ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴジラ・ミニラ・ガバラ
オール怪獣大進撃
All Monsters Attack
監督 本多猪四郎
脚本 関沢新一
製作 田中友幸
出演者 矢崎知紀
佐原健二
中真千子
天本英世
堺左千夫
鈴木和夫
田島義文
当銀長太郎
佐田豊
毛利幸子
宮田芳子
音楽 宮内國郎
主題歌 「怪獣マーチ」
佐々木梨里東京ちびっこ合唱団
撮影 富岡素敬
編集 永見正久
配給 東宝
公開 日本の旗 1969年12月20日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億6千万円(当時)
前作 怪獣総進撃
次作 ゴジラ対ヘドラ
テンプレートを表示

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(ゴジラ・ミニラ・ガバラ オールかいじゅうだいしんげき)は1969年(昭和44年)12月20日に第一回「東宝チャンピオンまつり」の一篇として東宝が製作・公開した日本映画で、「ゴジラシリーズ」第10作。観客動員数は148万人。カラー、シネスコ、70分。同時上映は『コント55号 宇宙大冒険』『巨人の星 ゆけゆけ飛雄馬』。

概要[編集]

登場怪獣はゴジラミニラガバラカマキラス。過去の映像の流用でクモンガアンギラスゴロザウルスマンダエビラ、大ワシ[1]。これらは一郎少年が夢の中で想像したものである。劇場ポスターはイラストで怪獣たちを描いたものだが、このなかには、アンギラス、マンダ、大ワシが含まれていない。

検討用台本第一稿での登場怪獣はタイトルの三怪獣とクモンガ、ラドン大ダコであったが本多監督の所持していた台本にラドンと大ダコの出番をカットしエビラに変更すると書かれており、決定版となった第二稿ではラドンの役割がカマキラス、大ダコがエビラになっている[2]。ラドンは本編に名前のみ登場した。

ゴジラ作品唯一の教育映画であり[要出典]、怪獣の存在しない現実世界を舞台としている。当時話題になっていた「公害問題」や「鍵っ子」「児童誘拐」を取り上げている。ただし、公害問題についてはほんの少し会話で触れる程度であり、これを本格的に取り上げたのは次回作『ゴジラ対ヘドラ』でのことである。

「邦画の斜陽」による東宝本社の深刻な営業不振は、翌1970年(昭和45年)に制作部門の縮小・解体、リストラを招いた。怪獣路線は1968年8月の『怪獣総進撃』を集大成として中止されるはずであったが、『緯度0大作戦』をはじめとする1969年8月の興行収入が前年を大幅に下回ったため急遽ゴジラシリーズの再開を決定した[2]。しかし、この興行から『東宝チャンピオンまつり』という番組の一篇に組み込まれ、以後「ゴジラシリーズ」は黄金期の1/3から1/4という低予算での製作体制となっていった。

シリーズでは唯一、手間のかかるプール撮影が行われていない。特撮シーンの約半分は『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』や『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』等の作品の映像を流用しているが、これは企画書の段階で決定していたものであり、またこの予算的な都合と、当時円谷英二を始め有川貞昌ら円谷組が大阪万博の映像製作にかかりっきりであったため、従来のように本編班と特撮班とに分けず、特撮演出は本編の本多猪四郎が兼任して一班体制で制作されている。

こうした経緯で円谷英二は制作には関与していないが[3]スタッフの円谷に対する敬意として、「監修」クレジットがなされている[要出典]。円谷は本作公開の約1カ月後にあたる1970年1月25日に死去し、同年3月1日をもって東宝は「特殊技術課」を廃止。特殊技術スタッフは新設された「映像事業部」へと吸収され、映画特撮以外の映像制作に当たるようになっていった。

本作は、「東宝チャンピオンまつり」の第1回冬興行作品である。本作以後、東宝は年1作の新作ゴジラ映画と、過去の特撮作品のリバイバルをメインにし、TVアニメなどを組み合わせた番組を春・夏・冬休みの子供向け興行として続けていくこととなる。本作に次ぐ翌1970年(昭和45年)3月1日の「チャンピオンまつり春興行」では、『キングコング対ゴジラ』(本多猪四郎監督、1962年(昭和37年))をメインに番組が組まれたが、この際、経費を省くため、オリジナルのネガフィルムを本多に無断で再編集し、短縮版として上映する処置がされた。以後、『モスラ対ゴジラ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』、『怪獣大戦争』など、「チャンピオンまつり」興行のたびに、これらの過去作品のオリジナル原版フィルムが裁断され、再編集されていく慣習となっていったのである。

また本作で登場した怪獣島の設定は、「チャンピオンまつり」興行の中、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(福田純監督、1972年(昭和47年))以降、主役怪獣ゴジラの住処として劇中設定に組み込まれることとなった。

パンアメリカン航空タイアップしている。機関士・三木健吉役の佐原健二は、撮影で実際に機関車を運転している。

11月30日に晴海国際スケートリンクで映画のPRで、佐原健二、中真千子、ゴジラ、ミニラ、ガバラが登場(着ぐるみは本編に使われたものでスーツアクターも同一)。

ストーリー[編集]

いじめられっ子で引っ込み思案の小学生・三木一郎は、両親が共働きの鍵っ子だ。彼のもっぱらの楽しみは、同じアパートに住む「発明おじさん」こと南信平が作った玩具で遊ぶこと。その玩具を使って夢の世界へ向かった一郎は、怪獣島に住むミニラと出逢った。そこで一郎はミニラが、自分をいじめているガキ大将と同名であるいじめっ子怪獣ガバラにいじめられていることを知り、彼(?)を激励する。

一郎がそんな夢に浸っている最中、逃亡中の2人組の銀行強盗犯がひょんなことから一郎を人質に取ろうと企てる。

怪獣島[編集]

多数の地球怪獣が生息する。本作では一郎少年の夢の産物として登場。島へはパンアメリカン航空から「怪獣第1号」便がでている。たまに島を赤イ竹の戦闘機[4]が襲うことがある。

スタッフ[編集]

本編[編集]

特殊技術[編集]

特殊視覚効果[編集]

主題歌[編集]

キャスト[編集]

※映画クレジット順

  • 旅館のおかみさん:宮田芳子 ※ノンクレジット(配役表に記載あり)[要出典]

映像ソフト化[編集]

  • ビデオ
    1992年発売
  • レーザーディスク
    1996年発売
  • DVD
    2004年3月26日発売。2008年2月22日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションII」に収録されており、単品版も同時発売。2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」にも収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(福田純監督、1966年(昭和41年))の「大コンドル」の映像の流用。
  2. ^ a b 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、132 - 135頁。ISBN 9784864910132 
  3. ^ 『東宝特撮映画大全集』(ヴィレッジブックス)では、円谷の体調不良を理由に挙げている。
  4. ^ 『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』の劇中シーンから抜粋。
  5. ^ 撮影には一切関わっていない。
  6. ^ アメリカ公開版では、アメリカ原盤の別曲に差し替えられている。

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』(東宝)
  • 『大ゴジラ図鑑1、2』(ホビージャパン)
  • 『大怪獣ゴジラ99の謎』(二見文庫)
  • 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』(洋泉社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]