市川海老蔵 (11代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
じゅういちだいめ いちかわ えびぞう
十一代目 市川海老蔵
Img81871fffzikdzj.jpg
屋号 成田屋
定紋 三升 Mimasu inverted.png
生年月日 1977年12月6日(36歳)
本名 堀越孝俊
襲名歴 1.七代目市川新之助
2.十一代目市川海老蔵
出身地 東京都
十二代目市川團十郎
希実子[1]
兄弟 三代目市川ぼたん(妹)
小林麻央
麗禾(長女)
勧玄(長男)
当たり役
鳴神』の鳴神上人
『源氏物語』の 光君
勧進帳』 の弁慶富樫左衛門

十一代目 市川 海老蔵(じゅういちだいめ いちかわ えびぞう、1977年12月6日 - )は、歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡市川海老蔵」の当代。屋号成田屋定紋三升、替紋は杏葉牡丹。本名は堀越 孝俊(ほりこし たかとし)。愛称に「海老さま」がある。 妻はフリーニュースキャスターでタレントの小林麻央。身長176cm、体重80kg。血液型はAB型。星座は射手座

古典の大役に挑み、初役を多くつとめ、高い評価を得ている。「海老さま」と人気のあった十一代目市川團十郎に重ね合わすファンもいる。現代の歌舞伎を担う若手スターの一人。また、NHK大河ドラマ武蔵 MUSASHI』で主役をつとめるほか、現代劇にも挑戦している。

年譜[編集]

  • 1977年12月6日 - 東京都に生まれる。父・十二代目市川團十郎と母・希実子(旧姓・庄司)の長男。祖父は「海老さま」こと十一代目市川團十郎
  • 1983年5月 - 歌舞伎座源氏物語』の春宮で初お目見得。
  • 1985年5月 - 歌舞伎座『外郎売』の貴甘坊で七代目市川新之助襲名
  • 1996年3月 - 青山学院高等部留年し、1年遅れで、堀越高等学校に編入。
  • 1997年3月 - 堀越高等学校を卒業。
  • 2000年 歌舞伎座『源氏物語』の光君をつとめ、会場は連日満員、チケットは発売初日に完売するほどの人気を得る。五代目尾上菊之助二代目尾上辰之助とともに「平成の三之助」と呼ばれ、新たな歌舞伎ブームを起こす。
  • 2003年2月 - 日置明子との間に非嫡出子(女児、当時1歳)がいることが判明。子は認知して養育費を支払っていることを会見で説明。
  • 2004年4月4日 - 成田山新勝寺で襲名披露、奉告のお練り。京成本線京成上野駅 - 京成成田駅間で運行された列車「海老蔵号」に乗車した。
  • 2004年5月 歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の花川戸助六、『』の鎌倉権五郎ほかで十一代目市川海老蔵を襲名。
  • 2004年6月30日 - 成田山大阪別院明王院で襲名披露奉告。京阪本線天満橋駅 - 香里園駅間で列車「海老蔵号」が運行。
  • 2004年10月 - フランス・パリのシャイヨー宮劇場で「市川新之助改メ十一代目市川海老蔵襲名披露フランス公演」。同国政財界のトップも観劇し、『ルモンド』紙が一面全面を使って「17世紀末以来の日本の伝統的演劇の中で名をとどろかせてきた一族の出身」「26歳のスター」「若く美男で特に『必殺の視線』を持っている」となどと報じ、現地でも大きな話題を呼ぶ。
  • 2006年9月7日 - 映画『出口のない海』の宣伝も兼ねて、『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ)に出演。
  • 2007年3月 - パリ・オペラ座で初の歌舞伎公演を父とともに実現。『勧進帳』の弁慶で「紅葉狩」の舞いを披露し、パリの絶賛を浴びる。引っ込みの飛び六方を花道に見立てた中央通路で行って観客を驚かせる。
  • 2007年7月13日 - 楽屋の風呂場で転倒し、割れた戸のガラスで右足の裏を切る大けがを負い、大阪松竹座「七月大歌舞伎」を降板[2]
  • 2009年 - 2007年10月14日に放送された海老蔵に密着したドキュメンタリー番組『名門に生まれるということ…〜市川海老蔵・宿命と苦悩の物語〜』(フジテレビ系)が、ニューヨークフェスティバルのアート部門で金賞を受賞[3]
  • 2009年5月23日 - TBSの連続テレビドラマ『MR.BRAIN』に出演。初の民放の連続ドラマ出演であり、初の現代劇出演となる。
  • 2009年11月19日 - フリーキャスターの小林麻央との交際が『日刊スポーツ』で報じられる。同日中に連名で、結婚を前提に交際し婚約することをファクスで発表[4]。 年が明けた2010年1月29日に正式に婚約発表の記者会見を執り行った[5]。同年3月3日婚姻届を提出し、7月29日に結婚式並びに披露宴を執り行った。
  • 2010年11月25日早朝、西麻布の飲食店で暴行を受け、頭部、顔面を負傷(11代目市川海老蔵暴行事件)。帰宅後に小林麻央が救急と警察に通報し虎の門病院に緊急搬送される。歌舞伎俳優の仲間らと飲食後、数人のグループと海老蔵だけが合流、その後、先に帰った数人のグループとは別の数人のグループとトラブルになり殴られたとみられ、警視庁目黒署は傷害事件として捜査を開始[6]。しかし、海老蔵は11月25日午後に予定されていた「初春花形歌舞伎」(2011年1月公演、東京・ル テアトル銀座)の記者会見を体調不良を理由にキャンセルしたにもかかわらず、11月24日夜から飲みに出ていたことが発覚。11月25日夜、成田屋後援会主催の「後援会の集い」開催後に急遽、父親の團十郎が記者会見を開き「本人の自覚のなさに怒りを感じる」と謝罪した。怪我のため、11月30日から出演予定だった京都南座「吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」を降板した。海老蔵本人が12月7日、都内のホテルで記者会見を行い「日ごろの自分のおごりが招いたことだと思います」と謝罪した。また、会見に同席した松竹の社長が、海老蔵の歌舞伎出演を無期限で自粛することを発表した[7]。無期限謹慎に伴い、「初春花形歌舞伎」は中止となり、名古屋御園座「二月大歌舞伎」(2011年2月公演)を降板となった。
  • 2011年7月2日、謹慎を解かれて新橋演舞場「七月大歌舞伎」で舞台復帰。「お客様から温かい声援を頂戴し、身の引き締まる思い。こうして舞台に立たせていただけることに感謝し、日々の舞台に全身全霊で挑んでまいります」とのコメントを発表した[8]
  • 2011年7月25日、第1子となる長女・麗禾(れいか)が誕生[9]
  • 2013年2月3日、父:12世團十郎が死去。市川宗家当主の家督を引き継ぐ。
  • 2013年3月22日、第2子となる長男・勧玄(かんげん)が誕生[10]
  • 2014年1月30日、自身の公式ホームページを作成予定とブログで発表[11]

