ブローニングM2重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブローニングM2重機関銃
Machine gun M2 1.jpg
ブローニングM2重機関銃
ブローニングM2重機関銃
種類 機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ジョン・ブローニング(設計)
ジェネラル・ダイナミクス
U.S.オードナンス
FNハースタル
マーモント
ラモ Lnc.
仕様
種別 重機関銃
口径 12.7mm
銃身長 1,143mm
ライフリング 8条右回り
使用弾薬 12.7x99mm NATO弾(通常弾、焼夷弾徹甲弾など)
装弾数 ベルト給弾(1帯110発)
作動方式 ショートリコイル
全長 1,645mm
重量 38.1kg(本体のみ)
58kg(三脚を含む)
発射速度 485-635発/分(M2HB)
750–850発/分(AN/M2)
1,200発/分(AN/M3)
銃口初速 887.1m/s(M33)
射程 2,000m(有効射程)
6,770m(最大射程)
歴史
テンプレートを表示

ブローニングM2重機関銃(ブローニングエムツーじゅうきかんじゅう)は、ジョン・ブローニング第一次世界大戦末期に開発した重機関銃である。

M2がアメリカ軍に制式採用されたのは1933年であるが、信頼性や完成度の高さから現在でも世界各国で生産と配備が継続されている。

概要[編集]

第二次世界大戦以来、現在でも各国の軍隊で使用されている著名な重機関銃である。M2のストッピングパワーや信頼性は伝説的で、口径が50口径(0.50インチ=12.7mm)であることから別名"キャリバー50"(Caliber .50)や"フィフティーキャル"(.50 Cal)と呼ばれる。現場では"マデュース"(Ma Deuce)や"ビッグママ"(Big Mama)などの愛称もある。

アメリカでは、M2の後継として1950年代後半に車両搭載用途を更新するものとしてM85機関銃が開発されたが、問題が多くM2の後継とはならないままに終わった。1990年代後半より再び後継用機関銃の開発が進められ、XM312XM806といった新型機関銃の開発が進んでいたが、2012年に開発が中止された。

結果、設計されて80年以上も経つが、費用を考慮しての基本構造・性能トータル面でこの重機関銃を凌駕するものは、現在においても現れていない。FNハースタル社が代表的な改良型として、銃身交換を容易にしたFN M2HB-QCB(M2 Heavy Barrel-Quick Change Barrel)を開発し、先進諸国を中心に現有M2重機関銃のQCB改修、生産の切り替えが進んでいる。

日本では住友重機械工業の田無製造所が1984年からライセンス生産しており、主に自衛隊で使用している。陸上自衛隊では主に車載機関銃や対空用として「12.7mm重機関銃M2」という名称で採用しており、海上自衛隊でも護衛艦などに不審船対処用として搭載しているほか、航空自衛隊でも採用されている。現在では前述のQCB仕様のものが調達されている。調達価格は約530万円である。

特徴[編集]

M2の原型となった水冷式のM1は、敵の砲兵用観測気球を撃つことを目的に配備されたが、その威力と射程は様々な標的に対し有効であった。以降、M2は戦車装甲車トラックジープなどの車載用銃架、地上戦闘用の三脚架、対空用の背の高い三脚銃架、連装、または四連装の動力付き対空銃架、艦船用対空銃架、軽量銃身型の航空機用固定機銃、航空機用旋回機銃架、動力付き航空機用旋回機銃架など、様々な銃架に載せられ空軍を問わず広く配備された。簡単な部品交換だけで左右どちらからでも給弾できることも柔軟な運用を可能にした。

M2は、12.7mm弾を音速の3倍の速度で発射する。M2の精度は素晴らしく、800m先の標的にも正確に命中する。 第二次世界大戦時、給弾ベルトの長さが9ヤード(およそ8m)あった事から、それを全部撃ち尽くすという意味で「9ヤードをお見舞いしろ!」という表現が生まれた。

歩兵が運用する場合には3名のチームが基本となるため、アメリカ軍ではスリー・メン・ウェポン(3 men weapon)とも呼ばれる。画像にある三脚は対地攻撃用のM3三脚架で、銃自体とは別の装備品である(本来は(実際には不可能だが)他の機関銃同様、ハンドルの保持だけで撃つもの)。M60パットンM1エイブラムスなどの戦車やM113M109といった装甲戦闘車輌では主に車長用武装としてキューポラに、ソフトスキン車輌ではキャビン上にマウントリングを追加して自由に旋回させられるようにして装備している。さらに近年はM2を搭載した遠隔操作銃座(RWS)が複数種開発され、ストライカーICVなどの車輌に搭載されている。

