第45回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第45回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 20:00 - 23:45(215分)
放送期間 1994年12月31日(NHK紅白歌合戦第45回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 上沼恵美子(紅組司会)
古舘伊知郎(白組司会)
宮川泰夫アナウンサー(総合司会)他
音声 ステレオ放送
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第45回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1994年12月31日
放送時間 1994年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第45回NHK紅白歌合戦(だいよんじゅうごかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1994年平成6年)12月31日NHKホールで行われた、通算45回目のNHK紅白歌合戦。20時から21時25分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 放送開始が20:00(JST)に繰り下げられ、以後1998年第49回まで20:00の放送開始となる。また、NHKの旧ロゴマークが使用された最後の紅白となっている。
  • 例年以上に両軍司会がクローズアップされた回であり、総合司会の宮川泰夫は必要最小限の進行補助(オープニング・エンディングの進行や、攻守交替のアナウンスなど)を行うに留まり、大半の番組進行は審査員紹介も含めて上沼恵美子古舘伊知郎の両軍司会が担当(同コンビが続投した翌1995年第46回も同様)。
  • 仕事は基本的に在阪局に絞って行い、あまり在京局やローカル局では仕事をしないスタイル(これは決して東京・地方嫌いなわけではなく、芸能界復帰の際に夫・上沼真平と交わした「(仕事をする範囲として)西は姫路、東は京都まで」との約束を守っているため(これにより本格的な東京進出を断念している)[1])の恵美子は当時全国的な知名度は低かったものの、紅組司会に抜擢され、本紅白での絶妙な仕切りが注目され、知名度・人気を一躍全国区のものとした。2014年1月12日放送分の読売テレビ中京テレビ上沼・高田のクギズケ!』で、紅白司会担当後在京局から11本に及ぶレギュラー番組のオファーがあったことを本人が明かしている(これらオファーは真平を優先するため全て断った)[2]。恵美子は『毎日新聞』(1994年12月31日付)のインタビューに「NHKから紅白司会の話があったのは11月下旬。この時点で正月ハワイへ家族旅行をする予定を立てていたため、受けるか悩んだ」「夫が仕事を全て反対してくるため、この仕事も絶対に反対すると思っていたが、『引き受けないと君が一生後悔するだろうから』と応援の姿勢を示してくれたので、受けることにした」と語っている。また、白組司会を務めた古舘(元テレビ朝日アナウンサー)は史上初の民放のアナウンサー出身の紅白司会者となった。
  • 紅組司会の候補として過去経験者である黒柳徹子和田アキ子(この年の『思い出のメロディー』の司会)や十朱幸代いしだあゆみ由紀さおり山田邦子森口博子の名前がマスコミ報道で取り沙汰された[3]。だが(先述の恵美子の発言とは矛盾するが)番組側によれば、この年春時点で恵美子に了承を得ていたという[4]
  • 古舘は前回でも白組司会の候補に挙がっていた。実際に前回の時点で番組側は起用を検討していたが、見送る格好となっていた(「民放のアナウンサー出身ということでNHK内に一部慎重な声があったため起用が見送られた」と週刊誌で報じられた)。
  • 今回は出場歌手・両軍司会共に対戦色が強く見られた(翌年の第46回も同様)。
  • オープニングで恵美子・古舘がそれぞれ紅・白のガウンを身に纏い、1階客席奥からステージに向かい、ステージ上でガウンを脱ぎ捨てるという演出があった。
  • 審査員紹介時、恵美子は紅組司会の先輩である森光子に「大変尊敬しています」と述べた。
  • 島倉千代子の「人生いろいろ」の場面では、まず、曲前に光子より「島倉さんは尊敬しています。「人生いろいろ」ありますけれど、どうぞ歌一筋に頑張ってください」と島倉にメッセージが述べられた。そして、曲の途中から恵美子と紅組歌手一同が島倉のバックに集結するという演出があった。また、途中映し出された光子が同曲を口ずさんでいた。
  • 吉田拓郎が初出場(「(出場は)これが最初で最後!」と述べた)。拓郎からは発表日前日の20時に承諾の報があり、25組目の当選者となった。当日のステージでは日野皓正トランペット)、渡辺香津美エレキギター)、宮川泰キーボード)、日野元彦ドラム)、大西順子ピアノ)、石川鷹彦アコースティックギター)、金沢英明ウッドベース)、吉田建ベース)という大物ミュージシャンがバックバンドを務めた。コーラスとして、五木ひろし森進一前川清が参加するなど、初出場ながら、NHKが長年出場を心待ちにしてきた歌手が出演するとあって、特別待遇とも云える扱いがなされた。
