バラキ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラキ
The Valachi Papers
監督 テレンス・ヤング
脚本 スティーヴン・ゲラー
マッシモ・デ・リータ
アルドゥイーノ・マイウリ
原作 ピーター・マース
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 ニーノ・クリスマン
出演者 チャールズ・ブロンソン
リノ・ヴァンチュラ
音楽 リズ・オルトラーニ
撮影 アルド・トンティ
編集 ジョニー・ドワイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年11月3日
日本の旗 1972年12月9日
上映時間 125分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語イタリア語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $17,106,087[1]
テンプレートを表示

バラキ』(原題: The Valachi Papers)は、1972年制作のイタリアフランス合作映画テレンス・ヤング監督。チャールズ・ブロンソン主演。

概要[編集]

オメルタ(血の掟)を破り、現役のマフィア幹部で初めてマフィアおよびコーサ・ノストラの実態をアメリカ議会で証言したジョゼフ・ヴァラキの証言を基にした、ピーター・マース(彼は『セルピコ』の著者でもある)のベストセラー『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』(The Valachi Papers, 日本リーダースダイジェスト社)の映画化。

ヴァラキの証言を通して、オメルタから始まるコーサ・ノストラ入会から出世、逃亡、そして当局に保護されるまでを描くことで、ラッキー・ルチアーノ等、実名で登場する本物のマフィア、コーサ・ノストラの歴史・実態が解り易く忠実に再現された。

制作の経緯[編集]

1968年に『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』がアメリカで出版されると、たちまち全米でベストセラーとなった。この映画化権を買い取ったテレンス・ヤングは様々な映画会社・プロデューサーに話を持ちかけたが、内容が内容なだけに皆及び腰だった。

そんな中、マフィアのルーツであるイタリア出身のディノ・デ・ラウレンティスがこの話に乗ったものの、当時はまだヴァラキ、ヴィト・ジェノヴェーゼとも存命(2人とも獄中にいた)で、しかもジェノヴェーゼは獄中からでも殺人を指示出来る程の強大な権力を持っていたため、制作開始のタイミングを慎重に見極めざるを得なかった。

その後、1969年にジェノヴェーゼ、1971年にヴァラキが相次いで獄中で死去した事からゴーサインが出され、1972年3月14日ニューヨークでクランクインしたが、ニューヨーク・マフィアのアンソニー・E・コロンボから脅迫を受け、わずか18日で撤収、その後はローマにあるラウレンティスのスタジオで撮影が行われ、完成にこぎつけた[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NETテレビ版 日本テレビ版
ジョゼフ・ヴァラキ チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
ヴィト・ジェノヴェーゼ リノ・ヴァンチュラ 森山周一郎
マリア ジル・アイアランド 平井道子 芝田清子
サルヴァトーレ・マランツァーノ ジョセフ・ワイズマン 大木民夫
トニー・ベンダー グイド・レオンティーニ 小林清志
ギャップ ワルテル・キアーリ 羽佐間道夫 嶋俊介
ガエターノ・レイナ アメデオ・ナザーリ 加藤精三
アルバート・アナスタシア ファウスト・トッツィ 西田昭市
ラッキー・ルチアーノ アンジェロ・インファンティ 石森達幸
ジョー・マッセリア アレッサンドロ・スペルリ
サレルノ マリオ・ピラー 田中康郎
バック フレッド・ヴァレカ 加藤正之
ライアン ジェラルド・S・オローリン 島宇志夫
レイナ夫人 プペラ・マッジオ 島木綿子
ドナ マリア・バクサ 渡辺典子

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]