若乃花幹士 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若乃花 幹士 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 下山 勝則→朝ノ花 勝則→若三杉 幹士→若三杉 壽人→若乃花 幹士
本名 下山 勝則
生年月日 1953年4月3日(61歳)
出身 青森県南津軽郡大鰐町
身長 186cm
体重 129kg
BMI 37.29
所属部屋 二子山部屋
得意技 左四つ、上手投げ、外掛け
成績
現在の番付 引退
最高位 第56代横綱
生涯戦歴 656勝323敗85休(88場所)
幕内戦歴 512勝234敗70休(55場所)
優勝 幕内最高優勝4回
殊勲賞2回
技能賞4回
データ
初土俵 1968年7月場所
入幕 1974年3月場所
引退 1983年1月場所
引退後  年寄・間垣
備考
金星3個(北の湖3個)
2013年12月19日現在

若乃花 幹士(わかのはな かんじ、本名:下山 勝則(しもやま かつのり)、1953年4月3日 - )は、元大相撲力士、第56代横綱。引退後は年寄・間垣。師匠であった初代若乃花の娘婿となったが、後に離婚大関時代までの四股名は「若三杉」だったが、横綱昇進を機に師匠の四股名「若乃花」を継承した(大関まで名乗った若三杉も当時部屋付きだった荒磯親方、元関脇若三杉彰晃の四股名を継承したものである)。青森県南津軽郡大鰐町出身。身長186cm、体重129kg。血液型はA型。現役時代の愛称は下の名前の勝則から「カンボ」と呼ばれていた。

国技館辺に展示されている若乃花幹士の手形

来歴[編集]

元横綱・初代若乃花の二子山親方に見出され、浪岡町出身の高谷(のちの第59代横綱・隆の里)と同じ夜行列車上京二子山部屋に入門した。1968年7月場所初土俵。「朝ノ花」[1]と名乗っていた幕下時代から北の湖とならぶホープとして期待されたが、当時は土俵際で無理に残すことが多いためしばしばケガをしてやや出世が遅れた。とはいえ若三杉と改めて半年後の1973年7月場所に20歳で新十両、十両は2場所で突破して同年11月場所に新入幕、翌1974年11月場所には新小結で11勝4敗という好成績を挙げ、一気に大関候補と呼ばれるまでになる。

一時期肝炎を患って伸び悩んだものの、1977年1月場所には関脇で3場所連続の11勝4敗の成績を挙げ、場所後に大関に昇進した。大関時代は柔らかい足腰、切れ味鋭い投げ技で、北の湖・輪島全盛期のなかで活躍。実力と共に人気も急上昇してCMにも多数出演する。またローオンレコードから「泣きぼくろ」で歌手デビューもした。大関2場所目となる1977年5月場所には13勝2敗で初優勝し、以後横綱昇進を期待される。

2場所連続で優勝同点(優勝決定戦の相手はいずれも北の湖)を記録した1978年5月場所後に横綱に昇進した。綱取り直前3場所通算の成績は40勝5敗であり、これは大乃国がタイ記録に並ぶまで単独の最高記録であった(現在は貴乃花の41勝が最高記録であり、若乃花は大乃国と共に2位タイ)。横綱推挙伝達式での口上は、「心技体の充実に務め、立派な横綱になるよう精進します。」というものだった。明治神宮での新横綱奉納土俵入りで、兄弟子の大関・貴ノ花太刀持ちを務めたのは有名。貴ノ花ファンからは「かわいそうだからやらせないで!」という声が上がったが、師匠の二子山は貴ノ花に奮起を促すのと同時に、ファンサービスのために、あえて弟弟子の太刀持ちを命じたと言われる。前述通り横綱昇進とともに師匠の現役名である若乃花幹士を襲名、親方は部屋創設当時から自分の弟子で最初の横綱に名前を継がせると公言していたが、当の若三杉本人は全く知らず、決定後に聞いて「えっ、若乃花だって!?」と驚いていた。一説によれば本人は若三杉の四股名を大変気に入っており改名したくなかったとも言われる。

