ジェット・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェット・リー
Jet Li
Jet Li
ジェット・リー(2007年
本名 李連杰
別名 陽中(字)
生年月日 1963年4月26日(50歳)
出生地 中華人民共和国の旗 中国北京市
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
ジャンル 俳優
活動期間 1982年 -
活動内容 1982年:映画デビュー
1988年:初監督
1998年ハリウッド映画進出
配偶者 黄秋燕(1987 - 1990年
ニナ・リー1999年 - )
主な作品
少林寺
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズ
リーサル・ウェポン4
HERO
海洋天堂
受賞
第13回香港電影評論学会大奨最優秀男優賞
SPIRIT
第27回香港電影金像奨最優秀主演男優賞
ウォーロード/男たちの誓い
ジェット・リー
李連杰
各種表記
繁体字 李連杰
簡体字 李连杰
拼音 Lǐ Liánjié (北京語)
Lei5 Lin4 Git6 (広東語)
発音転記: リー・リェンジエ
英語名 Jet Li
テンプレートを表示

ジェット・リーリー・リンチェイ、李 連杰、英語名:Jet Li、1963年4月26日 - )は中国北京市出身の武術家、俳優である。陽中。身長166cm、体重65kg、血液型AB型。2009年にシンガポール国籍を取得した[1]

プロフィール[編集]

8歳から武術(中国武術)を学び、中国全国武術大会において5年5回連続で総合優勝を成し遂げるほどの武術の腕前を持つ(未だその記録を破る者はいない)。その身体能力を活かして1982年に『少林寺』で映画デビュー(本名の李連杰=リー・リンチェイ名義)。1991年ツイ・ハーク監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』の大ヒットでスターの座を確固たるものにした。

1988年の『ファイナル・ファイター 鉄拳英雄』において初監督を果たし(李陽中=リー・ヤンジョン名義)、1998年の『リーサル・ウェポン4』でハリウッド映画にデビュー。『キス・オブ・ザ・ドラゴン』、『ダニー・ザ・ドッグ』など主演映画も次々に公開され、世界的に有名なアクションスターとなった。

経歴[編集]

  • 1963年、北京市に5人兄弟(兄2人、姉2人)の末っ子として産まれる。
  • 1971年、8歳の時に北京業余体育学校に入学。このころより、中国武術を習い始める。
  • 1974年、中国全国武術大会で個人総合優勝を果たす。以降、5年連続で優勝する。
  • 1982年、『少林寺』で映画デビュー。
  • 1987年、黄秋燕(当時は武術家、後に女優)と結婚(のちに離婚)。彼女との間に2人の娘がいる。
  • 1998年、『リーサル・ウェポン4』に出演。これによってハリウッド・デビューを果たし、ハリウッド、ヨーロッパ、香港、中国と活躍の場を広め、世界的な俳優となる。
  • 1999年、女優の利智(ニナ・リー)と再婚。彼女との間に2人の娘がいる。
  • 2000年、アメリカ国籍を取得。
  • 2004年、スマトラ島沖地震に巻き込まれるも軽傷で済み、家族は無事に避難した。
  • 2006年、同年公開された映画『SPIRIT』を最後に武術映画から引退すると公言。この映画で、香港映画評論学会大奨の主演男優賞を受賞した。
  • 2007年、スマトラ島沖地震に遭遇したことをきっかけに中国紅十字社と協力して「ワン基金」(壹基金)を設立。基金活動を本格的に開始する。
  • 2008年
  • 2009年、シンガポール国籍を取得。
  • 2010年、『海洋天堂』で自閉症の息子の行く末を憂える一般人の父親役を演じ、アクションを封印し新境地を開いた。

武術について[編集]

ジェットのアクションの基礎は北京武術大会5連覇の実績からも分かるように、競技武術の長拳武術太極拳)が中心となっている。映像などの記録では翻子拳などを映画撮影のために学んだ経緯も残っている。

映画『少林寺』で披露した技は本来の少林拳ではない。本来の少林拳は今や民間伝承に僅かに残るものだけになっており、中国で少林拳とされる諸派は映画『少林寺』公開以後のブームから創作された近代少林拳である。当時、少林寺(嵩山少林寺)には武僧はほとんど残っておらず、やむなく競技武術選手であるジェットを招聘した。中国の少林拳を参考に創作された日本の少林寺拳法の一団も招聘され、何とかして無き少林拳を見た目だけでも映像化したかった窮状が垣間見える。

ザ・ワン』では柔と剛を象徴して柔は八卦掌中心、剛は形意拳を中心に演じている。

演じた武術家[編集]

史実に登場する武術家を演じることが多い。

エピソード[編集]

日本語吹き替え[編集]

デビュー当初は水島裕などが吹き替えを勤めていたが、後に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズで池田秀一が起用されたことがきっかけで池田が吹き替えを担当することが多くなる。ハリウッド・デビューをした後は異なる声優が務めることが多くなっていたが、『ドラゴン・キングダム』での吹き替えを機に池田が専任担当声優となった。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]