ゴジラ対ヘドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴジラ対ヘドラ
Godzilla vs. the Smog Monster
監督 坂野義光
脚本 馬淵薫
坂野義光
製作 田中友幸
出演者 山内明
川瀬裕之
木村俊恵
麻里圭子
柴本俊夫
音楽 眞鍋理一郎
主題歌 かえせ! 太陽を
麻里圭子with
ハニー・ナイツ&ムーンドロップス
撮影 真野田陽一
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1971年7月24日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億円(当時)
前作 ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃
次作 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
テンプレートを表示

ゴジラ対ヘドラ』(ゴジラたいヘドラ)は、1971年(昭和46年)7月24日に「東宝チャンピオンまつり」の一編として公開された東宝製作の日本映画で、ゴジラシリーズの第11作である。観客動員数は174万人。東宝スコープ、85分、カラー作品。

概要[編集]

時代背景として、大きな社会問題であった公害問題を前面に打ち出し、特に当時話題だった「四日市コンビナートの工場煤煙」、「田子の浦港ヘドロ公害」を題材に採った作品。その田子の浦港の汚染された海から生まれた怪生物ヘドラと、ゴジラが対戦する。サイケデリック文化や若者のモラトリアムなど同時代の様々な背景も色濃く盛り込まれ、間々に公害をテーマとしたアニメが挿入されるなど異色作となっている。

この年春と前年夏、冬の「東宝チャンピオンまつり」興行では、旧作ゴジラ映画の短縮再編集版がメインにおかれた。夏興行用に制作された本作は、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』以来、2年ぶりの新作ゴジラ映画となった。公開時のキャッチコピーは、「流れ星でやって来た公害怪獣ヘドラ! 街を森をふみつぶし 二大怪獣が大決戦!」

坂野義光により書かれた本作の続編と思われる『ゴジラ対へドラ2』がプロットとして存在する。[要出典]

企画の発端[編集]

娯楽の多様化とテレビの台頭による「邦画の斜陽」は、この時期の東宝本社に深刻な制作本数の減少と売り上げの悪化をもたらし、「何をやっても当たらない」という状況となっていた。また、東宝特撮映画の顔であった円谷英二特技監督が、前年初頭に死去した。主要スタッフのほとんどが東宝を辞職、もしくは異動されるなどして、当時の東宝特撮の現場はほぼ崩壊状態にあった。東宝本社は組織を解体細分化、「映像事業部」などを発足させ、東宝の看板であった特撮映像技術の生き残りを模索していた。

こうした中、プロデューサーの田中友幸は「もう一度ゴジラを考えよう」と、日本万国博覧会(1970年)の「三菱未来館」の企画や、『日本海大海戦』(丸山誠治監督、1969年)での実景撮影などで円谷組の補佐を務めた坂野義光に企画を依頼した。坂野は「何でもいい」と言われたので、前年に起きた光化学スモッグ事件(校庭にいた女子高生が集団で倒れた)をきっかけに本作の企画を考え、「『いま最もポピュラーな悪は公害だから、公害の怪獣でもいいですか』と田中プロデューサーに聞いたら『いいよ』との答えだったので、ここから企画が始まった」と述べている。

低予算下での制作[編集]

こうして東宝本社のリストラ断行後、残った陣営による新体制で臨んだ本作だったが、上記したような本社の不振を受け、制作予算はこれまでになく低いものとなった。川北紘一はこの作品について「この予算でどうやって撮れというんだ? と思った」と述懐しており、この「末期的な状態」(川北談)という制作予算を考慮して、本作ではスタッフを本編班と特撮班に分けず、一班体制で制作を行うこととなった。

よって本作での特撮班スタッフは本編班に対する準備班的扱いとなり、中野昭慶と特殊美術スタッフのみがこれに当たる小規模編成が採られた。撮影キャメラマンには、円谷組特撮班を務め、本編撮影はこれが本人初となる真野田陽一が起用された。撮影スケジュールは本編撮影が先行され、この作品を前に新設された「映像企画室」への異動となった川北紘一は、本作では本編付き助監督となり、本編ロケが終わると特撮班を手伝うという状況だった。