  • 松田聖子藤谷美和子の歌唱時の衣装が、いずれも背中に羽の生えた天使をイメージした物であった(色はそれぞれ白と黒で異なる)ことから一部メディアで「衣装が被った」と評された。
  • 吉幾三の歌唱前、古舘が吉の2人の娘から預かった父への手紙を朗読。楽曲が「娘に…」という、娘にあてた曲であるため、吉は感極まってしまい、歌い出しから一番の途中までは涙声に。二番からは持ち直して歌いきり、曲中のバックには吉の家族での写真などがスライドで映された。
  • 今回の衣装対決は小林幸子美川憲一の直接対決。美川は間奏の間に早着替えを行い、最後には宙吊りで空を飛び「幸子、おだまり」の一言で落とした。幸子はナイアガラの滝をイメージしたセットを使用。元々は本物の水を使用する予定だったが、この年深刻な水不足が起こったことを考慮し、ドライアイスで代用した。
  • 幸子・美川の直接対決と前後して22:50頃に東北地方で地震が発生し、地震情報を随時テロップで報じていた。
  • 森進一は紅白で3回目の「おふくろさん」歌唱となった。なお、今回紅白で初めて同作詞者川内康範が制作していない台詞付のものを披露した。
  • 和田アキ子小林旭の対決では、同一の合唱団が登場した。旭の歌唱後、合唱団が聖歌を歌い、そして和田が登場するという演出があった。
  • 紅組トリおよび大トリには都はるみ、白組トリには五木ひろしと共にトリには両軍揃ってこの年デビュー30周年を迎えた歌手が選ばれた。都の紅組トリ担当は1990年第41回以来4年ぶりだが、大トリ担当は自身の引退舞台とした1984年第35回以来10年ぶりとなった。曲紹介時、恵美子は都の出身地・京都府がこの年遷都1200年を迎えたことに触れた。
  • 優勝は紅組。恵美子は紅組司会の先輩である和田と抱擁した。一方、古舘は「普通こういう時って悔しいと思うんですけど、凄く悔しいです」と述べた後、白組歌手に「すみません」と謝罪した。なお、今回の恵美子のケースを最後にNHKアナウンサー以外が紅組司会を務めた回での紅組優勝は2011年第62回(同回の紅組司会は井上真央)まで途絶えることとなった。
  • エンディングの「蛍の光」大合唱の合唱団に混じって松本明子日本テレビ系列『進め!電波少年』の企画で出演しており、「紅白もらった」というを出した。ただ、オンエアの映像ではそれを判別することは出来ず、翌1995年元日放送の『平成あっぱれテレビ』で日本テレビが独自に撮影した映像を流した。
  • 恵美子は年明けすぐのインタビューで「あぁ、ほんとしんどかった。もう(紅白の)司会はしません」と公言したが、翌年の第46回でも紅組司会を務めた。翌年(翌月)に自身の出身地・兵庫県三原郡南淡町((現:南あわじ市)も大きな被害を及ぼした阪神・淡路大震災が発生、第46回の紅組司会の打診を受けた当初は拒否したが、「阪神・淡路大震災で被害に遭った人々を元気づけてほしい」と懇請されたため受け入れたというエピソードがある。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 中村和夫・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
第1部
trf(初) BOY MEETS GIRL access(初) SCANDALOUS BLUE
篠原涼子(初) 恋しさと せつなさと 心強さと TOKIO(初) LOVE YOU ONLY
久宝留理子(2) 早くしてよ 山根康広(初) Get Along Together -愛を贈りたいから-
長保有紀(初) 惚(ほ)の字傘 山本譲二(7) 関門海峡
伍代夏子(5) ひとり酒 堀内孝雄(7) 夢の道草
森口博子(4) Let's Go SMAP(4) がんばりましょう
田川寿美(初) 女…ひとり旅 香田晋(初) 夢いちど
中山美穂(7) ただ泣きたくなるの 藤井フミヤ(2) DAYS
DREAMS COME TRUE(5) すき〜紅白バージョン〜[5] 米米CLUB(2) 手紙〜紅白バージョン〜[6]
島倉千代子(32) 人生いろいろ 小椋佳(初) さらば青春
第2部
松田聖子(10) 輝いた季節へ旅立とう 吉田拓郎(初) 外は白い雪の夜
大月みやこ(8) 愛にゆれて… 吉幾三(9) 娘に…
藤谷美和子大内義昭(初) 愛が生まれた日 郷ひろみ(15) 言えないよ
森高千里(3) 素敵な誕生日 西城秀樹(12) YOUNG MAN (Y.M.C.A.)
坂本冬美(7) 夜桜お七 細川たかし(20) 夢酔い人
香西かおり(4) 恋慕川 山川豊(4) 途中下車
藤あや子(3) 花のワルツ 沢田研二(17) HELLO
工藤静香(7) Blue Rose X JAPAN(4) Rusty Nail
ケー・ウンスク(7) 花のように鳥のように 前川清(4) 恋するお店
小林幸子(16) 雨の屋台酒 美川憲一(11) おだまり
由紀さおり安田祥子(3) 赤とんぼどこかに帰ろう 森進一(27) おふくろさん
和田アキ子(18) あの鐘を鳴らすのはあなた 小林旭(5) 熱き心に
キム・ヨンジャ(2) 川の流れのように 谷村新司(8) 昴 -すばる-
石川さゆり(17) 飢餓海峡 北島三郎(31) 年輪
都はるみ(26) 古都逍遥 五木ひろし(24) 汽笛