甘いマスクで人気があり蔵間と女性ファンの人気を二分しており、NHK相撲解説者の玉ノ海梅吉も大関昇進を狙っていた時期の若乃花を見て「かわいい顔しているじゃないですか」とその容姿を気に入っているかのような発言を度々行っていた。しかし横綱昇進後は北の湖全盛期と重なってどうしても二番手という印象が拭えず(優勝次点は輪島と並ぶ14回で史上1位、他に優勝決定戦での敗退が2回ある)、優勝回数は4回と少なく、初代若乃花ほどの活躍はできなかった。また、富士櫻を大の苦手としていた(横綱として最初の一番に敗れている)。それでも成績と相撲内容は安定しており、当時北の湖に次いで歴代2位(現在は武蔵丸・北の湖・白鵬に次ぎ、旭富士と並ぶ歴代4位タイ)の記録にあたる通算(幕内)28場所連続勝ち越しの成績を挙げた。また幕内連続2桁勝利も23場所を記録している(当時歴代3位、現在白鵬・北の湖・大鵬に次ぎ歴代4位)。1978年には6場所合計78勝12敗の成績を挙げながらも北の湖が82勝8敗の成績を残した(当時の年間勝利数新記録)ため年間最多勝を逃すなど不運な面があった。北の湖との対戦成績は横綱昇進前は11勝11敗と五分だったが、昇進後は7勝14敗と差がついてしまった。一方輪島は逆で、昇進前は6勝14敗と大きく負け越していたが、昇進後は8勝5敗と勝ち越している。

輪島、北の湖に代表される、左四つを得意とする力士が全盛を極めた時代の一翼を担った。腕力はそれほどでもなかったが、廻しを掴んでからの安定感があり、体の柔らかさを生かした投げが得意だった。武器の右上手投げは左下手からの捻りとの合わせ技で、その切れ味も評論家から評価されていた。懐が深く波離間投げの奇手を見せたこともあった。一方で廻しを取れないと何もできない場面も多く、押し相撲の力士をやや苦手とした。横綱時代も度々立合い変化する事があったため、神風正一ら、うるさ型の評論家から酷評された事もあった。また、勝負にこだわり過ぎる傾向があり、負けたときの悔しさを表情に出しすぎると批判されたこともある。締め込みが固い力士としても知られ、特に1978年5月場所14日目の北の湖戦で廻しをきつく締めて右上手を許さず勝利した。[2]なお、あまりの廻しの固さに自身もその取組後に肋骨を骨折した。秋場所とは極端に相性が良く、1973年に初めて秋場所で15番勝負(つまり十両以上)を経験してから最後の秋場所である1982年まで10場所中9場所を2桁白星で終え、1975年は9勝6敗に終わったものの金星を獲得した。

1981年、輪島が土俵を去り、千代の富士が台頭してきた頃から肝臓病や頸椎捻挫などで休場が重なり、この年皆勤したのは1月場所と9月場所のわずか2場所だけだった。肝臓病は大の酒好きであったことに由来しており、1978年11月場所に肝炎を患ったが二子山に叱責されることを恐れて強行出場した結果15戦全勝での優勝を果たしたいう逸話がある。[3]1982年に再起を目指し、5月場所には12勝3敗と久々に復調し、千秋楽まで千代の富士や朝汐との優勝争いに絡んだ。しかし、それ以外の場所は二桁勝つのがやっとの状態で更に11月場所は持病のが悪化し手術のためにまたもや全休。翌1983年1月場所に進退を掛けて出場したものの満足な相撲が取れず、5日目の朝潮(朝汐から改名)に敗れ2勝3敗となった相撲を最後に、成績不振の理由により29歳9か月の若さで現役引退した。

1980年6月2日、故郷青森県大鰐町で古川武治作の木彫り像が完成、除幕式が行われた。

引退後[編集]

まだ30歳前であったが、師匠の娘と結婚後に別離し、年上のホステスと情交関係を結び後に再婚する[4]等の問題が影響したのか、協会内に引き止める者は少なかったと言われている。ただ、同期の隆の里は「あれだけの素質を持つ男がこのまま引退とは惜しい。あと一ヶ月もすれば次の場所が来るから、そこで賭けるべきだ」と最後まで引き止めた。

1983年12月に二子山部屋から分家独立して間垣部屋を興し、若闘将に始まり、若ノ城五城楼大和若ノ鵬幕内力士を育てた。若闘将が十両に昇進したときは、『親方(初代若乃花の二子山親方)の停年までに関取を育てることができて良かった』と心の底から安堵した様子だった。しかし部屋からは三役(小結以上)力士は出ることは遂になかった。また、中学生横綱のタイトルを獲得し、中学卒業を間近に控えていた加藤精彦を勧誘したこともあるが本人が「偶然勝っただけ、高校は卒業しておきたかった」という理由で断り入門には至らなかった。[5]

1998年1月には境川理事長(横綱・佐田の山)の年寄名跡改革私案に反対し日本相撲協会理事選挙に立候補、史上初めて投票選挙になったが初当選し、それまでの一門2理事枠を破る。協会内では、大阪場所担当部長を約10年間務めた。

