインの兄弟』と題され、以後『フランケンシュタインの斗争』、『フランケンシュタインの決闘』と変遷している[2]

前作にも使用された緻密なミニチュアや、現実感のある大きさの人型怪獣同士の格闘が見所。本作品で初登場した東宝自衛隊の対怪獣兵器であるメーサー殺獣光線車は、伊福部昭L作戦(メーサー)マーチと合わさって、今もって高い人気があり、以後の日本の特撮アニメ作品等に多大な影響を与えている。当初、この殺獣光線車の登場は脚本に無かったが[2]、ドラマ的な見せ場を作るため本多猪四郎監督が光線車のシーンを加筆、映像化した。

怪獣のデザインを担当したのは『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などでも知られる成田亨である。

当初、スチュワート博士役はタブ・ハンターが予定されていた[3] 。スチュワート博士を演じたラス・タンブリンは、定時の撮影後は共に来日した妻とホテルへ直帰し、食事などの交歓の誘いも一切断わるなど、ニック・アダムスがスタッフや俳優たちと積極的に交わり、溶け込もうとしたのと対照的な姿勢をとった。撮影現場でもまったく演技を合わせようとせず、土屋嘉男によれば、水野久美はタンブリンの態度に怒ってヒステリーを起こしたこともあったという[4]

タンブリンはのちのインタビューで、休暇がてらの来日出演であり、帰国後に自らのアフレコを担当した後は、この映画を観ることは決してなかったとコメントした。しかし、2004年11月にサンフランシスコのファンによって開催されたゴジラ50周年記念公式映画祭にゲストとして招かれた際、上映された35mmプリントを改めて観賞し、その出来栄えに賛辞を贈り、アメリカにおいて本作がカルト的古典映画となり、長きにわたり人気を博していることに喜びを示した。

タンブリンは娘のアンバー・タンブリンが『呪怨 パンデミック』に出演した際に妻と共に来日し、40年ぶりに東宝のスタジオを訪れ撮影を見学した。

海外公開版とオリジナル版との相違[編集]

日米合作映画である本作は、ベネディクト社が「海外公開版」として再編集したものが、アメリカで『怪獣大戦争』との2本立てで公開された。画面サイズは東宝スコープではなく、ビスタサイズにトリミングされている。台詞はすべてアメリカの俳優によって吹き替えられ、タンブリン自身も英語台本に合わせて自分の台詞をアフレコし直している。

作劇面では「フランケンシュタイン」という意匠設定が外されていて、二大怪獣は雪男の系列である「ガルガンチュア」と呼ばれ、細胞分裂を繰り返すUMAとなっている[5]。ガイラは「緑の怪物(グリーン・モンスター)」または「グリーン・ガルガンチュア」、サンダは「茶色の怪物(ブラウン・モンスター)」または「ブラウン・ガルガンチュア」と呼称されている。アケミもサンダのことを単に「ガルガンチュア」と呼ぶ。また、スチュワート博士の視点を中心にした作劇にアレンジされており、海上保安庁職員・平井(田島義文)が操舵手・亀田三郎(山本廉)や漁船を検分する一連のシーンも、スチュワート博士が立会うものとなっている。

伊福部昭による劇伴曲はぶつ切りにされており、「L作戦マーチ」や「ガイラが海へ逃げるシーンでの使用曲」などがテンポの速いアメリカの楽曲[6] に差し替えられ、随所に『怪獣大戦争』(1965年、本多猪四郎監督)、『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964年、本多猪四郎監督)からの楽曲や、『キングコング対ゴジラ』(1962年、本多猪四郎監督)の「大ダコのテーマ」が挿入されている。また、歌手役のキップ・ハミルトンの歌声は日本版より鮮明である。

ガイラが羽田空港に上陸し、女性を掴み上げて食べる場面は「ガイラが女性を噛み砕いて飲み込んだあとに衣服を吐き出す」というところまでは同じだが、その次のショットは、オリジナル版では花束のアップ、海外版では「ボロボロの衣服が滑走路にベタッとたたきつけられる」というものになっている。

アメリカでの上映時間規定(90分)を満たすため、「ガイラを助けに現れ、飛び降りるサンダ」、「銀座でガイラを迎え撃つ自衛隊の車両描写」など、国内版では未使用の特撮カットが挿入されている。

ベネディクト・プロの経営者ヘンリー・G・サパースタインは本作の続編的作品としてサイボーグ化したゴジラとガルガンチュアが戦う映画を企画したが、実現はしなかった[7]

