福田純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福田 純(ふくだ じゅん、1923年2月17日 - 2000年12月3日)は日本映画監督脚本家満州出身。日本大学芸術学部卒業。

人物[編集]

1923年満州国新京市で生を受ける。父が南満州鉄道に勤務していたため、幼少期を満州で過ごす。日本大学に進学したが、講義にはほとんど出ず、一日の大半を、読書と映画鑑賞に費やしていた。1946年に、東宝の助監督募集を聞いて試験に参加。200人が募集する中で合格。稲垣浩本多猪四郎らの助監督をする中で、映画製作に必要な、スタッフや出演者間のスケジュールの調整、予算の管理などのノウハウを得る。東宝争議の際には、地方ロケ中だったため争議には直接巻き込まれず、社の収入を確保するために、一緒だったスタッフや俳優と共に即席の劇団を組んでいる。1959年、『恐るべき火遊び』で監督に昇進。以降、東宝において映画黄金期から斜陽期にかけ、若大将シリーズなどの青春映画、ゴジラシリーズをはじめとする特撮映画、アクション映画、コメディ映画など、多様なジャンルの作品を監督した。

軽快な演出を持ち味にしており、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』と続けて担当した二作では、シリーズでおなじみの伊福部昭ではなく、佐藤勝に作曲を依頼しているが、「伊福部さんだとどうしても重くなっちゃうんで、佐藤さんにやってもらいました」とコメントしている。

特撮映画では、それほど特撮班と綿密に打ち合わせをするタイプではなく、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』で組んだ有川貞昌特技監督は、「本多猪四郎監督と比べて画面を合わせるのに苦労した」と語っている。

1977年、『惑星大戦争』を最後に、東宝との専属契約を解除。その後、自ら映画プロを設立し、『世田谷文化人シリーズ』などのドキュメンタリー映画の製作に余生を費やした。

2000年12月3日肺癌のため死去。77歳没。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

著書[編集]

  • 染谷勝樹と共著 『東宝映画100発100中!映画監督福田純』(ワイズ出版) ISBN 4898300634

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]