藤田宜永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤田 宜永
(ふじた よしなが)
誕生 1950年4月12日(64歳)
福井県福井市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1986年 -
ジャンル 冒険小説恋愛小説
代表作 『愛の領分』(2001年)
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(1994年)
直木三十五賞(2004年)
処女作 『野望のラビリンス』(1986年)
配偶者 小池真理子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

藤田 宜永(ふじた よしなが、1950年4月12日 - )は、日本小説家。別名義に入江香

来歴・人物[編集]

初期はフランスを舞台にしたフィルム・ノワールを思わせるような犯罪小説冒険小説を手がける。その後、主に推理小説および恋愛小説を執筆するようになり、都会的なセンスと人情の機微を描く優れた心理描写で、熟年の愛を描いた『愛の領分』にて第125回直木賞を受賞。

夫人は同じく直木賞作家である推理作家の小池真理子。夫妻で軽井沢在住。

略歴[編集]

作品一覧[編集]

シリーズ作品[編集]

私立探偵・鈴切信吾シリーズ[編集]

  • 野望のラビリンス(1986年10月 カドカワ・ノベルズ / 1995年12月 角川文庫
  • 標的の向こう側(1987年4月 カドカワ・ノベルズ / 1996年10月 角川文庫)

探偵・的矢健太郎シリーズ[編集]

  • モダン東京物語(1988年1月 集英社文庫 / 1996年8月 朝日新聞社
  • モダン東京小夜曲(1988年6月 集英社文庫 / 1996年9月 朝日新聞社)
    • 【改題】哀しき偶然(2002年1月 小学館文庫)
  • 堕ちたイカロス(1989年4月 集英社文庫 / 1996年10月 朝日新聞社 / 2002年3月 小学館文庫)
  • 蒼ざめた街[1](1996年7月 朝日新聞社 / 2000年11月 小学館文庫)

探偵・竹花シリーズ[編集]

  • 探偵 竹花とボディ・ピアスの少女(1992年12月 双葉社
    • 【改題】探偵 竹花 ボディ・ピアスの少女(1996年4月 光文社文庫
  • 探偵 竹花 失踪調査(1994年4月 光文社 / 1998年7月 光文社文庫 / 2012年2月 ハルキ文庫
  • 探偵 竹花 再会の街(2012年2月 角川春樹事務所
  • 探偵 竹花 孤独の絆(2013年2月 文藝春秋
  • 探偵 竹花 潜入調査(2013年10月 光文社)

私立探偵・相良治郎シリーズ[編集]

  • 理由はいらない(1996年5月 新潮社 / 1999年8月 新潮文庫)
  • 動機は問わない(1996年12月 徳間書店 / 2000年3月 徳間文庫

1980年代[編集]

  • 瞑れ、優しき獣たち(1987年5月 C★NOVELS / 1991年4月 中公文庫 / 1998年10月 徳間文庫)
  • タイホされたし度胸なし(1988年12月 講談社ノベルス / 2002年7月 光文社文庫)
  • ダブル・スチール(1988年8月 角川文庫 / 1995年7月 光文社文庫)
  • 怨霊症候群(1988年9月 C★NOVELS)
    • 【改題】呪いの鈴殺人事件(2001年8月 光文社文庫)

1990年代[編集]

  • 男らしさを鞄につめて(1990年5月 中央公論社
  • 還らざるサハラ(1990年1月 講談社 / 1993年8月 講談社文庫 / 2001年2月 徳間文庫)
  • 奇妙な果実殺人事件(1990年1月 新潮文庫 / 2006年8月 双葉文庫
  • 蜃気楼を追う男(1990年9月 双葉社 / 1993年10月 双葉文庫 / 1999年6月 光文社文庫)
    • 収録作品:「タクシー・ボーイ」「暗闇の楽園」「蜃気楼を追う男」「歪んだ星屑」「デカダンな旧友」「ガルシアの女」
  • 明日なんて知らない ノーノーボーイ'69(1991年10月 双葉社 / 1996年11月 光文社文庫 『遠い殺人者』に改題)
  • 過去を殺せ(1990年11月 角川書店 / 1993年6月 角川文庫 / 2003年7月 徳間文庫)
  • 地獄までドリブル(1992年3月 天山出版 / 1994年12月 光文社文庫)
  • パリを掘り返せ(1992年9月 徳間書店 / 1995年8月 徳間文庫)
  • 野薔薇の殺人者 深夜のコンビニ事件簿(1993年10月 廣済堂出版 / 1997年7月 光文社文庫)
  • さもなくば友を(1994年9月 集英社 / 1997年7月 集英社文庫)
  • 鋼鉄の騎士(1994年11月 新潮社 / 1998年2月 新潮文庫 上下巻)
  • 巴里からの遺言(1995年10月 文藝春秋 / 1998年12月 文春文庫
  • じっとこのまま(1995年3月 中央公論社 / 1998年7月 文春文庫)
    • 収録作品:「雪模様」「メロン」「じっとこのまま」「悲しみもすぎれば」「ゆく秋」「男だけのクリスマス」
  • 深夜の少年(1996年7月 河出書房新社
  • 樹下の想い(1997年3月 講談社 / 2000年7月 講談社文庫)
  • 鼓動を盗む女(1997年5月 集英社 / 2000年5月 集英社文庫)
    • 収録作品:「鼓動を盗む女」「ダリの潜水服」「サザンカの記憶」「指のない男」「グローブを磨く少年」「特殊治療」「忘れもの」「絶望の人」「皆が待っている」「別荘での楽しみ」
  • 求愛(1998年5月 文藝春秋 / 2001年10月 文春文庫)
  • ぬくもり(1998年11月 文藝春秋 / 2002年5月 文春文庫)
    • 収録作品:「風鈴の女」「二十歳のコンドーム」「ぬくもり」「命日の恋」「天からの贈り物」
  • 金色の雨(1999年6月 幻冬舎
  • はなかげ(1999年9月 集英社 / 2001年10月 集英社文庫)
    • 収録作品:「放春花」「ホワイト・クリスマス」「妖精」「クレマチスの女」「ご馳走様でしたぁ」「藤色の季節」「時の流れに」
  • 壁画修復師(1999年7月 新潮社 / 2001年10月 新潮文庫 / 2009年2月 講談社文庫)
    • 収録作品:「五十年目のカルバドス」「水に流して」「生と死のコラール」「白い河」「タニアの城」
  • 転々(1999年4月 双葉社 / 2002年6月 双葉文庫 / 2005年9月 新潮文庫)