ストーリー[編集]

スチュワート研究所は京都清水寺そばという設定。清水寺と京都女子大近辺が外観描写に使われた

嵐の夜、三浦半島沖を航行する漁船・第三海神丸が、大ダコに襲撃され沈没した。ただ一人、生き残った男が「仲間は全員、タコに続いて海から現れたフランケンシュタインみたいな怪物に喰われた」と繰り返し、さらに、噛み砕かれ吐き出されたかのような乗組員の衣服が引き上げられたことを受け、海上保安庁はフランケンシュタインの研究で有名な京都のスチュワート研究所へ連絡を取った。

スチュワート博士は「研究所で育てられ、1年前に富士で死んだはずのフランケンシュタインが生き返り、漁船を襲ったのではないか」との問いに「仮に生き返ったとしても海にいたり人間を喰うことはあり得ない」とし、サンダと名付けられたこのフランケンシュタインの世話をしていた所員の戸川アケミも「サンダはおとなしく素直だった」として、これらの疑いを全面否定する。

「東都大学原子生物化学研究所」の外観に使われた「長沢浄水場」 ほぼ同じ頃、円谷プロの『ウルトラマン』に登場する科学特捜隊の研究施設「科学センター」として度々撮影されている。

しかし、その後も三浦半島付近では海の怪物による被害が相次ぎ、スチュワート博士とアケミはフランケンシュタインの目撃報告をもとに富士山へ、間宮博士は横須賀へ、それぞれ向かった。果たして引き上げられた漁船からは海棲生物の細胞組織が、また山中では巨大な足跡が発見された。間宮の持ち帰った細胞組織がフランケンシュタインのものと判明した直後、曇天の羽田空港に巨大なフランケンシュタインが現れ、女性事務員を食らう。雲間から太陽が覗くや、そのフランケンシュタインは大慌てで海へと姿を消した。

一連の事件がフランケンシュタインによるものと判明し、対策会議に出席するため上京するスチュワート博士とアケミ。博士は山と海とにそれぞれフランケンシュタインがいるのではないかと想像する。会議では強い光や火に弱い海のフランケンシュタインの性質が間宮によって指摘され、市民に灯火要請が出される。その夜、ビアガーデンを襲ったフランケンシュタインは、ライトを浴びせられ境川から上陸。自衛隊[8]によって太田橋付近の谷川へと誘導され、殺人光線による細胞組織の徹底消滅を図る「L作戦」が実行される。メーサーと放電攻撃によって感電死寸前となる怪物。ところがそこに、さらに巨大なもう一匹のフランケンシュタインが現れ、自衛隊を牽制して海の怪物を連れ去った。

山中湖でロケが行われた

海と山のフランケンシュタインはそれぞれ「ガイラ」と「サンダ」と正式に命名された。両者の細胞は完全に一致し、二匹は「分身」であることが確定した。サンダは心優しく、ガイラを湖の水辺で保護し、湖に落ちかけたアケミを救って怪我を負う。一方ガイラは霧に乗じて湖を訪れた人々を喰らい続け、ついにサンダを怒らせる。サンダの攻撃に、ガイラは逃げ出し海へと消えた。サンダの保護管理を主張するスチュワート博士と、両フランケンシュタインの徹底消滅を主張する橋本陸将補が対立する中、餌を求めたガイラが東京銀座に現れ、これを追ってサンダも出現。怪我を負いながらもガイラを止めようと戦うサンダを援護して、自衛隊のメーサー攻撃が始まった。

登場怪獣[編集]

フランケンシュタインの怪獣 サンダ[編集]

フランケンシュタインの怪獣 ガイラ[編集]

海魔 大ダコ[編集]

登場兵器[編集]

メーサー殺獣光線車[編集]

レーザー放射器・高圧電流端子[編集]

L作戦に投入された陸上自衛隊の装備群。双方共に全高2~3mほどの大きさで、4輪の電源車(車体上部にパラボラアンテナを装備)によって電力を供給され、放電コントロール装置によって制御される。また、設置は人間の手で行われるが、H-19 はつかりによる空輸も可能。

レーザー放射器は形状と塗装の異なるAタイプとBタイプの二種が存在するが、側面にパラボラ型レーダー、頂部にレーザーの放射部を装備する基本的な構造は同一である。放射部から直線的なレーザーを発射するが、メーサー殺獣光線車ほどの出力は無い。高圧電流端子は水中に高圧放電を行うもので、上部に二基の螺旋状の突起部を持ち、そこからコードを介して電源車に接続されている。

