霧の旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

霧の旗』(きりのはた)は、松本清張の長編小説。兄の弁護を断った弁護士に対する、女性の理不尽な復讐を描く、リーガル・サスペンス。『婦人公論』に連載され(1959年7月号 - 1960年3月号、連載中の挿絵は山本正)、1961年3月に中央公論社より刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

1965年1977年の2度にわたり映画化、また多数テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

九州の片田舎で発生した、金貸しの老女の強盗殺人事件。被害者から金を借りていた教師の柳田正夫が、犯人として検挙された。柳田は、殺害現場での借用証書の窃取は認めたものの、殺人に関しては無罪を主張する。しかし、殺人の物的証拠が揃い十分な動機も認められた状況の中で、柳田の主張は受け入れられず、国選弁護人も状況を覆すことはできなかった。思いあまった妹の桐子は、高名な弁護士の大塚に弁護の依頼を申し出るが、拒絶される。やがて、無実を訴えながら獄中で非業の死を遂げた兄のため、桐子がある行動に出る。

主な登場人物[編集]

小説中、桐子が訪れた大塚弁護士の事務所が所在する設定とされる、東京・丸の内二丁目の一角。小説第1節では、「煉瓦の建物が道の両方に高く並んでいる区域」と描写されているが、現在は、写真左側の三菱一号館(再建)を除き、大半が現代的なビルとなっている。
  • 原作における設定を記述。
柳田桐子
北九州のK市に住むタイピスト。少女のような稚さの残る顔立ちと強い視線が特徴的な若い女性。
大塚欽三
丸の内二丁目に事務所を構える、日本でも指折りの有名な弁護士。
河野径子
銀座の高級レストラン「みなせ」の女性経営者[1]
阿部啓一
総合雑誌の若い編集者。
奥村
大塚弁護士事務所の事務員。
信子
銀座のはずれにあるバー「海草」の女給。
杉浦健次
「みなせ」の給仕頭。
山上武雄
杉浦健次の知人の青年。

エピソード[編集]

  • 映画『張込み』の製作以降、著者と面識のあった橋本忍の発言によれば、当時著者は、アラブ人男性のフランス人医師に対する復讐を描くフランス映画『眼には眼を』を観て非常に感心し、こういう(趣向の)ものを書きたいとさかんに言っており、そうした発言ののちに著者が本作を執筆したとされている[2]
  • 本作は単行本化の際、最終回連載部分に原稿用紙30枚分の加筆がなされた。特に大塚の懇願に対する桐子の態度の描写や、第二の殺人に関する大塚の推理部分、桐子が検事に宛てて送った手紙の部分が大幅に加筆、精緻化された[3]
  • 詩人・翻訳家の天沢退二郎は、小説の描写において、桐子の意識に入り込んだ描写と、大塚・阿部の意識に立ち入りつつ桐子に関して外面模写のみに終始する描写が振り分けられ、二つの異なる桐子像が小説内で峻別されていることを指摘している[4]。社会学者の作田啓一は、本作において大塚弁護士の側に罪があるとすればそれは「無関心の罪」であり、現代人の多くがひそかに心あたりのある感覚であると分析している[5]

映画[編集]

1965年[編集]

霧の旗
監督 山田洋次
脚本 橋本忍
製作 脇田茂
出演者 倍賞千恵子
滝沢修
音楽 佐藤勝
撮影 高羽哲夫
編集 浦岡敬一
配給 松竹
公開 日本の旗 1965年5月28日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1965年5月28日公開。製作は松竹大船、配給は松竹。桐子の出身地は熊本とされている。DVD化されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 本映画は当初東宝の企画として、橋本忍による脚本が書かれていた[6]。しかし脚本を読んだ山田洋次が松竹に持ち込み、松竹の城戸四郎と交渉の末、映画化が実現した[7]
  • 倍賞千恵子の柳田桐子役への起用は、「『下町の太陽』の女優に復讐させる」という橋本忍の提案を、山田洋次が採用したもの。皇居の前を桐子が歩くシーンは、脚本にはなく山田が現場で考えたが、山田は倍賞を「(無心になって)ただ歩いているというのが軽やかにできる人」と賞賛している[8]
  • 打ち合わせの際、河野径子役の新珠三千代は「やりにくい」と言ったが、橋本忍は「主役は倍賞さんと滝沢(修)さんとあなたの三人。こういう場合、どうしても一人、損な役が出てきちゃうんですよ」と言い、納得させようとしたという[9]

1977年[編集]