2000年代[編集]

  • 虜(2000年4月 新潮社 / 2002年5月 新潮文庫)
  • 艶めき(2000年7月 講談社 / 2003年7月 講談社文庫)
    • 収録作品:「善冶の恋」「指輪」「うどん」「扇子の秋」「ちぎる」「古木の梅」「女の支度」
  • 艶紅ひかりべに(2000年9月 文藝春秋 / 2003年9月 文春文庫)
  • 異端の夏(2001年3月 講談社 / 2004年3月 講談社文庫)
  • 邪恋(2001年11月 毎日新聞社 / 2004年11月 新潮文庫)
  • 愛の領分(2001年5月 文藝春秋 / 2004年6月 文春文庫)
  • 女が殺意を抱くとき(2002年9月 徳間書店 / 2006年4月 徳間文庫)
    • 収録作品:「耳の中に響く声」「スイートルームの目撃者」「ビニール傘は歓喜の印」「割れたレンズ」「先入観念」「業界用語にご用心」「若者の常識」「雪の降る街」「曇りのち快晴」「開かずの窓」「ホッチキス事件」「過剰防衛」「暗い生け垣」「料理上手な男」「萎れたバラ」「雪がもたらした予感」「逃げ出した獣医」「盗聴癖のある女」「歯は口ほどに物を言う」「心までレンタル」「ウォーキング・ツアー」「時間厳守の女」「無言の目撃者」「アラン・ドロンの美声」「美人秘書の嫉妬」「穴の開いたスプーン」「文才が仇となる」「背表紙は語る」「ジェラシー」「死を招いたファックス」「モン・プチ・シアン」「料理人は名探偵」「1メートル60センチのアリバイ」「季節はずれの雷鳴」「臭わないキッチン」「疑惑の文字"H"」
  • 流砂(2002年3月 講談社 / 2005年3月 講談社文庫)
  • 女(2003年2月 新潮社 / 2006年3月 新潮文庫)
  • 愛さずにはいられない(2003年5月 集英社 / 2007年10月 集英社文庫)
  • キッドナップ(2003年8月 講談社 / 2006年12月 講談社文庫 『子宮の記憶 ここにあなたがいる』に改題)
  • 恋しい女(2004年8月 新潮社 / 2007年5月 新潮文庫 上下巻、『週刊新潮』連載の「セカンド ヴァージン」を改題)
  • 左腕の猫(2004年1月 文藝春秋 / 2007年1月 文春文庫)
    • 収録作品:「老猫の冬」「永遠の猫」「蛮勇の猫」「葬式の猫」「猫の幕引き」「左腕の猫」
  • 密事(2004年1月 中央公論新社 / 2006年2月 中公文庫 上下巻)
  • 探偵は黒服(2005年10月 角川書店 / 2008年10月 角川文庫 『さかしま』に改題)
  • 幸福を売る男(2005年4月 角川書店 / 2008年3月 角川文庫 『セカンドライフ』に改題)
  • 乱調(2005年6月 講談社 / 2008年6月 講談社文庫)
  • 恋愛事情(2006年3月 文藝春秋 / 2009年4月 文春文庫)
    • 収録作品:「土鍋」「封を切る」「修羅の狭間」「残像」「不在の女」「赤心」
  • 前夜のものがたり(2006年7月 講談社 / 2009年7月 講談社文庫)
    • 収録作品:「雨の前夜」「風俗の前夜」「修復の前夜」「蟹の前夜」「蘭の前夜」「三角関係の前夜」「背中の前夜」「キャッチボールの前夜」
  • リミックス(2006年10月 集英社 / 2010年10月 徳間文庫)
  • 戦力外通告(2007年5月 講談社)
  • いつかは恋を(2007年10月 講談社 / 2010年11月 講談社文庫)
  • 喜の行列 悲の行列(2008年7月 毎日新聞社 / 2011年12月 講談社文庫)
  • たまゆらの愛(2009年5月 光文社 / 2012年4月 光文社文庫)
  • 燃ゆる樹影(2009年8月 角川書店 / 2012年9月 角川文庫)
  • 敗者復活(2009年11月 徳間書店 / 2012年11月 徳間文庫)