坂野は中野と、「これまでのシリーズにない映像を採り入れよう」と打ち合わせたとのことで、「マルチ画面やアニメーションによる抽象的な社会描写の多用」「監督自身による水中撮影」など、全編がゴジラシリーズとしては異色の映像で彩られている。冒頭のヘドロの海が延々と写されるのも「公害」を訴える演出意図で、坂野は「あれだけ強調してやっとわかるんじゃないかと思う」と語っている。特撮大プールで本物の魚や各種素材を混ぜ込んで、この汚染された海面を表現したが、季節がら腐敗が速く、悪臭がものすごかったという。

こういった坂野の「画作りにこだわりたい」との意図から、予算配分は映像面に集中され、俳優は極力少人数として主演の矢野博士役を務めた劇団民藝所属の山内明ら以外は出演料の少ない新人を中心に起用し、本編セットは「矢野博士の研究室」と「ゴーゴー喫茶」の二つだけ組み、あとはすべてロケ撮影とした。またOHPスクリーンも合成画面に代えて使用され、本編セットの素材にも、前年に東宝が担当した万博の「三菱未来館」の特撮に使用した小道具が流用されるなど、徹底した省予算の方針が採られた。

制作期間は5週間しかなかった。ラストの決戦シーンは坂野と中野が同じ特撮第11ステージのセットの中で互いに、一日に30カットほどの撮影をこなすという驚異的なペースで進行したという。また、自らがスキューバ・ダイビングの免許所持者であり、東宝内で水中撮影班を率いていた坂野は、矢野博士の潜水シーンの吹き替えも自ら行っている。

制作中断と再開[編集]

本作では飛行形態となって逃げるヘドラを追って、「ゴジラが口からの熱線を放射する反動で後ろ向きに空を飛ぶ[注 1]」というシーンが描かれ、話題となったが、この描写のために、撮影スケジュールに支障をきたすこととなっている。この「ゴジラが空を飛ぶ」というアイディアは、「テレビ時代のスピード感を」と、監督である坂野と特撮班のリーダーである中野が提案し採り入れたものだが、これに対し、プロデューサーの田中友幸が猛反発した。このシーンでの田中と坂野との論争を含め、低予算での制作体制が現場にさまざまな軋轢を生むなか(本編班で助監督を務めていた川北紘一は、正統派怪獣映画としては本流から外れるこの「公害テーマ」には違和感があったと述べている[1])、撮影中途で制作予算が尽きてしまった。このため、東宝本社は本作の制作を打ち切ることを決め、撮影を中止するよう現場に伝えた。

そこでスタッフは、前作まで本編演出の要として「ゴジラシリーズ」を支えてきた本多猪四郎を招き、中途までのフィルムを観てもらい、監修してもらう形でなんとか本社から制作再開をとりつけた。こういう役割を本多に依頼しなければ、到底再開は無理な状況だったという。

こうした最中、田中が体調不良で入院した。坂野はこれを幸いと、その間に東宝の重役、宣伝部長、撮影所所長らから「ゴジラの飛行」の許可をとりつけ、劇中に盛り込んだ。中野昭慶によると、この「ゴジラの飛行」は内外でも賛否両論だったが、アメリカでは大絶賛されたといい[2]、宣伝部長や撮影所所長らも「スピード感が出ていいんじゃないか」と褒めてくれたという。このシーンは坂野によると、「カットしても前後がつながるよう撮った」とのことであるが、田中が退院した時点ではもう変更不可能な段階だったとのことで、試写でこれを観た田中は「ゴジラの性格を変えてもらっては困る」と立腹し[3]、しばらく坂野と口をきかなかったそうである。坂野は本作の続編企画を立てていたが、実現しなかった。後年、坂野は田中が「あいつには二度と特撮映画を監督させない!」と激怒していたことを人づてに聞いたと語っている[3][注 2]

しかし、こうした困難の中完成した当作は、夏休み興行の中、空前の「変身・怪獣ブーム」を受けてまずまずのヒットを記録、東宝は「ゴジラが他怪獣とチャンピオンの座を競い合う」というコンセプトのもと、ゴジラ映画を中心とした「東宝チャンピオンまつり」興行を本格化。翌年にはさらにヒーロー化したゴジラに、キャラクタライズされた新怪獣ガイガンを加え、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』を制作することとなる。

『ゴジラ対ヘドラ』と坂野演出[編集]