M2は、第二次大戦中に使われたアメリカ軍航空機の代表的な武装でもあった。しかし高いGのかかる空中戦では、翼内の弾薬の長いベルトリンクがねじれ、装弾不良が頻発、装備法に改良が加えられたが、完全とはいえなかった。このため、航空機には1機当たり多数を搭載することで、ねじれの発生で火力を失う事態を避ける工夫が成された。しかし、口径20mm以上の機関砲に火力で劣るため、現在ではM61などの航空機関砲に取って代わられ、アメリカ軍の固定翼機でこの銃を搭載する機種は運用されていないが、アメリカ海兵隊ではUH-1NCH-46ECH-53Eなどのヘリコプタードアガンとしてキャビン内から乗員が対地射撃をする際に使用している。また、アメリカ海軍の一部艦艇にも最終防衛ラインの一翼を担う兵器として装備されている他、アメリカ沿岸警備隊も使用している。

銃身交換の際は、100発程度で銃身の温度が約130-230°Cに達する。すると、銃身底部と機関部の間隔を調整する頭部間隙(ヘッドスペース)の調整と、撃発と排莢のタイミングを最適化するタイミング調整という作業が必須となる。これを怠ると命中精度が著しく損なわれる他、排莢不良や過大な発射ガス漏れによる射手の負傷など、事故へとつながる。調整にはそれぞれ専用のシックネスゲージを用いて行われる。本稿冒頭で紹介したFNハースタル社のFN M2HB-QCBはこの調整作業を省略できるようにした改良である。

陸上自衛隊でも戦車や装甲車への車載用の他、各部隊が対地対空兵器として装備しており、年間80挺を新規調達している。M3銃架は96式40mm自動てき弾銃と互換性がある。対空兵器として地上設置する場合はM63対空銃架を使用する。海上自衛隊でも護衛艦などに数挺搭載していたが、一時期搭載する艦艇は無くなった。しかし、北朝鮮不審船事件などを受けて再び搭載されるようになった。なお、M2は艦艇固有の装備ではなく搭載品として扱われている。海上保安庁では「13ミリ機銃」と呼称され、多くの巡視船に装備されている。

なお、国内でライセンス生産されたM2は過去数十年に渡り「耐久性、発射速度、命中率が要求性能を満たしていない」にも関わらず合格基準に達しているように、試験データを改竄し納入していたことが判明し問題とされてるが何も対策がされていない現状であり[1]、現場の使用者からは「国産は使えん、消耗が激しい」「ジャムが多い、連続射撃後一向に銃身が冷えない、水を掛けないとダメ、供与と国産でどうしてここまで違う?」とまで言われている。

狙撃銃としての使用例[編集]

ロイポルトCQBSS照準器を装着したM2を撃つアメリカ海兵隊員

ベトナム戦争において、後に確認殺害戦果93を挙げたアメリカ海兵隊のトップ・スカウト・スナイパーであるカルロス・ハスコックが、この重機関銃の射程の長さと威力に注目して前線基地で単発狙撃に使用し、7.62mm弾よりも弾道特性が良好で射程も威力も充分であると報告している。実際に、この時の狙撃は当時の最長距離の狙撃記録を大きく上回り(約2,300m)、その35年後に元から狙撃用として作られた対物ライフルによって、やっとこの記録は破られた。この銃は長時間の射撃に耐えるために長く重いブルバレルを持ち、三脚による固定と本体重量の恩恵で単発射撃では反動の問題もほとんどなく、発射速度が機関銃としては比較的遅いことから、トリガーでセミオート、フルオートのコントロールをするのが容易であったという。銃身・弾薬の精度は比較的高く、構造上も他の機関銃に比べれば狙撃に向いている。これは、ハスコックのオリジナルではなく、古くは朝鮮戦争の長期に亘る山岳戦において、長距離での狙撃に使われている。そこではブリーチをロックしてセミオート化し、上部にテレスコピックサイトを追加する事で、据付の長距離狙撃銃として使用したという記録が残されている。