2010年代[編集]

  • 空が割れる(2010年4月 集英社 / 2014年2月 集英社文庫)
    • 収録作品:「逆上がりの空」「小さくて不思議な空」「声優の空」「画用紙の中の空」「鈴の響く空」「空が割れる」「サンタの空」
  • 老猿(2010年6月 講談社 / 2013年6月 講談社文庫) - 書き下ろし100冊
  • 還暦探偵(2010年10月 講談社 / 2013年11月 新潮文庫 『通夜の情事』に改題)
  • 夢で逢いましょう(2011年2月 小学館 / 2014年7月 小学館文庫)
  • 愛ある追跡(2011年6月 文藝春秋 / 2014年1月 文春文庫)
  • 和解せず(2012年4月 光文社 / 2014念10月 光文社文庫)
  • ライフ・アンド・デス(2012年11月 角川書店)
  • 風屋敷の告白(2013年5月 新潮社)
  • 銀座千と一の物語(2014年1月 文藝春秋)
  • 女系の総督(2014年5月 講談社)
  • 喝采(2014年7月 早川書房 ハヤカワ・ミステリワールド

アンソロジー[編集]

  • 血!(「リュッターヴィルの蒼い月」収録、1985年5月 徳間文庫)
  • 愛!(「疵のあるペンダント」収録、1990年4月 徳間文庫)
  • 奈落(「特殊治療」収録、1995年8月 集英社文庫)
  • 夢を撃つ男(「窓ガラス越しのマドンナ」収録、1995年11月 コスミックインターナショナル)
  • 二十四粒の宝石(「白球」収録、1995年12月 講談社 / 1998年11月 講談社文庫)
  • 犯行現場にもう一度(「生きた証拠」収録、1997年10月 講談社文庫)
  • 仮面のレクイエム(「少女は踊らない」収録、1998年6月 光文社文庫)
  • 最新「珠玉推理」大全(「一億円の幸福」収録、1998年8月 カッパ・ノベルス / 2001年5月 光文社文庫 『幻惑のラビリンス』に改題)
  • 殺ったのは誰だ?!(「選ばれた人」収録、1999年11月 講談社)
  • 海外トラベル・ミステリー(「タクシー・ボーイ」収録、2000年4月 三笠書房
  • 殺人者(「命日の恋」収録、(2000年11月 講談社文庫)
  • 偽りの愛(「じっとこのまま」収録、2001年11月 リブリオ出版)
  • 銀座24の物語(「銀座の猫」収録、2001年8月 文藝春秋 / 2004年12月 文春文庫)
  • 自選ショート・ミステリー(「コルシカの愛」収録、2001年6月 講談社文庫)
  • 男たちの長い旅(「デカダンな旧友」収録、2004年1月 トクマ・ノベルス / 2006年1月 徳間文庫)
  • 甘やかな祝祭(「左腕の猫」収録、2004年9月 光文社文庫)
  • ときめき(「天からの贈り物」収録、2005年1月 廣済堂出版)
  • 空を飛ぶ恋(「じんじん」収録、2006年6月 新潮文庫)
  • ヴィンテージ・シックス(「腕枕」収録、2006年6月 講談社)
  • Colors(「黄色い冬」収録、2008年4月 集英社)

小説以外の作品[編集]

  • ラブ・ソングの記号学(歌謡曲論、初めての著書、1985年8月 角川文庫)
  • 夢色ふたり暮らし 熱い恋の醒めたディアローグ(小池真理子対談、1985年11月 新時代社)
  • 夫婦公論(エッセイ、小池真理子共著、1995年7月 毎日新聞社 / 1997年4月 幻冬舎文庫 / 2000年4月 集英社文庫)
  • 恋の魔法をかけられたら(江國香織柴門ふみ 他との恋愛対談、2003年8月 角川春樹事務所 / 2005年5月 ハルキ文庫)
  • 愛に勝つ1・2・3 輝く女性たちに聞いた恋のひみつ・愛のかたち(三田佳子阿川佐和子などとの対談集、2005年2月 集英社)
  • 恋愛不全時代の処方箋(2006年11月 阪急コミュニケーションズ

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 過去3作よりも古い時代を描いているため「探偵・的矢健太郎1」とされている

関連項目[編集]