霧の旗
監督 西河克己
脚本 服部佳
製作 堀威夫
笹井英男
出演者 山口百恵
三浦友和
三國連太郎
関口宏
夏夕介
石橋蓮司
高橋昌也
音楽 佐藤勝
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1977年12月17日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1977年12月17日公開。製作・配給は東宝西河克己監督。山口百恵映画主演作品。現在はDVD化されている(ただし今日では不適切な表現が多く"ピー音"で処理されており、不完全版となっている)。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 本映画は山口百恵と三浦友和の通算7作目の共演作品であり、監督の西河克己は、『伊豆の踊子』をはじめ、多くの作品でメガホンを取ってきたが、本作が百恵映画としては最後の監督作品となった。
  • 西河は当初、百恵に悪女を演じさせるのはまだ早いと考え、柳田桐子役を演じることに反対していた。しかし、百恵は強くこだわり、「歌にもいろんなレパートリーがあるように、映画の私の役柄にもこういうのがあってもいいんじゃないか」と答えた。西河は百恵の演技の中で「ウソのつき方」に注目、百恵が大塚弁護士、阿部啓一、取り調べの刑事、それぞれに対して、「ウソをつく時の胸算用」を表情を変えながら細かく表現し、これが細かな演技指導によるものではなく、もともと本人がもっている人間的迫力が出たのだと、西河は評価している[10]
  • 原作と比べて、三浦友和が演じる阿部啓一の登場場面が多いことが特徴の一つとなっており、原作にはない阿部と桐子の恋愛感情が描かれている。三浦はできるだけ原作に近くなるように「恋人らしくない」セリフ回しを心がけたとされている[11]。また、三國連太郎は、1969年版テレビドラマに続いて、2度目の大塚弁護士役を演じている。

同時上映[編集]

惑星大戦争

テレビドラマ[編集]

1967年版[編集]

霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 23:00
放送期間 1967年10月5日 - 10月26日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ
演出 奈良井仁一
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 須川栄三
出演者 芦田伸介
広瀬みさ
テンプレートを表示

NET(現・テレビ朝日)、「ナショナルゴールデン劇場」(22:00-23:00)にて、10月5日から10月26日まで放送(全4回)。

キャスト
大塚欽三:芦田伸介
柳田桐子:広瀬みさ
草笛光子
岸田森
児玉清
東恵美子
原田芳雄
武藤英司
瀬良明
志水辰三郎
入江洋祐
スタッフ
脚本:須川栄三
演出:奈良井仁一
NET(現・テレビ朝日)系列 ナショナルゴールデン劇場
前番組 番組名 次番組
北斗の人
(原作:司馬遼太郎
(1967.8.3 - 9.28)
霧の旗
(1967.10.5 - 26)
女の中の悪魔
(原作:由起しげ子
(1967.11.2 - 23)

1969年版[編集]

霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:30 - 22:26
放送期間 1969年8月22日 - 9月26日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 宇留田俊夫
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 大野靖子
出演者 栗原小巻
三國連太郎

特記事項:
第7回ギャラクシー賞、第10回期間奨励賞受賞作品
テンプレートを表示

フジテレビおんなの劇場」(21:30-22:26)にて8月22日から9月26日まで放送(全6回)。第7回ギャラクシー賞、第10回期間奨励賞受賞作。

キャスト
柳田桐子:栗原小巻
大塚欽三:三國連太郎
大塚道子
菅貫太郎
八千草薫
山本圭
加藤嘉
スタッフ
脚本:大野靖子
演出:宇留田俊夫
制作:フジテレビ
フジテレビ系列 おんなの劇場
前番組 番組名 次番組
堀川波の鼓
(原作:近松門左衛門
(1969.8.8 - 15)
霧の旗
(1969.8.22 - 9.26)
離縁
(原作:山本周五郎
(1969.10.3 - 24)

1972年版[編集]

霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:30
放送期間 1972年2月14日 - 2月18日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 大原誠
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 石堂淑朗
出演者 植木まり子
森雅之
岡田茉莉子

特記事項:
第12回日本テレフィルム技術賞・奨励賞受賞作品
テンプレートを表示

NHK銀河ドラマ」(21:00-21:30)にて2月14日から2月18日まで放送(全5回)。第12回日本テレフィルム技術賞(現・映像技術賞)・奨励賞受賞作。桐子の故郷は鳥取県の設定。

