第24回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第24回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1973年12月31日(NHK紅白歌合戦第24回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第24回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1973年12月31日
放送時間 1973年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第24回NHK紅白歌合戦』は、1973年12月31日NHKホールで行われた、通算24回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • NHKがNHK放送センターへの局舎移転終了と同時に、関連施設である現NHKホールが完成し、舞台が移された。
  • 両軍司会は水前寺清子宮田輝が担当、1971年第22回以来2年ぶりのコンビとなった。宮田は最後の司会担当となった(翌1974年にNHKを退職、並びに参議院議員へ転身したため)。
  • 紅組司会の候補には実際選出の水前寺以外に森光子伊東ゆかり和田アキ子由紀さおりちあきなおみ今陽子前回担当者の佐良直美が挙がり、一時は佐良の続投で内定となった。しかし、宮田の一声で急転直下し水前寺が起用された(後述)。
  • この年紫綬褒章を受賞した渡辺はま子藤山一郎が特別出演という形式で、それぞれ紅白初出場曲を披露した(両者いずれも今回は正式な紅白出場回数には含まれていない)。
  • 水前寺が歌手として出演する際の代理の曲紹介は佐良が行った。
  • 紅組トリは島倉千代子、白組トリおよび大トリは北島三郎(白組トリは2年連続。初大トリ)が務めた。
  • 当初、クラウンレコード同士である水前寺・北島のトリ構想があったが、同じレコード会社の歌手同士のトリは前例がなかったため、宮田が水前寺を紅組トリから外す代わりに紅組司会に起用してコロムビア・レコード所属の島倉を紅組トリに据えることを提案しこれが可決された格好となった。一方、水前寺からは「司会をやるならトリもやらせてほしい」との注文があり、水前寺・森進一のトリ構想も挙がったという[1]
  • 本番直前に第1次世界石油危機が起こったが、現NHKホール最初の紅白ということもあり、演出等に関しては当初計画通り実施。緊縮型は翌年の第25回からとなった。
  • 宮田の通算15回の司会担当、12年連続司会、通算11回の白組司会はいずれも最多記録となっている。
  • 前回、今回総合司会を務めた山川静夫は先輩の宮田に代わって翌年の第25回は白組司会に起用された。
  • 後年、『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された(1990年1993年1997年)が、1997年はGAROの歌唱シーンがカットされた不完全版であった。これは、メンバーの1人で1986年に死去した日高富明の関係者から、放送の承諾が得られなかったことによる。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
小柳ルミ子(3) 漁火恋唄 布施明(7) 甘い十字架
いしだあゆみ(5) ブルー・ライト・ヨコハマ 西郷輝彦(10) 星のフラメンコ
森昌子(初) せんせい 野口五郎(2) 君が美しすぎて
南沙織(3) 色づく街 堺正章(3) 街の灯り
朱里エイコ(2) ジェット最終便 美川憲一(6) さそり座の女
和田アキ子(4) 笑って許して 橋幸夫(14) 潮来笠
金井克子(3) 他人の関係 フォーリーブス(4) 若いふたりに何が起る
八代亜紀(初) なみだ恋 菅原洋一(7) 今日でお別れ
チェリッシュ(初) てんとう虫のサンバ GARO(初) 学生街の喫茶店
麻丘めぐみ(初) わたしの彼は左きき 三善英史(初) 円山・花町・母の街
山本リンダ(3) 狙いうち ぴんから兄弟(初) 女のみち
ザ・ピーナッツ(15) ウナ・セラ・ディ東京 上條恒彦(2) シャンテ
アグネス・チャン(初) ひなげしの花 郷ひろみ(初) 男の子女の子
天地真理(2) 恋する夏の日 にしきのあきら(4) はじめは片想い
由紀さおり(5) 恋文 鶴岡雅義と東京ロマンチカ(6) 君は心の妻だから
欧陽菲菲(2) 恋の十字路 沢田研二(2) 危険なふたり
佐良直美(7) 世界は二人のために フランク永井(17) 有楽町で逢いましょう
青江三奈(7) 長崎ブルース 森進一(6) 冬の旅
特別出演・渡辺はま子 桑港のチャイナタウン 特別出演・藤山一郎 長崎の鐘
水前寺清子(9) いっぽんどっこの唄 三波春夫(16) 大利根無情
ちあきなおみ(4) 夜間飛行 五木ひろし(3) ふるさと
都はるみ(9) 涙の連絡船 水原弘(10) 君こそわが命
島倉千代子(17) からたち日記 北島三郎(11) 帰ろかな

選考を巡って[編集]

  • 初出場が当確とされていた西城秀樹が落選し、波紋を呼んだ。
  • 前回まで通算17回と常連で出場していた美空ひばりが弟の不祥事の影響からイメージが低下。アンケート支持の低さと「ご意見を伺う会」からの批判が相次いだことを理由に落選[2]し、その事でも話題になった。その後は1989年6月に亡くなるまで、正式な出場歌手として紅白に復帰する事は無かった(但し1979年第30回藤山一郎と共に特別ゲストとして出演した)。
  • 同じく前回まで12回連続出場していた村田英雄も、糖尿病悪化による治療専念により出演を辞退した(翌1974年第25回は復帰出場)。
  • 神田川」の大ヒットで出場が予想されていた南こうせつとかぐや姫は、歌詞の中の「クレパス」が商標名であるため「クレヨン」に歌い直すように要請されたものの、それを拒否し辞退したことも話題になった。それから19年後、第43回にリーダーだった南こうせつが初出場し同曲を披露。さらに7年後の第50回でかぐや姫として(唯一の)初出場を果たし、再び同曲を披露した(こうせつのソロ初出場時、かぐや姫初出場時に歌唱した曲はいずれも「神田川」であり、「クレパス」のまま歌唱された)。
  • 西郷輝彦は翌年に落選し、初出場からの連続記録が今回で途切れた(この時期から活動の重点を俳優業に置き始めたため)。それ以来、紅白に歌手としては出場していないが、1987年第38回加山雄三(白組司会者兼任)の曲紹介で応援ゲストとして14年ぶりに出演した(その年に放送された大河ドラマ独眼竜政宗』の出演者の一員として)。
  • 君こそわが命」で“奇跡のカムバック”を果たして以来、7年連続(通算10回)出場していた水原弘も翌年に落選し、この回で連続出場記録が途切れた。そして、水原にとって生涯最後の紅白出場でもある(1978年7月5日逝去)。
  • サルヴァトール・アダモによれば、自身にもNHKから出演依頼が来たが、「12月31日当日はパリアラン・ドロンが司会を務める番組への出演オファーが既にある」という理由で辞退したという[3]

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 読売新聞』1973年11月22日付朝刊、22頁。
  3. ^ 『読売新聞』1973年12月1日付夕刊、9頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]