フォークランド紛争ではアルゼンチン軍がM2にスコープを装備し、イギリス軍に対して単発射撃で遠距離狙撃に用いる戦術がとられた。これに対しイギリス軍では、有効射程の問題から自動小銃では応射できず(撃っても弾が届かない)、高価な対戦車ミサイルミラン」をアルゼンチン軍陣地個々に撃ち込むシラミ潰し砲撃で対抗することになった。この件は後に、バレットM82などの12.7mm以上の大口径対物狙撃ライフル開発のきっかけとなった。

日本軍での使用[編集]

ホ103
太平洋戦争では日本軍でも航空機関砲(固定式・旋回式)としてブローニング系機関銃やその改良型が大々的に使用された。陸軍は、ブローニングM2重機関銃の航空機搭載型であるAN/M2(MG53-2)をベースとし、ブレダSAFAT 12.7mm重機関銃の実包(12.7x81mmSR)規格に変更し、独自の改良を施した、ホ103(一式十二・七粍固定機関砲)を採用し、一式戦「隼」を始めとする大半の陸軍戦闘機に装備した。
ホ103はM2と比べ、砲自体が一回り小型軽量でかつ発射速度に勝るものの、代償として弾頭が少々軽いので、威力と初速で劣った(代わりにM2には無かった炸裂弾であるマ弾が使用可能)。また、M2の欠点は大きく重いことだが、ホ103はその重量を大きく下回った。
ホ5
更に陸軍は高威力20mm機関砲の開発に着手し、12.7mmのホ103をベースに20mm弾(20x94mm)に対応するように拡大改良したホ5(二式二十粍固定機関砲)を開発採用、四式戦「疾風」を始め、太平洋戦争中期以降登場の多くの陸軍戦闘機が装備した。
ホ5は口径20mmながら口径12.7mmのM2とほぼ同寸法同重量であり、発射速度や初速も優秀であったが80gの軽量弾ゆえに威力は列強の20mm航空機関砲に比べ劣った。
三式十三粍固定機銃
海軍でもM2をベースに、オチキス(保式)系である九三式十三粍重機関銃銃身と13mm弾(13.2x99mm)を用いる三式十三粍固定機銃として採用したが、搭載機は大戦後期登場の零戦五二乙型以降の少数の海軍戦闘機のみに留まった。こちらはM2と比べ発射速度に勝りサイズや重量はM2とほぼ同等だが、初速が低く、威力が劣った。

バリエーション[編集]

XM59マウントによってUH-1Dに取り付けられたXM213
空砲発射補助具を取り付けたK6
AN/M2
航空機搭載型。M2を航空機に乗せるため改造したモデル。登場初期から戦闘機に搭載されていたが、ベトナム戦争に入り、ヘリコプターなどに搭載され始めた。P-47 サンダーボルトなどの戦闘機の場合、主翼前縁に装備され、コックピットからの遠隔操作で発射できるようになっている。
GAU-15/A、GAU-16/A、GAU-18/A
航空機搭載型、乗員が直接射撃を行う。
M3M/GAU-21
ヘリ搭載型、FN社製。ヘリコプターの側面ドアに銃架と共に固定されており安定性が上がっている。連射速度を上げ、スペードグリップを大型化している。メタルループが付けられており、弾詰まりのトラブルを減らすことができる。
12.7 Lkk/42 VKT
フィンランドでコピーされたM2機関銃。銃身のヒートカバーの形状がベルグマン MG 15nAに似た形状であった。
K6
韓国統一重工業が老朽化したM2の代替に設計したコピー。銃身に把手を取り付けて、銃身交換を容易にしたもの。1989年から韓国軍に配備されている。
BRG-15
FN社がM2の後継に提案した改造型。口径の大きい15.5x106mm弾を使用。
M85
ジェネラル・エレクトリック社がM2の後継としてM2の設計を発展させて開発した50口径重機関銃。まず車両搭載用として開発され、M60戦車LVTP7水陸両用装甲車に搭載されたが、問題が多く、M2の後継とはならなかった。
XM806
ジェネラル・ダイナミクス社がM2の後継として開発を行っていた50口径重機関銃、2012年に開発が中止された。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013121800775

関連項目[編集]

類似の大口径重機関銃

外部リンク[編集]