浜美枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はま みえ
浜美枝
生年月日 1943年11月20日(70歳)
出生地 日本の旗 日本・東京
民族 日本人
ジャンル 映画俳優
活動期間 1960年-
主な作品
日本一のホラ吹き男
007は二度死ぬ』 
備考
身長164cm 体重50kg

浜 美枝(はま みえ、1943年11月20日 - )は、日本女優東京都出身。神奈川県箱根町在住。

プロフィール[編集]

中学卒業後、東京急行電鉄自動車部(現在の東急バス)に入社[1]。バスガールをしていた所を抜群にスタイルが良かったのでスカウトされた。本人は全くその気が無かったが、東宝側がバス会社と話をつけ、女優契約させられた。

1960年、16歳の時に映画『若い素肌』で女優デビューし、同年には同い年の星由里子田村奈巳と共に「東宝スリーペット」(命名者は夏木陽介)として大々的に売り出される。

以来ドラマ・映画に多数出演。お嬢さんイメージの強い東宝女優としてはもっとも活発な持ち味で、団令子の後継者的なポジションに位置する。女スパイや殺し屋なども(さらには国際謀略団の女帝まで)チャーミングに演じた。中でも、1967年公開の、007シリーズ007は二度死ぬ』(共演:ショーン・コネリー丹波哲郎)で、ボンドガール役を演じ、国際的名声を得る。この配役は『キングコング対ゴジラ』を観て浜を知ったスタッフからの若林映子と併せての指名だったという。面接はホテルニューオータニであった。「クレージー映画」の常連マドンナとしても知られ、主に植木等の相手役を務めた。

東宝が専属契約制を打ち切った1970年に退社。以後はテレビでの女優業のかたわら、『小川宏ショー』(フジテレビ)、『八木治郎ショー・いい朝8時』(毎日放送)、『日曜美術館』(NHK)などのテレビ番組の司会や、『脱線問答』(NHK)にレギュラー出演するなどで活躍。他にラジオ番組では『浜美枝のいい人みつけた』(ABCラジオTBSラジオほか)、『浜美枝のあなたに逢いたい』(文化放送)、『ニューモラルツーユー今日もありがとう』(ニッポン放送)のパーソナリティを務めた。

ライオンの洗濯用洗剤「トップ」のイメージキャラクターを長年務めておなじみとなった。

浜本人は、女優人生は本意でなく、世界各国を見聞し、環境などをテーマにするコメンテーターになりたかったという。映像民俗学者の姫田忠義に私淑し、女優引退後は環境・農・食問題について研究するライフコーディネーターとしても活躍。エッセイ集も数十冊出している。1990年代初頭に女優業は実質引退した。

2005年現在はラジオ番組『浜美枝のいつかあなたと』(文化放送)のパーソナリティを務めているほか、国土庁農林水産省食アメニティを考える会会長をはじめ、農政ジャーナリストとして各種委員会のメンバーを務めている。近畿大学2010年春に新設する「総合社会学部」の客員教授に就いた。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 太陽のあいつ(1967年、TBS)
  • かけだし天使(1968年、TBS)看護婦
  • 下町の空(1968年、TBS)
  • 立ち入り禁止・恋と恋(1969年、日本テレビ)
  • まだ見ぬアナタ (1969年、フジテレビ)
  • フルーツシリーズ第6弾 「レモンスカッシュ4対4」 第1話、第3話、第4話、第7話(1969年10月2日 - 11月20日NET) - 田村みつる
  • 死と空と(1969年、日本テレビ)
  • 霧氷の影(1970年、フジテレビ)
  • 太陽にほえろ!日本テレビ / 東宝) - 麻薬捜査官・村岡房江
    • 第4話「プールサイドに黒いバラ」(1972年8月11日)※この回のみ”小林房江”名義。
    • 第61話「別れは白いハンカチで」(1973年9月14日)
    • 第137話「ありがとうテキサス坊や」(1975年2月28日)
    • 第246話「赤ちゃん」(1977年4月8日)
  • 新選組 第14話「奈良尼寺の急襲」(1973年、フジテレビ) ※鶴田浩二
  • ぶらり信兵衛 道場破り 第22話「ちちんぷいぷい」(1974年3月7日、フジテレビ / 東映) - おしん
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風(1975年~1976年、フジテレビ) - お葉 
  • 俺たちの旅 第11話 「男はみんなロマンチストなのです」(1975年、NTV) - 秋山栗子
  • 愛のドラマシリーズ「チーちゃん ごめんね」(1977年04月04日~5月30日、東京12ch)- 主演
  • 新五捕物帳 第12話 「母ごころ夢の富くじ」(1978年) - おきわ
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍 第50話「味一番! 細腕べんとう」(1979年2月3日、ANB / 東映)
  • 天山先生本日も多忙(1979年、テレビ朝日)
  • 土曜ナナハン・学園危機一髪「ちゅうちょの母の物語」(1980年9月6日、フジテレビ)
  • 桃太郎侍 第212話 「本家玉川一座と元祖玉川一座」(1980年11月9日、NTV)
  • 月曜ワイド劇場「妻はなぜ夫を棄てたか」(1985年、テレビ朝日) - 主演
  • 火曜サスペンス劇場「チョコレートゲーム」(1986年、NTV) - 主演
  • いつも誰かに恋してるッ(1990年、フジテレビ) - 桜井理子の母
  • いつか誰かと朝帰りッ(1990年、フジテレビ) - 山ノ内待子
  • 水曜グランドロマン「家族の祭り」(1990年8月22日、日本テレビ) - 味藤敦子

その他のテレビ番組(上記以外)[編集]

ラジオ[編集]

テレビCM[編集]

DVDコメンタリー[編集]

  • 『ホラ吹き太閤記』(東宝ビデオ)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「バスラマアーカイブス03 東京急行のバス達」 ぽると出版