パラレルワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パラレルワールドとは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。並行世界並行宇宙並行時空ともいう。

異世界(異界)」、「魔界」、「四次元世界」などとは違い、パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。

概要[編集]

「この現実とは別に、もう1つの現実が存在する」というアイディアは、「もしもこうだったらどうなっていたのか」という考察を作品の形にする上で都合がよく、パラレルワールドはSFにおいてポピュラーなアイディアとなっている[1]

作家の野阿梓は、架空戦記歴史改変SF作品に見られるような、「もう1つの歴史」を扱う作品と、現実とは異なる次元を扱うパラレルワールドは、SFにおいてはほとんど同じようなものとして扱われてきたとする。その理由として、2つのジャンルはいずれも「あり得るかもしれない世界」を描くことを目指しており、それがSF作家の「究極の夢」だからだと主張する[1]。また、ファンタジー小説の中にも現実を含んだ世界で仮説を述べるというパラレルワールドを扱った小説が登場してきており、認知心理学者の下條信輔は、ファンタジーの基本枠組みそのものとしてパラレルワールドという概念が受容されていると述べている[2]

タイムトラベルとパラレルワールド[編集]

タイムトラベルを扱ったフィクションにおいて、タイムパラドックスの解決法としてパラレルワールドが用いられる場合がある。すなわち、タイムトラベルで行き着いた先は実際は現実に酷似したパラレルワールドであり、どの時間軸で歴史を変えようとしても自分がいた元の世界には影響しない。物理学者のデイヴィッド・ドイッチュは、多世界解釈と絡めてパラドックスを解決するモデルを提唱した[3]

パラレルワールドは実在するか[編集]

パラレルワールドはSFでよく知られた概念であるだけでなく、実際に物理学の世界でも理論的な可能性が語られている。例えば、量子力学多世界解釈や、宇宙論の「ベビーユニバース」仮説などである。ただし、多世界解釈においては、パラレルワールド(他の世界)を我々が観測することは不可能でありその存在を否定することも肯定することも出来ないことで、懐疑的な意見も存在する[4]

理論的根拠を超弦理論の複数あるヴァージョンの一つ一つに求める考え方も生まれてきている。現在の宇宙は主に正物質、陽子電子などで構成されているが、反陽子陽電子などの反物質の存在が微量確認されている。この物質の不均衡は、ビッグバンによって正物質と反物質がほぼ同数出現し、相互に反応してほとんどの物質は消滅したが、正物質と反物質との間に微妙な量のゆらぎがあり、正物質の方がわずかに多かったため、その残りがこの宇宙を構成する物質となり、そのため現在の既知宇宙はほぼ全ての天体が正物質で構成されているのだと説明されている。ビッグバンの過程において、この宇宙以外にも他の宇宙が無数に泡のごとく生じており、他の平行宇宙では、逆に反物質のみから構成される世界が存在するのではないかという仮説も提示されている。

パラレルワールドを主題とした作品[編集]

パラレルワールドを取り入れている作品は多いが、ここでは主題とした作品のみを記述する。

アメリカの作品[編集]

  • 航時軍団 1938年、SF小説
  • 発狂した宇宙 1949年、SF小説[5]
  • 住宅難(Living Spaceアイザック・アシモフ地球は空き地でいっぱい』所収、1956年)、SF小説
    パラレルワールドの自由な往来が可能になった未来。人々は生命が誕生しなかった他の世界の地球を自宅として所有するようになった。そして、一つの世界だけに住んでいては起こりえなかった事態が到来する。
  • 流れよ我が涙、と警官は言った 1975年、SF小説[6]
  • Sliders 1996年、SFテレビドラマ
  • ザ・ワン 2001年、SF映画
  • BioShock Infinite 2013年、コンピュータゲーム
  • FRINGE 2008年、SFテレビドラマ
    第一シーズン最終回から、この世界とよく似ているが微妙に違う「もう一つの世界」が登場し、第三シーズンでは「もう一つの世界」が舞台となるエピソードも登場する。
  • トランスフォーマー シャッタード・グラス 2008年、コミック
    G1の登場人物であるクリフが、「彼が本来居た世界とは善悪が逆転した『悪のサイバトロン』と『正義のデストロン』が戦うパラレルワールド」に迷い込む、という筋書き。

日本の作品[編集]

  • 次元を駈ける恋 1965年、平井和正のSF短編。恋人を喪った主人公が、恋人が生存しているパラレルワールドを探して渡り歩く。
  • 時をかける少女 1967年、筒井康隆のジュブナイルSF小説。小説のほかにもドラマや映画など、メディア展開も多い。
  • アメリカひじき 1968年、野坂昭如の小説で「火垂るの墓では亡くなった清太が生き残り戦後を生き抜いたら?」というコンセプトで作られている。
  • 緯度0大作戦 1969年、東宝とドン・シャーププロの日米合作映画。本多猪四郎によれば「緯度ゼロの世界はパラレルワールド」というコンセプトで作られている。
  • パラレル同窓会 1979年、藤子・F・不二雄のSF短編
    パラレルワールドから自分たちだけが集まるという同窓会が開かれる。
  • 超時空世紀オーガス 1983年、ロボットアニメ
    ある兵器により、パラレルワールドが融合してしまう所からストーリーが始まる。
  • 星空のむこうの国 1984年、ファンタジー小説
  • ドラえもん のび太の魔界大冒険 1984年、SFアニメ
    もしもボックスを使って作られたパラレルワールドが舞台になっている。また、劇中では「もしもボックスによって作られた世界を取り消した場合でもその作られた世界はパラレルワールドとして続いていく」と言及されている。
  • 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1985年、小説
  • If もしも 1993年、テレビドラマ
  • さよりなパラレル 1993年、SF漫画
  • 五分後の世界 1994年、村上龍の長編小説。通常世界の日本人である主人公が、太平洋戦争で日本が降伏しなかった平行世界に迷い込む。
  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 1996年、SF、コンピュータゲーム
    時は可逆であるが歴史は不可逆であり、時間を遡って物語をやり直したとしても、それは現在までの歴史の延長線上へと刻まれていくことが作中において言及される。アドベンチャーゲーム中の選択によって生じるシナリオの分岐(因果律)がパラレルワールド(並列世界)と関連付けられており、セーブされていた箇所へと時間を遡って物語をやり直したとしても、歴史は不可逆であるため、時間を遡る直前まで進めていた物語の延長線上に、以前とは異なるパラレルワールドとしてロードされる。そして主人公(プレーヤー)だけがそれまでの物語がどのような内容だったかを知っている。そのため、元は同じであったはずの物語が別の内容として繰り返されることで徐々に真実が明らかになっていき、クライマックスである一つのストーリーへと繋がっていく。
  • 超光戦士シャンゼリオン1996年、特撮
最終回で唐突に夢の世界で別世界の物語が描かれており、現実と夢が交錯する形になっている。

その他の作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 野阿梓「SF、ある幻実世界」 文藝1994年冬号
  2. ^ ルネッサンス・ジェネレーション '09 「パラレルワールド!」プログラムリポート - 金沢工業大学
  3. ^ タイムパラドックスを回避する方法 - Wired.jp(2010年7月29日).2013年12月15日閲覧。
  4. ^ 佐藤勝彦『「量子論」を楽しむ本』PHP文庫、2000年4月 ISBN 978-4569573908
  5. ^ 世界大百科事典第2版「パラレルワールド」に作品例として挙げられている。
  6. ^ 世界大百科事典第2版「パラレルワールド」に現代SFでのパラレルワードの使用例として挙げられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]