劇中では共にガイラ攻撃に投入された。レーザー放射器はガイラへの牽制攻撃に参加。高圧電流端子は木曽川の中に設置され、川の水を介してガイラを感電させた。これにメーサー殺獣光線車などを加えた連帯攻撃でガイラを感電死寸前にまで追い詰める。

64式自動小銃[編集]

正式な名称は「64式7.62mm小銃」。日本初の純国産オートライフル。1964年に自衛隊で採用され、その末尾2ケタを取って型式名としている。映画公開より二年前からの装備だが、東宝怪獣映画に登場したのはこれが初めてである。当時、この銃はエアガンやモデルガンなど商品化されたものが無く、劇中で使用されたものは全て美術スタッフの手作り。また、火薬を仕込んだ発砲ギミック付きの精密モデルも何丁か作られ、ガイラに向けて発砲された。

その他[編集]

上記の他にも61式戦車などの実在兵器や、サーチライト車無反動砲搭載ジープなどの架空兵器も登場している。

スタッフ[編集]

本編[編集]

特殊技術[編集]

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下クレジット無し

劇中歌[編集]

  • 『The Words Get Stuck in My Throat』
    • 作曲:伊福部昭
    • 歌:キップ・ハミルトン

劇中で外国人歌手が歌う。本作に主演したラス・タンブリンは自身のファンだという音楽グループ・DEVOと会った際にこの映画の話をされ、この曲をソラで歌えると言われて相当驚いたと語っている。

映像ソフト化[編集]

  • 8mmフィルム
    • 1972年頃に、『怪獣ジャイアント サンダ』として、ソノシートと絵本のセットで発売された。結末はサンダとガイラが戦い、最後はガイラが逃げ出すというもの。サンダは「ちびっ子サンダ」と呼称され、アケミたち研究員によって大きくなったという設定。ガイラの破壊シーンには『怪獣総進撃』の映像が流用されている。
  • ビデオテープ
    • ノーカット、シネスコ版で1983年に発売。1996年には「国内版」の再発売と併せ、「海外版」も発売。
    • 怪獣王ゴジラ』(1954年版『ゴジラ』の海外公開ヴァージョン)のVHSビデオには、本作の「海外公開版」の予告篇が特典収録されている。
  • レーザーディスク
    • ノーカット、シネスコ版で1985年に発売。1992年にはニューリマスター版が発売。
  • DVD
    • 2002年1月26日に発売。特典には「海外公開版」の予告篇と、上記の『怪獣ジャイアントサンダ』の映像やソノシート音声、絵本の画像が収録された。
    • 音声特典・オーディオコメンタリーのゲストは水野久美、聞き手は佐藤利明
  • ブルーレイ
    • 2010年1月22日発売。

脚注[編集]

  1. ^ 破李拳竜『ゴジラ怪獣超クイズ』久保書店、1992年、123p
  2. ^ a b c 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、106 - 109頁。ISBN 9784864910132 
  3. ^ IMDbより
  4. ^ 怪獣大戦争』DVDより
  5. ^ 「ガルガンチュアの足跡なんて珍しくもない」との間宮雄三(佐原健二)のセリフがある。
  6. ^ アメリカの映画『Zaat』での劇伴音楽が使われた
  7. ^ パトリック・マシアス 「『ゴジラ対悪魔』を作ろうとした男」『オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史』 町山智浩訳、太田出版、2006年、67頁。ISBN 978-4778310028
  8. ^ 自衛隊員はすべて東宝の俳優が演じている
  9. ^ DVDの特典である「東宝俳優図鑑」では「中馬敦子」と誤記。

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』(東宝)
  • 『大ゴジラ図鑑2』(ホビージャパン)
  • 『東宝特撮メカニック大全』(新紀元社)

関連項目[編集]

  • キル・ビル Vol.2』 - 劇中のブライドとエルの格闘シーンを撮影するにあたって、クエンティン・タランティーノ監督は役者に本作のDVDを見せ、クライマックスの2怪獣の格闘場面を参考にさせたとコメントしている。
  • 岸和田少年愚連隊』(1996年) - 双子の俳優が「優等生のサンダと不良のガイラ(もちろんあだ名)」というキャラクターを演じている。この二匹の怪獣は、他にも漫画やメディアで幾度となく名前が使われている。

外部リンク[編集]