リーサル・ウェポン4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーサル・ウェポン4
Lethal Weapon 4
監督 リチャード・ドナー
脚本 チャニング・ギブソン
製作 リチャード・ドナー
ジョエル・シルバー
製作総指揮 ヴィッキー・ディー・ロック
出演者 メル・ギブソン
ダニー・グローヴァー
音楽 マイケル・カーメン
エリック・クラプトン
デイヴィッド・サンボーン
主題歌 ピルグリム」エリック・クラプトン
撮影 アンジェイ・バートコウィアク
編集 フランク・J・ユリオステ
ダラス・プエット
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年7月10日
日本の旗 1998年8月1日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $140,000,000[1]
興行収入 $285,444,603[1]
前作 リーサル・ウェポン3
テンプレートを表示

リーサル・ウェポン4』(Lethal Weapon 4)は1998年アメリカ合衆国で公開されたアクション映画リーサル・ウェポンシリーズの4作目。ワーナー・ブラザーズ映画創立75周年記念作品。

あらすじ[編集]

ロサンゼルス市警の刑事・リッグスマータフは、次々と街を破壊する完全武装した男が出現したため現場へ急行する。現場での会話で、リッグスは恋人ローナの、マータフは娘リアンの妊娠を知る。結局その現場はリッグスの大立ち回りでガソリンスタンドやタンクローリーを吹っ飛ばして解決した。

そんな事件から9か月後、2人は探偵となったレオと釣りに出かけ、不審な大型船と遭遇する。船に乗り込み、船員との格闘の末に船は座礁。大型船は中国の密航船である事が判明する。密入国者が次々と連行されていく中、マータフは避難用ボートの中に隠れていたホン一家を発見。同情したマータフは違法と知りながら彼らを自分の家にかくまうことにする。

そんな時、ロス市警は2人の「壊し屋」のせいで保険を打ち切られたため、マーフィー警部は苦肉の策として2人を警部に昇進させ、デスクでおとなしくさせようとする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD 日本テレビ テレビ朝日
マーティン・リッグス メル・ギブソン  安原義人 小山力也 磯部勉
ロジャー・マータフ ダニー・グローヴァー 坂口芳貞 池田勝
ローナ・コール レネ・ルッソ 高島雅羅 田中敦子 勝生真沙子
レオ・ゲッツ ジョー・ペシ 青野武 樋浦勉
リー・バターズ クリス・ロック  成田剣 高木渉
ワン・シン・クー ジェット・リー 古澤徹 楠大典 池田秀一
エド・マーフィー警部 スティーブ・カーン 塚田正昭 糸博 塚田正昭
ベニー・チャン キム・チャン 緒方賢一 滝口順平 緒方賢一
ベニーの助手 マイケル・チャウ
トリッシュ・マータフ ダーレン・ラヴ 磯辺万沙子 沢田敏子 火野カチ子
ホン エディ・コー 山野史人 伊藤昌一
役不明又はその他 加藤優子
田中正彦
島田敏
星野充昭
堀部隆一
叶木翔子
津村まこと
川中子雅人
青山穣
定岡小百合
高瀬右光
遠藤純一
田坂秀樹
落合るみ
水野龍司
田原アルノ
堀越真己
佐藤しのぶ
落合弘治
中博史
吉田孝
萩原えみこ
遠藤純一
廣田行生
小形満
鳥畑洋人
永井誠
浅野るり
小室正幸
喜多川拓郎
多田野曜平
伊藤和晃
石田圭祐
浅野まゆみ
鳥畑洋人
滝知史
花田光
杉山紀彰
鈴木紀子
薬師寺種子
多緒都
翻訳 中島多恵子 平田勝茂
演出 蕨南勝之
調整 土屋雅紀 山田太平
録音 ムービーテレビジョン
編集協力 IMAGICA
宮本陽介
効果 リレーション
プロデューサー 東慎一 梶淳
音響制作 相原正之
中西真澄
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
小川眞紀子
(ムービーテレビジョンスタジオ)
ムービーテレビジョン
制作協力 ViViA
清宮正希
初回放送 2001年9月28日
金曜ロードショー
2003年1月5日
日曜洋画劇場

※テレビ朝日版は2013年1月14日にWOWOWで放映される際に、初回放送時にカットされた箇所を同一声優で追加録音される。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

エリック・クラプトンの「ピルグリム」が流れるエンドロールでは撮影時のスナップ写真で構成され、出演者、スタッフ一同の記念写真でアルバムが閉じられ映画本編が終了するという仕掛けになっている。

続編[編集]

2008年頃からジョエル・シルバーとシェーン・ブラックによりスクプリトが書かれた、リーサル・ウェポン5の製作企画があった。最終的にはジョエル・シルバー案の制作企画で2009年頃に製作される予定であった。しかし、メル・ギブソンが出演しないことを決め、ダニー・グローヴァーも出演に関心を示さなかったため、5作目の制作は消滅してしまった[2]

ダニー・グローヴァーが演じる、ロジャー・マータフの息子役で、コロンバス・ショートの名が挙がっていた。2011年1月にジョエル・シルヴァーはメル・ギブソンとダニー・グローヴァーなしで、別の俳優を代わりに使って、5作目(あるいは再起動)の製作ができないか、企画していることが明らかになった[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]