人物[編集]

芸に対する姿勢[編集]

10代の頃の海老蔵は幼少時から続く厳しい稽古と家柄・伝統の重責に耐え切れず反発を繰り返していたという。そんな彼を立ち直らせたのは、偶然フィルムで見た『勧進帳』の弁慶をつとめる祖父十一代目市川團十郎の芸の美しさと勇姿に感動したからと語っている。祖父を目標に掲げているが、その理想を追うがゆえに苦しみ、現在も、もがき続けているという[12]。しかしながら、「俺は平成の助六!」と周囲に豪語している[13]

以前は舞台に上がることが苦痛であったが、歌舞伎に真剣に打ち込むようになった今はプライベートの方が苦痛に感じるという。これが異様なことかと悩んで五代目坂東玉三郎に相談したところ、「あら、それは当たり前よ」と返され、安心したと述べている。また、坂東玉三郎とそういったことを共感できたことを嬉しく思ったとも語っている[12]

以前は寿司を月50回食べに行ったり、タバコを1日4箱分吸ったり、酒をあびるように飲むなど不健康な生活をしていたが、心境の変化でタバコは海老蔵襲名時にやめ、「歌舞伎をやるとき、神様に捧げることも意識しなくちゃいけないかなと。だから、心と体を清くしなくちゃ」という思い[14]から不規則な食生活や酒、肉魚も2008年11月頃からやめていたが[12]、現在は再開している模様である。

本格的な筋力トレーニングやヨガを行っており、雑誌『ターザン』などの表紙を飾っている。

成田屋のお家芸歌舞伎十八番」のうち、今日ではあまり上演されなくなった演目の復活上演を積極的に行っている[12]

趣味・嗜好[編集]

趣味は相撲鑑賞で特技はバスケットボール。学生時代はバスケ部に所属していた。

スタジオジブリのアニメ作品の大ファン。「おしゃれイズム」に出演した際に、『崖の上のポニョ』の非売品の人形と宮崎駿が同作を制作する際に使用した鉛筆をプレゼントされ、涙ぐんで喜んでいた[15]。宮崎本人と対談したこともあり、その際に自身が実践しているタワシで体をなでる健康法を宮崎も行っていることがわかり、共通点があったことに感動したという[16]。2013年4月9日にブログを開始しているが、1日に10回以上更新するほど更新頻度が高く、アメーバMVBを受賞した。

交際・女性関係[編集]

日置明子との婚外子(非嫡出子)が発覚した際に行った会見で、「周り(歌舞伎界以外)がどうかは分からないが、(自分の生活は)普通の事だと思っている。(相談した)父(團十郎)は、『まあ頑張りなさい。君がきちんとやればそれでいいのではないか』と言っていた」とコメントをした。

その他[編集]