製作当時、ゴジラ作品は年少者向けの映画へとシフトチェンジしつつあったが[注 3] 、本作には人の皮膚が焼けただれたり、白骨化する描写など残虐な演出も多く、劇中で主人公格の青年が死ぬなど、ストーリーや音楽も全体的に暗く重い[注 4]。ゴジラをヒーローとし空を飛ばせるなど、観客である子供へのサービスも忘れてはいないが、ラストシーンではゴジラに(身勝手な人類に対する)怒りの表情を持たせるなど、単なる勧善懲悪に終わらせていない。

本作を演出した坂野の中で、当時の公害は大きな存在だったという。大阪万博の打ち合わせの行き帰りに通る四日市や田子の浦の環境汚染は、坂野に強い印象を残した。「第1作目の『ゴジラ』(本多猪四郎監督、1954年)にあったメッセージ性を取り戻したい」との気持ちも強く、「エビのお化けやなんかと闘うとかじゃなく、最もポピュラーな社会悪と闘うという形にしたい」という考えがあったという。1971年当時、大都市圏では光化学スモッグによって児童生徒が集団で倒れる事件も相次ぎ、劇中で描かれるヘドラの猛威は、現実と重なるリアルさをもって描かれていた。劇伴音楽もこの公害の猛威を強調する意図で作られたが、作曲担当の眞鍋理一郎はおとなしい人柄で、坂野は「曲調をもっと強く」とかなりあおって作曲してもらったという。

坂野は馬淵薫と共同作業で脚本を執筆しているが、物語の基本的な構想は、すべて坂野の意向が反映されたものとなっており、「ヘドロの中から成長していく」というヘドラの設定については、「ゴジラが放射能から出てきたのと同じ発想があった」と語っている。また、坂野は本作の主題歌「かえせ! 太陽を」の作詞も手掛けているが、この歌の「鳥も魚もどこへ行ったの」や「野も山も黙っちまった」などの詩文は、当時アメリカの反公害運動のテキストだった『沈黙の春』(著:レイチェル・カーソン)からイメージをとったものだった。

ストーリー[編集]

海洋汚染が進む駿河湾では、オタマジャクシに似た奇妙な生物が見つかり、さらにそれに似た怪獣によるタンカー事故が相次いで発生していた。漁師の吾平から奇妙な生物を持ち込まれた海洋生物学者の矢野は息子の研と共に調査へ出かけるが、矢野は海底で謎の生物に襲われて重傷を負い、研も海岸で巨大なオタマジャクシの生物を目撃する。

ゴジラが大好きな研は、ヘドロだらけの海を見たらゴジラも怒るだろうな、と考える。そんな汚れた海から産まれた怪獣ということで、謎の生物はヘドラと命名された。そしてある夜、工場の排煙を求めてヘドラが上陸してくる。ゴーゴー喫茶で踊っていた行夫とミキはヘドラに遭遇するが、そこへゴジラが出現。2頭は激しい戦闘を繰り広げるが決着は付かずに終わる。翌日、街には硫酸ミストの被害が蔓延していた。矢野は散らばっていたヘドラの細胞から恐るべき生態を暴き、さらに2人の目撃談からヘドラの新たな能力を示唆する。

ヘドラは当初、夜間や雨天時しか上陸してこないと思われていたが、成長したヘドラは飛行能力を得て白昼堂々と出現した。ヘドラが飛び回る先では硫酸ミストがばらまかれ、人々が次々と倒れていく。ゴジラも再び現れるが、ヘドラを取り逃がしてしまう。

ヘドラによる被害はますます増大し、深刻な社会問題となる。矢野は研のアイディアからヘドラを倒す方法を思いつくが、ヘドラはとうとうゴジラを凌駕するほどに巨大化し、富士山麓に出現した。そしてゴジラも三度現れ、ヘドラとの最終決戦が始まる。

登場キャラクター[編集]

ゴジラ
ヘドラ
魚人間
ゴーゴー喫茶で行夫の幻覚に現れる、頭だけ魚になった人間たち。美術スタッフによってカリカチュアライズされた意匠の魚のゴム製マスクが作られた。これを被ったものが画面に10数人登場する。

登場兵器[編集]