2005年末に夫人に先立たれるという不幸に見舞われる。それを乗り越えた矢先の2007年3月13日昼頃、3月場所開催中の大阪府立体育会館内で、突然頭痛を訴えて倒れ、脳出血の疑いで大阪市内の病院に緊急入院し、手術を受けた。一命は取り留めたが、その後車椅子生活を余儀なくされる。又脳出血の影響により体重は30Kgも落ちていた。脳出血の原因は夫人の死後失意の中で毎日2升の酒を飲んだことにあるとされている。[3]同年11月場所に若ノ鵬が新入幕を果たし、番付発表後の記者会見で久々に公の場に姿を見せ、涙を流し愛弟子の昇進を喜んだ。2008年2月、役員改選に立候補して6選を果たした。

2008年5月場所の4日目(5月14日)の部屋での朝稽古中に序二段力士の弟子を竹刀で叩くと言う暴行事件を起こし、太ももなどに全治一週間の打撲と擦過傷を負わせた [6]。この事件について当人の間垣親方は事件が発覚した7日目の夜は「悪いことをしたら叩くのは当たり前。弟子がかわいいからやっている」などと話し、この叩かれた弟子の奈良[7]にも問題があったと主張した [8]。しかし8日目に一転して北の湖理事長に謝罪した [9]。また、弟子も反省し、現在、両者の間にわだかまりはないという[10]。この件で相撲協会の再発防止検討委員会から5月23日に厳重注意を受けた[11]ほか、5月29日の理事会において、3か月間30%の減俸の処分が決められた [12]

同年8月21日、18日に大相撲力士大麻問題で逮捕された弟子の若ノ鵬の監督責任問題により、理事職並びに大阪場所担当部長を辞任した[13]。1968年に理事が公選制になってから不祥事で辞任するのは、初めての事である。なお、若ノ鵬は同日付で解雇処分となった。

若ノ鵬解雇の際「若ノ鵬が部屋の外にマンションを借りていたのは、知らなかったでは済まないと思うが知らなかった」と発言していた。なおこの大麻事件については、冤罪だと語ったという。「では、親方であるあなたが訴訟を起こすなりして、彼の無罪をはらすべきだ」と指摘されると、「知らねぇよ、関係ねぇよ」と答えていた。[要出典]2010年1月の相撲協会理事選挙においては、二所ノ関一門の意向に反して貴乃花親方の立候補を支持した。先代二子山親方(元大関貴ノ花)、先代佐渡ヶ嶽親方(元横綱琴櫻)亡き後、一門を取りまとめる重鎮だった間垣親方の行動は波紋を呼び、1月19日の一門会合では、同じく貴乃花親方を支持する5親方とともに退席を求められた。この時マスコミの質問に「破門という言葉は出なかったが、そんな形だ」 [14]と答え、事実上の破門処分であるとの見解を述べた。

2011年11月7日、故郷の青森から夜行列車で二人して上京、二子山部屋に同期入門・初土俵も一緒で、そして共に横綱昇進を果たした元・隆の里の鳴戸親方が、急性呼吸不全により59歳で急逝。当日夕方に行われたお別れの会では、亡骸に向かいながら「お前何しているんだ、寝てる場合じゃないだろう。早く起きろ」と声を掛けたという。その後の記者会見では「自分が一歩早く(上位に)上がっても、必ず追い掛けてきた。とにかく根性があった。良い弟子に恵まれ、これからという時だったのに…」と語りながら涙ぐんでいた[15][16]

師匠としては2007年以降、脳出血の後遺症もあって十分に指導が出来ない状態が続いていた。二所ノ関一門を離れる以前は、一門の他の部屋から手の空いた親方が派遣されて稽古を見ていた様子である。しかし、やはり体調不良で部屋の経営が困難となり、2013年3月場所限りで部屋の閉鎖、ならびに18代間垣や所属力士らが一門外の伊勢ヶ濱部屋(伊勢ヶ濱一門)[17]へ移籍することがついに決定し、同年3月25日付で間垣部屋は閉鎖となった。[18]同年4月3日に満60歳の還暦を迎えたが、還暦土俵入りは実現出来なかった(還暦土俵入りをしなくても赤い綱だけを記念に作り受け取る例もあるが、作成の有無は公表されず不明である)。

2013年12月19日、年寄名跡の一括管理を進めている相撲協会はこの日までに年寄名跡証書の提出を求めていたが、現役の関取[19]に証書を渡してあり、両者の名跡を巡るやり取りの調整が付かなかったために提出期限前日に証書の提出を断念し、相撲協会に退職を届け出て、協会を去った。[20]