キャスト
柳田桐子:植木まり子
大塚欽三:森雅之
河野径子:岡田茉莉子
阿部啓一:柴田侊彦
大塚芳子:加藤治子
柳田正夫:明石勤
高坂良平:柳永二郎
杉浦健次:峰岸徹
木元信子:根岸明美
山上武雄:草野大悟
鈴木検事:横森久
奥村一夫:立岡晃
村上刑事:西山嘉孝
堀田弁護士:溝田繁
女中:千石規子
掃除婦:筧豊子
運転手:三上雄三
大塚家女中:高坂真琴
大塚家女中:井上千枝子
飲み屋おかみ:河東けい
バーの女:松田友絵
バーの女:桜井とし子
依頼の客:山田晴生
ゴルフの男(レストランの客):永井秀明
ゴルフの男(レストランの客):館敬介
ゴルフの男(レストランの客):松本朝夫
バー「海草」の客:戸沢佑介
バー「海草」の客:宮内幸平
バー「海草」の客:川副博敏
バー「海草」の客:代志住正
バー「海草」の客:北村耕太郎
レストランボーイ:大山高男
酔漢:築地博
バーテン:本田統
老人:笹川恵三
女看守:渡辺芳子
刑事:中村武己
地検書記:小関一
ナレーション:和田篤
スタッフ
脚本:石堂淑朗
演出:大原誠
音楽:湯浅譲二
撮影:並木豊
制作:NHK
NHK 銀河ドラマ
前番組 番組名 次番組
家族会議
(原作:横光利一
(1972.1.17 - 28)
霧の旗
(1972.2.14 - 18)
黒い群像
(原作:ジョルジュ・シムノン
(1972.2.21 - 25)

1983年版[編集]

松本清張の霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 23:24
放送期間 1983年1月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 せんぼんよしこ
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 市川森一
出演者 大竹しのぶ
二谷英明
エンディング 岩崎宏美聖母たちのララバイ
テンプレートを表示

松本清張の『霧の旗』日本テレビ火曜サスペンス劇場」(21:02-23:24)にて、1月4日に放送。視聴率22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
柳田桐子:大竹しのぶ
河野径子:小川真由美(特別出演)
柳田正夫:松任谷正隆
小林薫
三ツ木清隆
佳那晃子
矢崎滋
小野武彦
桜町弘子
新井康弘
緋多景子(現・樋田慶子
大塚欽三:二谷英明
スタッフ
脚本:市川森一
演出:せんぼんよしこ
音楽:佐藤允彦
制作:松竹日本テレビ、霧プロダクション
日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
黒いカーテン
(1982.12.28)
松本清張の霧の旗
(1983.1.4)
切り裂かれた時間
(1983.1.11)

1991年版[編集]

松本清張作家活動40年記念
霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:51
放送期間 1991年11月23日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 出目昌伸
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 橋本綾
プロデューサー 池ノ上雄一
坂本年文
岩永恵
坂梨港
出演者 安田成美
田村高廣
テンプレートを表示

松本清張作家活動40年記念『霧の旗』。テレビ朝日「土曜ワイド劇場」(21:02-22:51)にて、11月23日に放送。視聴率20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。桐子の故郷は佐賀県呼子町(現・唐津市)、大塚弁護士事務所の所在は新宿に設定。

キャスト
柳田桐子:安田成美 (呼子町から兄の弁護を依頼するために上京してきた若い女性)
大塚欽三:田村高廣 (東京・新宿の弁護士)
河野径子:阿木燿子 (フランス料理屋「みなせ」のオーナー)
阿部圭一:平田満 (『週刊フロンティア』の編集者)
柳田正夫:大和田獏 (桐子の兄で小学校教師)
杉原建治:広岡瞬 (「みなせ」のボーイ長)
佐々木信子:松井紀美江 (東銀座のバー「海草」のホステス)
大塚芳子:麻志奈純子 (大塚欽三の妻)
奥村:頭師孝雄 (大塚弁護士事務所の事務員)
山上:遠藤憲一 (杉原建治の友人)
渡辺キク:谷本小代子 (呼子の金貸し)
久岡:亀山助清 (阿部圭一の上司)
上田課長:斉藤暁 (佐賀県警の刑事)
山本刑事:三木敏彦 (警視庁の刑事)
木村刑事:土門廣
島木検事:角野卓造
客:須永慶麻ミナ
お手伝い:来路史圃
大西多摩恵角田よしこ小寺大介小甲登枝恵佐藤幸雄本庄和子村添豊徳近藤眞義村上幹夫平井一幸鎌田功泰居真奈美玉城善広
スタッフ
脚本:橋本綾
プロデューサー:池ノ上雄一坂本年文岩永恵坂梨港
演出:出目昌伸
音楽:坂田晃一
撮影:原一民
美術:石田良之
録音:米山英明
照明:中川勇雄
編集:山口一喜
音響効果:大泉音映
整音:映広
現像・テレシネ:東映化学
撮影協力:浅草花やしき東日本旅客鉄道
制作:東映テレビ朝日
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
尼さん探偵名推理3
(1991.11.16)
松本清張作家活動40年記念
霧の旗
(1991.11.23)
もう一つの旅路
(1991.11.30)