  • 五代目尾上菊之助とは幼馴染で同級生。小学生の頃、彼の家の別荘に招かれたときにいたずらをしようとしたら菊之助の母である富司純子に叱られたが、これが家族以外の人に叱られた初めて経験だったという[17]
  • 再従兄弟に四代目尾上松緑七代目市川染五郎が、再従姉妹に松本紀保(七代目染五郎の姉)・松たか子(同妹)がいる。
  • 伊藤英明と親友で、お互いを「英明」、「孝俊(本名の堀越孝俊)」と呼び合う仲。
  • 2013年正月、新春浅草歌舞伎において、市川海老蔵の睨みを見れば、無病息災とのアナウンスを行った。
  • 2013年正月、14年ぶりに出演する「新春浅草歌舞伎」の初日を迎え、開演前に東京・浅草公会堂前で共演者らと鏡開きを行った。

父・團十郎との関係[編集]

父・團十郎が健在であった当時、海外公演などで一緒に舞台に上がった時には演出のことで揉めたことがよくあった。團十郎が海老蔵の意見を聞き入れて許してくるときもあったが、そういうときの家庭内の空気はよくなかったという。だが、反発していたときにずっと優しく見守ってくれていた團十郎に常々感謝の言葉を述べており、「やっぱり偉大。言葉でなかなか表せない。優しく叩き込んでくれたのは父」と語っている[18]

婚外子(非嫡出子)が発覚した際に寛大な態度を見せていた父・團十郎も、2007年に海老蔵が風呂場でケガをして歌舞伎公演を降板した時はさすがに激怒し、「公演に穴を空けたんだから、自己管理がなっていない。今回は同情できん」とコメントしていた。

受賞歴[編集]

主な出演作[編集]

歌舞伎[編集]

その他の舞台[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

論文[編集]

家系[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松本紀保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代目 中村吉右衛門
 
 
7代目 市川染五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代目 松本幸四郎
 
 
9代目 松本幸四郎
 
 
松たか子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代目 尾上松緑
 
初代 尾上辰之助
 
4代目 尾上松緑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代目 市川紅梅
 
 
 
 
 
 
11代目 市川團十郎
 
 
 
 
 
 
 
3代目 市川ぼたん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12代目 市川團十郎
 
 
 
 
 
 
 
女子
 
 
 
 
 
 
 
堀越千代
 
 
 
 
 
 
 
11代目 市川海老蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堀越希実子
 
 
 
 
 
 
麗禾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林麻央
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勧玄
 
 

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2007年10月14日放送「名門に生まれるということ…〜市川海老蔵・宿命と苦悩の物語〜」(フジテレビ系)
  2. ^ 市川海老蔵休演のお詫びとお知らせ”. 歌舞伎美人 (2007年7月20日). 2008年11月22日閲覧。
  3. ^ 海老蔵のドキュメンタリー『名門に生まれるということ』がニューヨークフェスティバルのアート部門の金賞を受賞!”. 成田屋 (2009年2月2日). 2009年2月6日閲覧。
  4. ^ “市川海老蔵と小林麻央が婚約「人生を共に」”. サンケイスポーツ. (2010年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/091119/gnb0911192013003-n1.htm 2009年11月19日閲覧。 
  5. ^ “海老蔵&麻央が婚約会見”. サンケイスポーツ. (2010年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/100129/gnb1001291218003-n1.htm 2010年1月29日閲覧。 
  6. ^ “海老蔵、顔面陥没に麻央号泣!泥酔状態で殴られた!”. スポーツ報知. (2010年12月7日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101126-OHT1T00054.htm 2010年11月26日閲覧。 
  7. ^ “市川海老蔵:記者会見で謝罪 無期限活動休止に”. 毎日新聞. (2010年12月7日). http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20101207/ 2011年2月15日閲覧。 
  8. ^ 時事ドットコム2011年7月2日
  9. ^ どうなる海老蔵の女の子 Livedoorニュース2011年7月29日号(2011年8月18日閲覧)
  10. ^ 海老蔵 待望の長男誕生「亡き父の分まで愛情をそそいで育てたい」 スポーツニッポン 2013年3月23日閲覧
  11. ^ できたー 本人のブログ 2014年1月30日閲覧
  12. ^ a b c d 2009年1月19日放送『NEWS ZERO』でのインタビューより
  13. ^ 週刊新潮 2010年12月16日号(2010/12/09発売)
  14. ^ 松任谷由実のプレミア対談yumi yoriな話:第5回 市川海老蔵さん”. 読売新聞 (2008年11月27日). 2009年1月20日閲覧。
  15. ^ 2007年12月7日放送『おしゃれイズム』より
  16. ^ 2009年1月号『文藝春秋』での対談「ポニョから学んだ歌舞伎の真髄」より
  17. ^ 2009年2月号「オール讀物」(文藝春秋)、関容子『歌舞伎新時代、花の五人衆』より
  18. ^ 2008年11月22日放送『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』出演時に発言
  19. ^ 社団法人日本メンズファッション協会. “第36回ベストドレッサー賞受賞者”. 2008年11月22日閲覧。
  20. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]