選考を巡って[編集]

紅白45回を記念して、紅組最多出場者の島倉千代子1988年第39回以来6年ぶり)を筆頭に、西城秀樹1984年第35回以来10年ぶり)、松田聖子(1988年・第39回以来6年ぶり)、沢田研二1989年第40回以来5年ぶり)、郷ひろみ1990年第41回以来4年ぶり)と、往時のアーティストを多くカムバックさせた。

その一方で、八代亜紀が落選した[7]

前回ゲスト歌手として出演した小椋佳が白組歌手として初出場を果たす。

今回から1997年第48回までNHK新人歌謡コンテストの優勝者に紅白の出場権が与えられた(1998年にNHK新人歌謡コンテストは廃止)。今回は田川寿美がそれによって出場を掴んだ(この年のNHK新人歌謡コンテストは3月12日開催であり、同日の時点で田川の出場が真っ先に決まる格好となった)

松任谷由実(当時放送中の連続テレビ小説春よ、来い (テレビドラマ)』の主題歌「春よ、来い (松任谷由実の曲)」を担当)・竹内まりやCHAGE and ASKAMr.Children中島みゆきZARDらが出場を辞退した[8]

中山美穂工藤静香ケー・ウンスクは翌年に落選し、初出場以来の連続記録が今回で途切れる(いずれも通算7回)。中山とケーはそれ以来、紅白へは出場していない(中山は徐々に活動の重点を女優業に移し始めていたため)が、工藤は4年後の1998年第49回で1回限りながら復帰を果たした。

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊文春』2013年9月26日号
  2. ^ デイリースポーツ』2014年1月12日配信
  3. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  4. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、320頁。
  5. ^ 「すき」「WINTER SONG」のメドレー
  6. ^ 「手紙」「浪漫飛行」のメドレー
  7. ^ 読売新聞』1994年12月2日付東京朝刊、34頁。
  8. ^ 『読売新聞』1994年12月5日付東京夕刊、9頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]