1997年版[編集]

松本清張スペシャル
霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:07
放送期間 1997年9月12日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 富永卓二
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 古田求
出演者 仲代達矢
若村麻由美
テンプレートを表示

松本清張スペシャル『霧の旗』。フジテレビ「金曜エンタテイメント」(21:00-23:07)にて、9月12日に放送。視聴率17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
大塚欽三:仲代達矢
柳田桐子:若村麻由美
阿部啓一:三浦浩一
佐藤信子:藤田朋子
河野径子:萬田久子
小林誠一:益岡徹
奥村次男:大出俊
柳田正夫:赤羽秀之
長森雅人
早川純一
小宮久美子
永野典勝
中山研
神林茂典
井上博一
工藤明子
宮田圭子
山村嵯都子
勝村淳
梶本潔
河野元子
村尾かおり
池田勝志
加藤正記
七条孝夫
佐々木敏則
田浦高志
兵頭未来祥
スタッフ
脚本:古田求
演出:富永卓二
音楽:坂田晃一
制作:仕事 (芸能事務所)映像京都、霧企画

2003年版[編集]

松本清張サスペンス特別企画
霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:54
放送期間 2003年9月16日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 脇田時三
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 石原武龍
プロデューサー 矢口久雄(テレパック)
篠原茂(テレパック)
出演者 古谷一行
星野真里
テンプレートを表示

松本清張サスペンス特別企画『霧の旗』TBS系で2003年9月16日(21:00 - 22:54)に放送されたスペシャルドラマである。桐子の故郷は青森県むつ市に設定。

キャスト
大塚 欽三:古谷一行 (東京のベテラン弁護士)
柳田 桐子:星野真里 (むつ市の印刷工場事務員)
阿部 啓一:風間トオル (出版社「論争社」の記者)
河野 径子:多岐川裕美 (代官山のフレンチレストラン「みなせ」経営者)
柳田 正夫:池内万作 (桐子の兄。小学校教師)
奥村 次男:渡辺いっけい (大塚弁護士事務所の事務員)
藤原 隆司:金田明夫 (国選弁護人)
杉浦 健次:唐渡亮 (「みなせ」のフロアマネージャー)
山上 武雄:相島一之 (健次の高校時代の友人。大畑町出身)
杉浦 乃里子:一色彩子 (銀座のバー「まさかり」のママ。健次の姉)
渡辺 キク:今井和子 (むつ市の金貸し)
大塚 芳子:音無美紀子 (大塚の妻)
佐藤 信子:若林志穂 (健次の恋人)
ヒサコママ:栗田よう子 (クラブ「リヨン」のママ)
中原 警部:三田村邦彦 (東向島署の警部)
小学校の教師:中村ひとみ (正夫の同僚)
事務員:ひがし由貴
依頼人:浅沼晋平
阿部の友人:津久井啓太
刑事:丸野保
岩橋道子青木英樹青森伸安達秀子鶴田東赤羽大奥谷将之小坂明鈴木和人木村明海渡辺ひかる
ナレーター:橋爪功
スタッフ
脚本:石原武龍
演出:脇田時三
プロデューサー:矢口久雄(テレパック)、篠原茂(テレパック)
企画プロデューサー:勝田祥三
撮影協力:むつ市大畑町(2005年にむつ市に編入)、サザンクロスリゾート
協力:東通緑山スタジオ・シティ
音楽協力:電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
製作:テレパック、TBS

2010年版[編集]

生誕100年記念
松本清張ドラマスペシャル 霧の旗
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:18
放送期間 2010年3月16日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 重光亨彦
原作 松本清張『霧の旗』
脚本 中園健司
プロデューサー 前田伸一郎(日本テレビ)
金澤宏次(ユニオン映画)
小越浩造(ユニオン映画)
出演者 市川海老蔵
相武紗季
テンプレートを表示

生誕100年記念 松本清張ドラマスペシャル『霧の旗』。日本テレビ系にて3月16日(21:00 - 23:18)放映。大塚弁護士は「新進気鋭の若手弁護士」という設定で、名も「欽也」に改められている。ラストでは、原作にない設定が付加されている。劇中音楽としてモーツァルトレクイエム』を使用している。視聴率は16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。現在はDVD化されている。

