富山省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富山 省吾(とみやま しょうご、1952年2月27日 - )は、東宝映画プロデューサー株式会社東宝映画第4代代表取締役社長である。東京都出身。

略歴[編集]

  • 1975年:早稲田大学第一文学部卒業後、東宝株式会社に入社。
  • 1983年:宣伝部を経て株式会社東宝映画に出向。以後多くの作品にプロデューサーとして参加、その後企画部部長となる。
  • 1989年:『ゴジラvsビオランテ』から林芳信と共に田中友幸をアシストする形でゴジラシリーズのプロデューサーとして参加。
  • 1994年:『ゴジラvsスペースゴジラ』からゴジラシリーズにおいて製作を担当するようになる(クレジットでは「協同製作」。
  • 1995年:4月より株式会社東宝映画取締役に就任、『ゴジラvsデストロイア』では田中友幸と連名で「製作」)。
  • 1996年:『モスラ』から田中友幸に代わり本格的に東宝特撮映画のプロデューサーとして活動を始める。
  • 2004年:4月より株式会社東宝映画社長に就任、『ゴジラ FINAL WARS』を最後にゴジラシリーズのプロデューサーから手を引く。2010年3月31日で社長を退任。
  • 2013年:日本アカデミー賞協会の運営に携わる傍ら、ndjcスーパーバイザーとして若手の育成に尽力している。

プロデュース作品[編集]

ゴジラシリーズ[編集]

その他のプロデュース作品[編集]

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]