巨大電極板
ヘドラを乾燥させるために建造された2基の電極板。元々北海道の湿地性土壌の乾燥に用いられていたもので、乾燥に弱いヘドラを倒すために矢野博士の提案で自衛隊富士山麓に設置した。2枚の間に高圧電流を流すことによって高温を発生させ、追い込んだヘドラの体内から水分を蒸発させることを目的とする。高さ40メートル、幅60メートル、陰極と陽極の距離1キロメートル、電圧300万ボルトと設定されている。制御装置も野外にむき出しで設置されている。
劇中ではゴジラとヘドラの戦いの最中に送電線を破壊され一時は沈黙、ヘドラが電極板の間に入ったところでゴジラの熱線により強引に作動、ヘドラに大ダメージを与えた。その後、ゴジラが逃走を図ったヘドラを取り押さえたまま修理が完了、すぐさま自衛隊が起動させるも今度は電子回路のヒューズが飛んでしまい再び沈黙、結局ゴジラが熱線で終始起動させ、ヘドラの肉片全ての組織を破壊させたことでヘドラを倒すのだった。また、ヘドラを電極板の間に入るように誘導するためにジープ3台でのヘッドライトの点滅と超音波発生器での超音波を使用している。
ゴジラの熱線を受けても破壊されることはなかったが、その理由等については劇中や設定でも特に説明ない。
ミニチュア製作は井上泰幸ら特美スタッフ。中野昭慶によると、トースターから着想したデザインだという。
酸素爆弾
ヘドラに対して使われた爆弾。劇中の学者の解説によると生物に有害な物質を吸収するヘドラにとって、生物に無害な酸素は有害に作用すると推測されている。これを元に自衛隊が開発したもので、V-107ヘリコプターに外付けされて、ヘドラの前方に投下する。
巨大電極板と並行して、ヘドラへの攻撃に用いられたが、全く効果が無いうえに、地上部隊との連絡不備で巨大電極板への誘導中にも爆撃を行い、ヘドラの光線でヘリは撃墜された。

スタッフ[編集]

本編[編集]

特殊技術[編集]

特殊視覚効果[編集]

主題歌[編集]

かえせ! 太陽を
作詞 - 坂野義光/作曲 - 眞鍋理一郎/編曲 - 高田弘/歌 - 麻里圭子 with ハニー・ナイツ & ムーンドロップス

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下ノンクレジット出演者[6]

映像ソフト化[編集]

  • ビデオ
    1986年発売。
  • レーザーディスク
    1996年発売。
  • DVD
    ジュエルケース版は2004年4月28日発売。2008年3月28日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションIII」に収録されており、トールケースの単品版も同時発売。2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」にも収録されている。2014年5月14日には「ゴジラ60周年記念」として期間限定の廉価版も発売されている。
  • Blu-rayディスク
    2014年7月16日に発売。

同時上映作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「尾を前足で抱え、体を丸める」というポーズで飛行するが、体を支えるものが無いため、通常ならアンギラスボールのように地上を回転移動することになるはずである。
  2. ^ 坂野は以後、得意の水中撮影分野から、『すばらしい世界旅行』や『野生の王国』などのテレビドキュメンタリー撮影へと活躍の場を拡げている。
  3. ^ 前作『オール怪獣大進撃』は子供を主人公にした子供向け映画だった。
  4. ^ ただし、擬人化されたゴジラのコミカルな動作やブラックジョーク風のギャグも多く盛り込まれている。

出典[編集]

  1. ^ 川北紘一 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』 洋泉社2010年、93頁。ISBN 978-4-86248-515-1 
  2. ^ 『てれびくんデラックス愛蔵版 ゴジラ1954-1999超全集』 小学館2000年、18頁。ISBN 4091014704 
  3. ^ a b 朝日新聞 土曜版 2014年1月11日 映画の旅人 ゴジラ - 朝日新聞社
  4. ^ DVDオーディオコメンタリーでの中野昭慶の発言より。
  5. ^ a b c 役名はいずれも制服のネームプレートより。
  6. ^ 中野昭慶、染谷勝樹 『特技監督 中野昭慶』 ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年、448頁。ISBN 978-4-89830-280-4

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』(東宝)
  • 『大ゴジラ図鑑1・2』(ホビージャパン)
  • 『大怪獣ゴジラ99の謎』(二見文庫)
  • 『ゴジラ対ヘドラDVD』(東宝ビデオ)
  • 『ニッポン無責任野郎DVD』(東宝ビデオ)坂野監督のコメンタリー
  • 『平成ゴジラパーフェクション』(アスキー・メディアワークス)

関連作品[編集]

  • いろはの"い" - 東宝制作の事件記者ドラマ。本作のガスタンク爆発シーンがオープニングタイトルに流用されている。

外部リンク[編集]