ディノ・デ・ラウレンティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディノ・デ・ラウレンティス
Dino De Laurentiis
Dino De Laurentiis
本名 Agostino De Laurentiis
生年月日 1919年8月8日
没年月日 2010年11月11日(満91歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 トッレ・アンヌンツィアータ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 イタリアの旗 イタリア
配偶者 シルヴァーナ・マンガーノ(1949年 - 1988年)
マルタ・シュマッハー(1990年 - 2010年)
家族 ラファエラ・デ・ラウレンティス(娘)

ディノ・デ・ラウレンティスDino De Laurentiis, 1919年8月8日 - 2010年11月11日[1])は、イタリア出身の映画プロデューサーディーノ・デ・ラウレンティスの表記もある。本名はアゴスティーノ・デ・ラウレンティス(Agostino De Laurentiis)。

略歴[編集]

ローマで映画製作を学んだが、第二次世界大戦勃発により中断。1940年の『L'ultimo Combattimento』より150本以上の映画のプロデュースを手掛けている。インディペンデントのプロデューサーとしてはカルロ・ポンティとともに業界最高峰の人物で、生きる神話の一人とも呼ばれた。

1962年(昭和37年)3月に来日している。

2000年、米国アカデミー賞アービング・G・タルバーグ賞を受賞。

2010年11月11日、ロサンゼルスで死去。91歳没[1]

私生活[編集]

1949年にイタリアの女優シルヴァーナ・マンガーノと結婚。4人の子供をもうける(次女は映画プロデューサーのラファエラ・デ・ラウレンティス)が、1989年に彼女と死別。最後の妻は映画プロデューサーで40歳近く年下のマルタ・シュマッハーで、2人の子供をもうけている。

主なプロデュース作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ディノ・デラウレンティス氏死去 映画プロデューサー - 47NEWS(よんななニュース)

外部リンク[編集]