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:656勝323敗85休 勝率.670
  • 幕内成績:512勝234敗70休 勝率.686
  • 大関成績:92勝28敗 勝率.767
  • 横綱成績:260勝86敗65休 勝率.751
  • 現役在位:88場所
  • 幕内在位:55場所
  • 横綱在位:28場所
  • 大関在位:8場所
  • 三役在位:10場所(関脇6場所、小結4場所)
  • 連勝記録:26(1978年11月場所初日~1979年1月場所11日目)
  • 連続6場所勝利:78勝(1978年1月場所~1978年11月場所)
  • 年間70勝以上勝利:3回(1978年・78勝12敗、1979年・71勝19敗、1980年・72勝18敗)
  • 通算(幕内)連続勝ち越し記録:28場所(歴代4位タイ・1976年7月場所~1981年1月場所)
  • 幕内連続2桁勝利記録:23場所(歴代4位・1977年5月場所~1981年1月場所)
  • 幕内12勝以上連続勝利記録:3場所(全て13勝以上・1978年1月場所~1978年5月場所)

各段優勝[編集]

  • 幕内最高優勝:4回(1977年5月場所、1978年11月場所=全勝、1979年5月場所、1980年9月場所)

三賞・金星[編集]

  • 三賞:6回
殊勲賞:2回(1976年11月場所、1977年1月場所)
技能賞:4回(1974年9月場所、1974年11月場所、1975年1月場所、1976年9月場所)
  • 金星:3個(北の湖3個)

場所別成績[編集]

若乃花幹士(2代目)
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1968年
(昭和43年)
x x x (前相撲) 東 序ノ口 #7
4–3
 
西 序二段 #68
5–2
 
1969年
(昭和44年)
西 序二段 #16
6–1
 
東 三段目 #70
5–2
 
西 三段目 #44
5–2
 
西 三段目 #20
4–3
 
西 三段目 #7
5–2
 
東 幕下 #47
3–4
 
1970年
(昭和45年)
東 幕下 #53
1–6
 
東 三段目 #19
0–1–6
 
東 三段目 #55
6–1
 
東 三段目 #20
6–1
 
西 幕下 #47
5–2
 
西 幕下 #28
4–3
 
1971年
(昭和46年)
西 幕下 #22
3–4
 
東 幕下 #29
5–2
 
東 幕下 #16
4–3
 
西 幕下 #10
2–5
 
西 幕下 #25
0–1–6
 
東 幕下 #55
5–2
 
1972年
(昭和47年)
西 幕下 #38
3–1–3
 
西 幕下 #43
6–1
 
西 幕下 #17
4–3
 
西 幕下 #12
4–3
 
西 幕下 #10
4–3
 
東 幕下 #8
4–3
 
1973年
(昭和48年)
東 幕下 #7
5–2
 
西 幕下 #1
3–4
 
西 幕下 #3
5–2
 
西 十両 #13
10–5
 
西 十両 #5
10–5
 
東 前頭 #13
6–9
 
1974年
(昭和49年)
西 十両 #2
8–7
 
東 前頭 #13
8–7
 
東 前頭 #11
9–6
 
東 前頭 #6
8–7
 
東 前頭 #3
10–5
西 小結
11–4
1975年
(昭和50年)
西 関脇
9–6
東 関脇
9–6
 
東 関脇
2–8–5[21]
 
東 前頭 #8
9–6
 
西 前頭 #2
9–6
西 小結
8–7
 
1976年
(昭和51年)
西 小結
4–11
 
西 前頭 #4
9–6
東 小結
7–8
 
東 前頭 #1
9–6
西 関脇
11–4
東 関脇
11–4
1977年
(昭和52年)
東 関脇
11–4
西 大関 #1
9–6
 
西 大関 #1
13–2
 
東 大関 #1
10–5
 
東 大関 #1
10–5
 
西 大関 #1
10–5
 
1978年
(昭和53年)
東 大関 #1
13–2
 
東 大関 #1
13–2[22]
 
東 大関 #1
14–1[22]
 
西 横綱
11–4
 
東 張出横綱
12–3
 
西 横綱
15–0
 
1979年
(昭和54年)
東 横綱
11–4
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
14–1
 
東 横綱
11–4
 
西 張出横綱
11–4
 
東 張出横綱
12–3
 
1980年
(昭和55年)
西 横綱大関
11–4
 
東 張出横綱
12–3
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
14–1
 
東 横綱
13–2
 
1981年
(昭和56年)
西 横綱大関
10–5
 
東 張出横綱
3–4–8[23]
 
西 横綱大関
0–3–12[24]
 
