暗殺者 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暗殺者
Assassins
監督 リチャード・ドナー
脚本 アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー

ブライアン・ヘルゲランド
製作 ジョエル・シルバー
ブルース・エヴァンス
レイノルド・ギデオン
アンドリュー・ラザー
ジム・ヴァン・ウィック
リチャード・ドナー
製作総指揮 ローレン・シュラー・ドナー
ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 シルヴェスター・スタローン
ジュリアン・ムーア
アントニオ・バンデラス
音楽 マーク・マンシーナ
撮影 ヴィルモス・ジグモンド
編集 ローレンス・ジョーダン
リチャード・マークス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年10月6日
日本の旗 1996年2月3日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $30,303,072[1]
テンプレートを表示

暗殺者』(原題:Assassins)は、1995年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカ映画

ストーリー[編集]

親友のニコライでさえ、ターゲットとした過去を持つベテラン暗殺者のロバート・ラスは、仕事が終わると毎回のように次の任務を最後に引退しようと思っていた。

ある仕事の決行日のこと、彼の獲物は他の暗殺者から狙われてしまう。ミゲル・ベインというその暗殺者は警察に捕まったが、脱走。続いてロバートに追い詰められるも、謎の存在として消えてしまった。そしてロバートは新たな任務を受け、猫を連れた若い女性ハッカーであるエレクトラの暗殺に向かうが、またしてもミゲルとかち合ったあげく、彼女を殺すことができず、共に逃亡する道を選ぶ。

組織はロバートとエレクトラを殺し、エレクトラの持つ極秘データのフロッピーを回収するため、ロバートに対抗意識を燃やすミゲルを差し向けた。追われる身となったロバートとエレクトラはフロッピーを取引材料に組織から自由と大金を勝ち取ろうと考え、お互いの機転で何度か危機を切り抜ける。

さらに一計を案じたロバートは、かつて親友を暗殺したカリブへと逃れる。無事大金を得たふたりの前に、予想通りにミゲルの襲撃があったものの、ふたりの連携の前にミゲルは倒れる。安堵するふたりの前に、直々に暗殺組織のボスが現れるが彼も倒され、ロバートとエレクトラと猫はカリブの陽光の中、希望をもって旅立つのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD フジテレビ テレビ朝日
ロバート・ラス シルヴェスター・スタローン 玄田哲章 佐々木功
ミゲル・ベイン アントニオ・バンデラス 大塚明夫 江原正士 山路和弘
エレクトラ ジュリアン・ムーア 土井美加 勝生真沙子 佐々木優子
ニコライ アナトリー・ダヴィドフ 千田光男 佐々木勝彦 谷口節
レミー カイ・ウルフ 秋元羊介 仲野裕 牛山茂
ジェニファー ケリー・ローワン 雨蘭咲木子 松井菜桜子 渡辺美佐
翻訳 久保喜昭 松崎広幸 平田勝茂
演出 松川陸 伊達康将 福永莞爾
調整 土屋雅紀 栗林秀年 兼子芳博
録音 スタジオザウルス
効果 リレーション
音響制作 中西真澄
担当 笠原恵美子
プロデューサー 貴島久祐子
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
東北新社
初回放送 1999年4月3日
ゴールデン洋画劇場
2000年9月24日
日曜洋画劇場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Assassins (1995)”. Box Office Mojo. 2010年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]