キャスト
大塚欽也:市川海老蔵 (若手の敏腕弁護士)
柳田桐子:相武紗季 (柳田正夫の妹)
阿部啓一:東貴博 (フリーライター)
河野径子:戸田菜穂 (和風レストラン「みなせ」のオーナー)
奥村雅之:津川雅彦 (大塚弁護士事務所の事務員で元検察事務官)
大塚芳子:中澤裕子 (大塚の妻)
柳田正夫:カンニング竹山 (柳田製作所の社長)
杉浦健次:井坂俊哉 (「みなせ」のフロアマネージャー)
池上信子:柳原可奈子 (ホステスで桐子の幼馴染)
山上武雄:山西惇 (杉浦と同期の野球部員)
益田乃里子:青田典子 (銀座のクラブ「四季」のママで杉浦健次の姉)
渡辺美和:原知佐子 (小倉のファイナンス会社社長)
沢木一夫:中井貴一 (大塚の元上司) ※特別出演
鳴海:六平直政 (警視庁の刑事)
西本:本田博太郎 (編集長)
添田:山下真司 (小倉第一工業高校野球部の監督)
国選弁護人:温水洋一
裁判長:森下哲夫
箱根のレストランの店員:山上賢治
TVリポーター:阿部祐二
新聞記者:井上公造
吉岡:中村有志
堀田:山寺宏一 (福岡の弁護士) ※声のみの出演
恵子:真由子 (事務員)
宮原:小松利昌 (弁護士)
鳴海の部下:六角慎司
ホステス:福山亜弥
大塚の父:石原和海
クラブ「リヨン」のママ:井上祐子
笠原浩夫中里真美須田邦裕増島愛浩比佐一成川崎拓斗
スタッフ
チーフプロデューサー:前田伸一郎(日本テレビ)
プロデューサー:金澤宏次・小越浩造(ユニオン映画
脚本:中園健司
監督:重光亨彦
題字:本田博太郎
音楽:糸川玲子
撮影:高間賢治
MA:山本逸美
番組協力:スッキリ!!情報ライブ ミヤネ屋NNN NewsリアルタイムNEWS ZERO
ロケ協力:深谷フィルムコミッション、北九州フィルム・コミッション、千代田区観光協会、北九州市中間市田川市山中湖村、東名富士カントリークラブ、埼玉県立川本高等学校東京成徳大学深谷高等学校日本コークス工業九州旅客鉄道 ほか
技術協力:映広
美術協力:日本テレビアートテレビ朝日クリエイト
音楽協力:日本テレビ音楽
装飾:京映アーツ
衣装:松竹衣装CPルーム
製作協力:日テレアックスオン
製作プロダクション:ユニオン映画
製作著作:日テレ

脚注・出典[編集]

  1. ^ 連載中の名は「河野頼子」。『週刊 松本清張』第8号(2009年、デアゴスティーニ・ジャパン)10-11頁参照。
  2. ^ 白井佳夫と橋本忍による対談「橋本忍が語る清張映画の魅力」(『松本清張研究』第5号(1998年、砂書房)収録)参照。
  3. ^ 『週刊 松本清張』第8号 10-11頁参照。
  4. ^ 天沢退二郎「『霧の旗』をめぐって」(『松本清張研究』第4号(1998年、砂書房)収録)参照。
  5. ^ 作田啓一『深層社会の点描』(1973年、筑摩書房)参照。
  6. ^ 山田洋次・川本三郎「清張映画の現場」(『松本清張研究』第13号(2012年、北九州市立松本清張記念館)収録)参照。
  7. ^ 山田洋次の発言によれば、「やっぱり城戸さんが「こんな犯罪ものなんて」「こんな暗い話」って、乗らないんですよね。だいぶスッタモンダしたなあ。最終的にはぼく(山田)が「もうしようがない」と思って、城戸さんのところへ行って「わかりました。サスペンスものなんてのは城戸さんはお嫌いだから、ダメだろうとぼくは最初から思ってたんです。だから、やっぱりそうだったかということで諦めます」と言ったら、「ちょっと待て。そこまでおれは心が狭い人間じゃない」と(笑)」。城戸さんってそういういいところがあったんです。「じゃあ、まあ、やるか」となって、それでようやく実現したんです」。「清張映画の現場」参照。
  8. ^ 「清張映画の現場」参照。
  9. ^ 「清張映画の現場」参照。
  10. ^ 西河克己・権藤晋『西河克己映画修行』(1993年、ワイズ出版)に加えて、『近代映画ハロー冬の号 霧の旗特集号』(1978年1月、近代映画社)参照。
  11. ^ 『週刊 松本清張』第8号(2009年、デアゴスティーニ・ジャパン)参照。

外部リンク[編集]