西 横綱大関
休場
0–0–15
東 張出横綱
11–4
 
東 横綱
休場
0–0–15
1982年
(昭和57年)
東 張出横綱
9–6
 
東 張出横綱
11–4
 
東 張出横綱
12–3
 
西 横綱
11–4
 
西 横綱
10–5
 
西 横綱
休場
0–0–15
1983年
(昭和58年)
東 張出横綱
引退
2–4–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 下山 勝則(しもやま かつのり)1968年7月場所-1971年1月場所
  • 朝ノ花 勝則(あさのはな -)1971年3月場所-1972年11月場所
  • 若三杉 幹士(わかみすぎ かんじ)1973年1月場所-1974年5月場所
  • 若三杉 壽人(- としひと)1974年7月場所-1978年5月場所
  • 若乃花 幹士(わかのはな かんじ)1978年7月場所-1983年1月場所(引退)

年寄変遷[編集]

  • 若乃花 幹士(わかのはな かんじ)1983年1月-1983年5月
  • 間垣 勝晴(まがき かつはる)1983年5月-2013年12月(退職)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 兄弟子の貴ノ花から本人の四股名候補であった「朝の花」を名乗るように勧められたのがきっかけであったという。
  2. ^ 昭和の大相樸第1巻 312頁
  3. ^ a b 大相撲酒豪番付2014年東銀座場所 時事ドットコム
  4. ^ どす恋花子「Oh!相撲」 日記 - 月刊『相撲』にて「相撲界奥様訪問」を執筆している相撲記者の佐藤祥子は自身のブログで「間垣部屋女将となったその女性は、引退後の分家独立についてなかなか二子山から許しが出ない若三杉を不憫に思い、スナックの仕事を手放し私財を投げ打って部屋開きを助けた」という事情を明かしている。
  5. ^ 「中学横綱」から散々な日々に転落…元高見盛・振分親方を救った言葉(2/2ページ) SANSPO.COM 2013.12.29 10:00
  6. ^ 間垣親方、弟子に暴行 十両・豊桜も若手殴る”. 東京新聞2008年5月18日付朝刊. 2008年5月21日閲覧。
  7. ^ 後年この奈良は奈良三杉に改名し、自身が引退して間垣が退職した後も身辺の世話(介護)を行っているとされている。
  8. ^ 間垣親方「かわいいから」弟子を“かわいがり””. スポーツニッポン2008年5月18日付. 2008年5月21日閲覧。
  9. ^ 大相撲:力士暴力問題 「教育の一環、行き過ぎた」 間垣親方が謝罪”. 毎日新聞2008年5月19日付東京朝刊. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月21日閲覧。
  10. ^ 間垣親方が謝罪 竹刀たたき問題”. 産経新聞2008年5月18日17時18分配信. 2008年5月21日閲覧。
  11. ^ 大相撲:力士暴力問題 若手への暴力で、3人に厳重注意--再発防止検討委”. 毎日新聞2008年5月24日付東京朝刊. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  12. ^ 大相撲:力士暴力問題 間垣親方を30%減俸 相撲協会が処分”. 毎日新聞2008年5月30日付東京朝刊. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月30日閲覧。
  13. ^ 大麻所持:若ノ鵬解雇 間垣親方は理事辞任 臨時理事会”. 毎日新聞2008年8月21日付. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月21日閲覧。
  14. ^ 貴乃花親方支持の6親方、事実上の破門 二所ノ関一門”. asahi.com 2010年1月19日22時53分. 2010年2月7日閲覧。
  15. ^ 悲しみに暮れる角界関係者 福岡で急きょ「お別れ会」 スポーツニッポン 2011年11月7日閲覧
  16. ^ 猛稽古の師 光と影抱え急逝 元横綱隆の里、鳴戸親方 朝日新聞デジタル 2011年11月10日閲覧
  17. ^ 元横綱旭富士正也の伊勢ヶ濱親方と2代目若乃花は同じ青森県出身の同郷。
  18. ^ 2013年1月25日の読売新聞には「若ノ鵬の大麻問題や若天狼の八百長問題などの印象が尾を引き新弟子が少なくなったことも原因」という趣旨の記述があった。
  19. ^ 2014年6月に、この関取が時天空であることが報道で明らかにされた(正式取得は2014年5月29日)。
  20. ^ 間垣親方が退職、年寄名跡やりとり調整付かず YOMIURI ONLINE 2013年12月20日17時30分
  21. ^ 急性肝臓炎により10日目から途中休場
  22. ^ a b 北の湖と優勝決定戦
  23. ^ 頸椎捻挫により7日目から途中休場
  24. ^ 頸椎捻挫・頸椎及び頸髄損傷により3日目から途中休場